FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・八ヶ岳参加レポ(PINARELLO FP2)


スタート前も和やかな雰囲気

金曜夜自宅発、祖母宅へ宿泊して土曜日に前日受付完了。
19日(日)当日は5時起床、いきなりトイレ大。これは嬉しい、混雑トイレで大の
心配から解放される。イプサムで5時40分祖母宅発、八千穂のスタート地点へ
は1時間弱で到着してしまった。

当日受付の車が両側に止まっている。総合グランド駐車場はすでに満車。
八千穂スキー場駐車場へ、299号を上がる。

イメトレをしながらこれから走るコースを上がるが、まあ長いの何の、イメトレも
くそもない、延々と上るだけだ。しかしこれからこんだけ長い坂道を走るのかと
思うとしびれる。

富士同様とにかく先は長いのだから抑えて抑えて、雰囲気に飲まれないよう
に行かなくてはと再確認。

ようやくスキー場へ。
7時くらいだったか。参加者が1,000人ちょっとということで駐車場もガラガラ、
何時に来てもこれじゃあ大丈夫だろう。

車内でおにぎりとおかずを食べながらのんびり。
ローラーを回している人、自転車を整備している人などのんびりムード。

ゆっくり飯を食ってようやく自転車の準備を始める。
ホイールを付けて、メーターを付けて、あら、マビックが動かない。あら、ホイール
が左右反対に付いている。緊張しているのかな。

マビックと格闘30分近く、何でまたレース直前にこんなことしなきゃなんないんだ、、、
富士チャレを思い出す。

しかし今回は前回の経験を生かしてダブルメーターなので、焦りは無い。
別に動かなくていいかって感じ。

散々いじって、意味無くローラー台使用時に使うホームトレーナーモードに切り替
えたところ正常動作。なんだこりゃ。まいっか。

こうなると見易いマビックに平均速度を表示させっぱなしにしておけるので、
ペースの目安になる。平均時速とトータルタイムの関係は頭に入れてある。

中間地点のスキー場からの下りは夏ジャージの上に冬ジャージを重ね着して
ザックを背負って下る。膝を冷やさないように、ブレーキを掛けながらペダルを
回して走る。下り坂でダンシングしてるのって傍から見たらヘンだろうな。

賑やかなスタート地点に到着。
ゴールまでは1時間近くあるので上り坂を使ってウォームアップ。皆さんのんび
り枝道を使ってアップしている。

スタート近くになるとクラス別に整列。参加者が少ないのでアットホームで、良い
意味のいい加減さがある。

出走する年齢別クラスも全員を軽く見渡せる程度。
同じクラスにカズさんがいるはずなのだが見当たらない。
数分毎にクラス別にスタートしていく。スタート直前の心拍は80から100に、そし
てスタート!

富士を思い出して、抑える、抑える。
スタートで大勢に抜かれるのはいつものことだが、何かが違う。

なんだこの脚の重さは、、、昨日1日乗っていないからか、、、やっぱり前日も
気にせず乗ったほうが良かったのか、、、いや、おかしい、、、なんだ、なんだ、、、

オーバーペースなのか?
心拍は150と、スタート直後しては高いがこんなもんだろう。

きつい、ものすごくきつい。

3kmを過ぎたあたりでもうあまりにもきつくて、脚も重くて呼吸も苦しい。
たまらず左に寄って歩くような速さでペダルを回す、自転車を降りたい。

抜かれる速度が普通じゃない、何だ、自分だけがきついのか?
何が起こってるんだ???胃の辺りがぐぅっと重い、喉も痛い。

このまま25kmも走ることが出来るのか?クライムってこんなだったか?
苦しい、自転車を降りたい、もう無理だ、でもリタイヤなんて、ブログに書けな
いだろ、どうすんだ、、、完走って嘘つくか、あーでも、カズさんにも見られちゃった
しなぁ。


スタート直後に赤いFP2発見、カズさんだ!あっという間に見えなくなった。

そう思いながら気力だけでペダルを回していたがそれも限界に、ふと出掛けに
90歳になる祖母が掛けてくれた言葉が脳裏を過ぎった、”頑張らなくていいよ”

すーっと、楽になった。
道端に自転車を停めた、5kmを過ぎた地点だ。

体感10分、実際には3分くらいだろうか、どれだけのクライマーを見送ったろうか、
焦る心とは別に、体のほうはなんとなく楽になってきた。
どうしよう、もう一度自転車に乗ってみようか、、、乗れるかな。

後ろに気を付けながら恐る恐るペダルを回すと、さっきまでの辛さはない。
100mも走るといつもの感じに戻っている。おぉ、これだこれだ!

