FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼用ライト(LOOK695)

20131003_01.jpg

昼間用デイランプとしてサーファスのUSL-5(3,500円)を買った。
以下、あくまで”昼間の”ライト点灯の話。

”バイクは昼間もライトオン!”1980年代の警察の安全運動に端を発し、20年以上前だろうか
のりピー直筆のイラストやポスターと共に2輪業界あげて2輪の存在アピールによる安全性向上
の為に昼間もライトを点灯する運動が起こった。

今ではなんとヘッドライトの点灯スイッチそのものが無くなり、エンジン始動と共に常にライト
が点灯するまでになった安全対策。

4輪に於いても数年以上前からデイランプは認知され、最近はファッション性も併せて普及率が
向上している。

一方、同じように車道を走り、法的にも原付バイクより高い制限速度が許されているロードバイ
ク界に於いては全くと言って良い程、このような空気を感じない。
もちろん極一部のマニアの間ではデイランプも使われているが。

身体を守るプロテクター然り。もちろん大汗かいて身体全体を動かし、大きなバッテリーを積む
事など出来難い構造的、性格的な問題があるにせよだ。

かくいう自分自身もプロテクターなんか付けてないし、せっかく大枚はたいて軽量化したロード
バイクに重いバッテリーやらかっちょ悪いライトやらを昼間は付けてはいない。
(乗り換えた頃は怖くて付けていたけど)

何故付けないかと言えばかっちょ悪いからだ。
今だって500ルーメン、1,000ルーメンだってHIDの自転車用ライトだって存在するし、デイライト
的に使えば十分に使える環境にはあるが、あんなものぜい肉をそぎ落とした機能美のロードバイク
に付けたらもう乗りたくなくなっちゃう位酷い姿になる。バッテリーの持続時間もまだ足りない。

法律以外に普及させるにはどの業界も同じ、かっちょいいと思わせれば良いだけ。
ツールドフランスでプロチームがビカビカデイライト付けてトレイン組んで、ビカビカ光らせ
ながらゴールスプリントをする姿を見ていれば自然と普及するだろう。ほんとか。

実際は交通を封鎖した道路でレースは行われるのでライトの必要は無く、有り得ない。
では自転車界のアイドルにイラストを作ってもらって自転車は昼間もライトオン!ってステッ
カーを作って、、、いや無理だ。

んー、肝心の普及策が思い浮かばない。
あー、書いてて疲れた、ライトの話だとつい熱が、、、今日はここまで。

20131003_04.jpg

で、MOONのこの商品を探していたのだが何処にも無くてメーカー、代理店とも在庫なしと言う事で
諦めた。

20131003_02.jpg

幾ら小さくてもやはりロードバイクのデザインには馴染まずルックス的にはアウトだが仕方ない。
こいつの特徴は70ルーメン5LEDでレンズは無い代わりに両端のLEDが斜めに向いているので180度の
視界と言う事。

実際この取付位置だとハンドルに置いた手で横方向の照射は遮られてしまうので、その分は潔く
前方向に集中してもらっても良いのだが、まあ確かに斜め方向からの視認性は上がっているので
気休め的には良いか。

20131003_03.jpg

ゴムバンド固定なので直ぐに外せて取り付けステーが残らないのが良い。
完全に真昼間だけの走行なら流石に無駄かもしれないが、曇りや朝夕には十分アピールにはな
るんじゃないかと。

昔は暗い中を走ったりもしたので200ルーメンクラスの”照らすための”ライトも幾つか引出し
で眠っている。暗い中を走るときは見た目気にせずこちらの照らすライトを引張り出そう。

以上、疲れた。

ホイールストライプ到着(再)

20130925_01.jpg
半月ほど前に届いたリフレクティブホイールストライプ。
一緒に頼んだ子供用がなかなか来ないなあと思ってメールをしたら次の日発送で届いた。

頼んでいない小さなオマケシール付きで。そういう事ね。

どうも今月は通販運が無いな。
あ、オマケ貰えたから良いか(笑)

EDGE500裏ゴム

20130908_01.jpg

失くしてしまったEDGE500の裏ゴムをようやく入手した。
これで雨でも走れるね。走らないけど。

ローラー20分(FP2)

20130824_02.jpg

外は雨模様。しかし幾らなんでも乗らな過ぎでしょってことでローラー台を引っ張りだしてきた。
クーラー入れて、扇風機回して、少女時代のDVDセットして、さあスタート!

まだ3分、まだ5分、、、へ、まだ10分!?

