FC2ブログ

FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

浜名湖1周ツーリング


6月3日(土)
何度か計画していては諸々の事情で延期となっていたケロさんとのツー
リングが実現した。


天気予報も一転、二転、さらに突発的な事情で一度は参加を諦めたのだが、
当日の朝になってまだ計画が中止になっていなかったので参加した。

朝5時過ぎ、窓に水滴が付いている、、、
天気予報を見るとなんともはっきりしない天気。
nicedriveさんは6時前だと言うのにすでに沼津にいると言う。早い。

今までなら考えるまでも無く布団に戻るのだが、先日の伊豆ツーリングで
雨にやられて吹っ切れたので、急いで出掛ける支度をした。
もちろん買ったばかりのTAICHIのレインスーツは濡らしたくないから
バッグにしまった。なんだそりゃ。

シンプソンのメッシュパンツを履く。
雨で汚れると嫌なので上着はコミネはやめて汚いイエローコーン。
シューズも汚れると嫌なのでアルパインスターのぼろブーツ。

6:30に雨の中を出発した。自分のバイク人生で初めての経験。

とにかく急がなければならない。
東名高速厚木ICからトップギアで5,000回転は下回らない速度で走る。
小雨ながら車のペースが落ちているので車線変更が忙しい。

急いでいてもやることは忘れない。通勤割引の為に一旦富士ICで下りて
休憩。寝不足と、緊張とでライディングハイ気味。

牧の原SA手前の上り坂でブボー、、、、とリザーブ。
全然気が付かなかった。

慌ててリザーブにしてすぐ牧の原SAで給油。8:30。
自宅から200km。区間燃費14.9km/L。
燃費からすると自分で思っているほど飛ばしてはいなかったようだ。
やはり御殿場までの雨でぐっと神経をすり減らしたのだろう。

浜名湖SAで待つnicedriveさんと合流し、ケロさんとyasuさんの待つ三ケ日
ICへ向かう。

いたいた、CB750と銀色のプラド。どちらもマシンは初対面。
しばしお話の後、浜名湖へ。





最後のレプリカ世代か。元レーサーレプリカ乗りのyasuさんもバイクを
前に興奮気味。


「こ、これが世界のホンダクォリティなのか・・・」


今日はクリアシールドのnicedriveさん。すごくよく顔が見える。


サポートカーの先導で浜名湖畔を走る


見飽きたなこのアングル



今回はサポートカーとしてyasuさんが参加してくれた。
ルートによってはとても4輪と一緒ではツーリングが成り立たないが、
ここ浜名湖周辺の道路事情では何の問題も無く一緒に走る事ができる。

問題どころか、サイバーナビと広大なラゲッジルームはサポートカーと
呼ぶにふさわしく、道中余分な荷物は全て運んでくれるし、バイクを
離れるときもヘルメットやウエアを無造作に放り込んでおけるので、
とても助かった。

浜名湖を走るのは初めてではないが、まったく覚えの無い道ばかり。
サポートカーの先導で湖畔を流す。

高速道路でほとんどの気力を使い果たしたのか、景色が入ってこない。

新居関所で観光の後、うなぎの昼飯を食べた。
もうこのまま湖畔で昼寝したらきもちいいだろうなぁ!と思いながら、
天竜川上流を目指す。
が、これがまたまれに見る単調な道で眠いのなんの、4輪だったら恐ら
く天竜川にどっぽんしていたかもしれない。



まさにサポートカー。こんな無造作に放り込んであるその下にはなんと
数十万のアンプやウーハーがセッティングされています。
少しは気を遣え>>ジブン


新居関所


新居関所


山本亭


うなぎ丼美味かった!