嬉しくなって試しに心拍を170以上に上げてみるが、もう大丈夫だ。
しかし自転車を降りた時間を除いても平均速度は12km/h台と致命的な数字。

その後は死ぬ気でペダルを回した。
ようやく沿道の子供の応援も耳に入るようになった、手を振り返しながら走る。

一旦後方へ下がったおかげで先行車ばんばんを抜きながら、自分が強くなった
錯覚に陥りながらそれでも気持ちよく、びゅんびゅん上る。

しかし、それも長くは続くはずもなく、15km地点あたりからはぜいぜい言いなが
らゆっくりと1台1台抜いて行った。

心拍は170台中盤。最後の10km位は同じような速度の選手と一緒に走ることになる。
それぞれ微妙に上りが強かったり平坦が強かったり、ダンシングが強かったりと差が
あって、自分の弱いところになるとそのたびに死にそうになりながら、時に心拍180に
ぶち込んでも食らいついたり、抜かれないよう、離されないようペダルを回す。

一人では絶対に追い込めない領域、もうスペシャルチューンドエンジンを扱うよう
に心拍計とにらめっこだ、180以上が続けば簡単にブロー、170後半からは無理は
出来ないが、ライバルに先行を許せば精神的なダメージの方が大きく取り返しが
付かなくなる。

背中ですぐ後ろの息遣いやシフトチェンジの音を聞きながら地獄のような、辛くて
でもやばいくらい楽しい時間を重ねる。
今回は細身のピナレロ氏、ヘビー級クラスエントリーのジャイアント氏、諏訪湖の
チームジャージを着た学生らしき女子、これらの選手を勝手に競争相手として、
後半3分の1をほとんど一緒に走った。
おかげで最後まで自分に鞭を入れ続けることができた、感謝。

そんな頑張りとは無関係に、マビックメーターは冷静にしょぼい平均速度を表示
し続けている。

いよいよゴールが近い。1キロ前からブロー覚悟のレッドゾーンぶち込み、180で
よだれスプリント、前を行く選手のスイッチを入れてしまい、お互い顔を見合せて
抜きつ抜かれつのヒート、子供の競争に近いスイッチの入り方だ。
自転車一台分先行されてゴール!

お互いあまりのもがき振りに笑ってしまい、ぜいぜいしながら、お疲れさん!と
声を掛け合った。最後に数秒はタイムアップしたのではないだろうか、ありがとう。

ゴール後はエンジンブローというか抱き付き寸前、動けない、余韻で走る車列を
離れて自転車を止めたが、急激に止めたものでこれが辛くて倒れそうでまたしば
らくだらだら進んでようやく自転車を降りた。


ゴール直後、麦草峠2,127mにて。

いやぁ、辛かった。

富士ヒルクライムのようにゴール後に涙があふれるような感動は無かった。
今回は屈辱の途中停車というアクシデントに見舞われたが、考えてみるとやはり
ウォームアップ不足が原因だったのだろう、それしか考えられない。

きっとアップの負荷が足りなかったんだろう、いきなりの高負荷でやわな体が悲鳴
をあげたに違いない。

ゴール後へたり込んでいるとわざわざ自転車を止めて写真を撮ってくれるという
方がいて携帯を渡したところ、電池切れという、ブロガーとしても失格でさらに凹み、
数百メートル下の選手控所へ向かった。
荷揚げトラックから荷物を受け取って上着を着る。

そこでようやくカズさんに会うことができた、赤いFP2はすぐにそれとわかったが、
カズさん本人はイメージと違いあまりに柔和な方で驚いた。
鬼のような走り込みをしている鉄人なのでもっとコワイ人かと想像していた。
しかし結果はしっかり鬼のようなタイムを叩き出しており、さすがカズさんだ。