こんなのブログにも書けないと思いながら奮い立たせるが無理なものは無理。
20分で下りた。あかん、ローラーはあかん。

20130824_01.jpg

訳あってヘルメットを新調した。
色は選べずに地味なブラックだが思えばその前はずっとブラックだったので、派手なのはひとつ
前の1個だけだ。慣れとは恐ろしい。こうやっておばちゃんの服は派手になっていくのだろうか。

ともあれ、新しいギアを身に付けると少しはやる気も起きるってもんだ、いい加減に走り始めて
もらいたい。

ボトルケージ変更(LOOK695)

20130716_03.jpg
ひとつ7,000円くらいのLOOK純正は高過ぎて見送り、ブラックバーンの5,000円位のものを使っていた。
夏のツーボトルシーズンに向けてもう一つ買おうと思ったが、どうも値段とデザインが。

20130716_02.jpg
という事でカーボン止めてELITEの1,500円のプラスチック製へ。
http://www.riogrande.co.jp/catalog/node/3017

2つで1万円を使い続けるより、2つで3千円のものを3回色を変えて気分転換で遊んだ方が良いかと。
まずはブラックでスタート。2ボトルでしっかり水分補給して行こう。


ELITEの DEBOYOサーモボトル

使用感思い付いた順に適当に。

炎天下で初の実戦投入となったELITEの DEBOYOサーモボトルは冷蔵庫の製氷機の氷を5,6
個入れた状態で1時間半後に飲み終える時点でまだ1センチほど氷が解けずに残っていた。

慣れが必要なのは飲み口。容器を潰して押し出す訳にはいかないのでちゅうちゅう吸い出
すのだが、細かい空気と一緒に出てくるのでそのまま空気も飲み込んでしまう。

慣れると口の中に一度溜めて気液分離出来そうな感じだが、走りながらちょっと飲むような
使い方は慣れが必要だろう。

外装のコーティングが弱いのですぐに傷だらけになる。

金属製なので走りながらケージに戻そうとした時に誤ってフレームにぶつけると間違いなく
フレームに傷が付きそうで怖い。

段差を越えた時に金属製なのでガチャンと嫌な音がする。これはケージとの相性か。

なんとなく使わなくなりそうな予感もするが、ダブルボトルで長い信号や休憩時に蓋を外して
唇で温度を感じながらゴクゴク飲む感じで使うか。

いずれにしても冷たい飲み物を飲めるのは嬉しい。

ELITE ステンレスボトル

20130629_01.jpg
真空サーモボトルを買った。
自転車以外ではお馴染みだが、これは自転車専用品なのでボトルの径と飲み口が違う。

本来の目的は保温だが、自分の場合は結露防止。
この時期、氷を入れなくてもコンビニで買った冷たい飲み物を入れるだけで樹脂製のサーモボトル
でも周囲が結露してフレームに垂れるのだが、あれがなんとも気分が悪い。

もちろん飲み物も冷たいに越したことは無いのでレースではない時に150gの重量差と引き換えに
得られるメリットとしては悪くなさそう。

使い勝手は追って。てか、いつ乗れるんだ自転車(笑)

フィジークサドルライト、マビックシューズカバー、チェーンキャッチャー。

20130612_01.jpg

・フィジークサドル用のキャットアイRAPID3(3,000円)
 以前から欲しかったものでFP2のフィジークサドルに取り付ける。

・マビックエアロシューカバー(2,940円)
 この辺じゃ何故か売り切ればかりだが、L.BREATHにあったので予備に。

・チェーンキャッチャー(315円)
 ここ最近やたらとFP2のチェーンが落ちるので買ってみた。

スペシャFOOTBED追加。

20130530_03.jpg
小市民にとって36,750円のシューズを普段履きするのは雨が降らないだろうか、泥が付かないだろ
うか、とても気疲れする。

もう履かないと思っていた5年物の1万円シマノシューズを普段履きにすることにした。
で、先日一度履いてみたのだが、これがもう今更履けない状態。

という事でFOOTBEDを追加購入。

20130530_02.jpg

新しいタイプはシムとインソールが別体になったと同時に材質にも若干の変更があったようだ。
メーカーからは明確にここが変わったというアナウンスは無かったらしいが、実際に触ってみると

違いがある。コンセプトストアで実物を触りながら色々と話を聞いた。
結論としては、変わらないようでいて、新型の方がより硬質な作りだろうってことに。

20130530_01.jpg

硬い新型はS-WORKSの方に装着して、今まで使っていた旧型をシマノシューズに装着した。
スピードプレイ用のシムを1枚貰って来たので、右にクリートシム1枚。で左右それぞれインナーシム2枚。

さあこれで雨だ泥だ言い訳しないで練習に励んでもらいたい。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。