天竜川へ


高級ウエアで身を固めるCB750ケロさん



眠気覚ましに道の駅で休憩。

さらに上流を目指す。ここでなんとマシンチェンジであのCB750へ!
さすがに少しはワインディングも入るのかと期待するもあくまでも無情
なまでのストレートが延々と僕達を迎える。
大井川とは大違いだ。

憧れのCB750、すぐにオーナーの視界の届かないところに逃げて、
思う存分丁寧にいたわりながらライディングさせてもらった。
シャキッと目が覚めた。

どこまでもどこまでも無情な直線が続く天竜川に嫌気がさして、
途中で引き返す事にした。



道の駅 花桃の里


天竜川


ケロさん with ZRX1200R


ケロさん with ZRX1200R


体格が良いからCB750が小さく見える


バイクなんか危ないから乗らないほうがいいですよyasuさん。
ずっとプラドで参加してネ。


ケロさんCB750


明らかに塗装のクォリティも良い


お別れ


由比PAでさくらえびのうどんを食べてnicedriveさんとお別れ



サポートカー先導で磐田ICまで。
再会を約束して別れた。5:20。


さぁ、ここからまた二百数十キロの旅。思いだすだけでダルイので割愛。
21:00帰宅。

全行程623kmは既に楽しく走る日帰りツーリングの限界を超えていること
を、改めて、身体全体で感じる事ができた。

走行距離:限界の623km
燃費:こんなもんか17.2km/L

総走行距離:16,723km

道路代:
厚木-富士1,000円
富士-三ヶ日2,700円
磐田-富士2,250円
富士-厚木1,000円
計6,950円

ちなみに、
今回、厚木-富士間は通勤割引で1,950円が1,000円へ割引となり、
厚木-三ヶ日間が3,700円だったが、通しで走った通常料金は4,000円なので
その差300円。
そのためにわざわざ一旦下りて荷物下ろしてシート外して車載器から
カードを抜いて、、、
ってのはどうなんだろう、、、。毎日の事なら別だけど。
まぁ、往復だから600円か、由比PAのうどん代にはなるか(笑)
関連記事

コメント

レポお疲れ様でした(^^)
いや~決行して良かったです。
しかし遠かった!僕も満タンで出かけて2回給油したのは
初めてです、さすがウチからでも往復500km。
なんだか県内のツーリングとは思えない(笑

ホンダQualityはさすがですね
CBの部品見てると6nがおもちゃチックに見えてくる(ーー;)
故障も少なそう。
ウチのCRMも13年の劣化をものともせず
水漏れとかしないし。6nは買ってすぐ漏れてるし(笑

  • nicedrive
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2006/06/07(水)

>CBの部品見てると6nがおもちゃチックに見えてくる(ーー;)
僕もバイクを買うときにXJR1300を見て、CB1300を見てから、
ZRX1200Rを見ると、おもちゃチックというより、出来の悪いプラモに
見えたもんです(笑)
でも、それでも、あんな質感でも、あれだけ売れるのは、それ以外に
魅力がいっぱいいっぱいあるってことです、我らがkawasakiには。
そう思わないと乗ってられない(笑)

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2006/06/07(水)

ツーリング&レポ お疲れ様です。(^_^)
僕も行きたかった・・・って言葉は 今回は使わないでおきますね!
それほどハードなのが伝わってきます。(^^ゞ
四輪での大阪への帰省より道程が長いんですもんね
バイクじゃ疲れ方も違うし ほんとお疲れ様でした。

カワサキ・クオリティー・・・
6Rや10Rも やっぱりカワサキクオリティーなの?の質問に
間髪入れずに「漏れなく付いてきます」の解答を頂いて
僕の選択肢からはカワサキは無くなりました。(^^ゞ
心配性な僕は カワサキとはお付合い出来かねちゃいます。(^_^)

  • こうちゃん
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2006/06/07(水)

こうちゃん、
>6Rや10Rも やっぱりカワサキクオリティーなの?の質問に
いや、実際、このへんの設計レンジのバイクはどうなんでしょうね、
さすがに問題無いんじゃないかと思いたいんですけどね、
ためしに買ってみてくださいよ、10R。

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2006/06/07(水)

バカ高いZXRだって そうなんでしょ?
そんなの買う勇気無いってば。(-_-;)

  • こうちゃん
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2006/06/07(水)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/128-edb6be0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析