スキー場では冷えた体に嬉しい豚汁の振舞。

中間地点のスキー場までダウンヒル、後続スタート組が一生懸命ペダルを回して
いた、思わず声が出る、律儀に返事をしてくれると疲れているのに申し訳ないと
思ってしまう。

今回は惜しくもチャンピオンジャージも表彰台も逃したが、次回の楽しみに取って
おいてやる、待ってろよこの野郎。
余興で賑わう会場を尻目にさっさと自転車を仕舞い下山した。


南アルプスを眺めながら温泉、至福のひと時。


力の抜け切った体に染みわたる。


追記
結果が発表になっていた。
1時間34分、クラス別出走者170人中半分以内に入れず。

ツール・ド・八ヶ岳完走(PINARELLO FP2)


完走、とりあえず無事完走。結果はもういい、知らない。
この発泡酒だけが何も言わずに癒してくれる。

ツール・ド・八ヶ岳前日受付(PINARELLO FP2)


当日受付のつもりだったが、ヒマなので前日受付にでも行って来るか。
昼も近くなると少しは暖かくなってくるが、朝はまだまだ寒かったので、レース
当日はやはり冬用ジャージだろうか。

ツール・ド・八ヶ岳持ち物チェックリスト

自転車
シューズ
ヘルメット
サングラス
手袋
ヒートテック上下
靴下
冬ジャージ、夏ジャージ
ウィンドブレイカー
レーパン
メーター、V3、心拍バンド、マビック
予備チューブ、携帯空気入れ、携帯工具、タイヤレバー、パンクパッチ
サプリ
ボトル
フロアポンプ
モンベルザック
エントリーシート
日焼け止め
保険証

高度計


4月19日開催のツール・ド・八ヶ岳に正式エントリーした。参加費5,000円は今と
なっては安く感じる。

ついでに高度計付きサイコンはMAVICのウィンテックALTIに決定。
こちらはユーザーが少ないせいか、使用感などはネットで見ることは皆無なので、
信頼性については未知数だが、チャレンジ。

富士チャレ200当日に、会場でV3猫ちゃんが壊れて、泣きながら周回数を頭で数
えた苦い経験と、その時一緒に走った人が、当たり前のように「そういう時のため
メーターは2つ付けてます」としっかりしていたのが頭から離れず、2度と同じ思い
をしたくないので邪魔くさいが2メーター仕様だ。

休養週間終了


休養5日目、最終日らしく1mも自転車に乗らなかった。
今夜は東京もなかなか涼しくてよい感じだ。

今回も子供の荷物や遊び道具とロードバイクを余裕で飲み込んで安全に
運んでくれた愛車イプサムに感謝だ。

休養日4日目



今日はトンボと子供と遊んだ。
休養週間と割り切れば楽しいものだ。思えばこの合宿を控えて1週間も
乗っていなかったのに、このありさまだ、、、。

子供と散歩しながらその周りを犬のように何往復も走った。


夕方前から雨が降ってきた。こうなると諦めもつく。

走行距離:15.3km
平均速度:17.8km

合宿4日目

もはや合宿と呼ぶのをはばかられる怠惰な高原生活を送っている。
今朝も20度を切るなかの小雨で、簡単にノックダウンされ、ゆっくり
コーヒーを飲んでしまった。

僕は五輪マラソン選手ではないので日の丸も国民の期待も何も背負って
いないので無理に走って体を壊すことはないのだ。

膝の痛みは軽くなってきているので30kmくらい走ることはできそうなものだ
がゆっくり温泉に入って堕落しきろう。


合宿3日目


膝が痛いので乗れず。
天気は良いのでテラスの自転車が泣いている。

合宿と言う名の休養週間になりそうだ。


追記:
腹ごなしに少しだけ乗ってみた。ノーヘル、ノーグラブ、サンダルで裏道をとろとろ
散策するが、やっぱり膝が痛い。
汗がかいたそばからサラッと蒸発して気持ちよい。

走行距離:10.4km
平均速度:14.9km/h

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。