FC2ブログ

FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

合宿2日目麦草峠


今日は麦草峠を目指して7時半に出発。

野辺山までに十分な坂を上った気がするが、まだまだこれからだ。
今日は松原湖経由で麦草峠へ、曇り空なので水分の消費も少なめだ。


松原湖の売店でジャムパンをかじる。
バイクなら気持ちよく高度を稼ぐこの道も、こんなに長かったか、、、

思い出すのも辛いガスの中のクライムは省略して無事麦草峠到着!
とどまっているのも辛いくらい気温が下がっていて写真を撮ってすぐに
ダウンヒルスタート。


いつもながら辛いクライムの後のダウンヒルはとても気持ちが良い、
めちゃくちゃ気持ちが良い。

一気に気温が上昇して真夏に戻る。
麦草峠でウィンドブレイカーを着なくて正解だった。
17号を左折して原村に、原村から美術館へ上り返し、鉢巻道路で
戻る。100km手前あたりで膝がアウト。

昨日の登山でやられたのだ。せっかくここのところ膝の調子が良かった
のに、やはり登山はまだ膝の負担が重いのかもしれない。

左足は全く力を入れられないほど痛くなり、ほとんど右足だけで帰ること
になり、道を間違えたのもあり、これがかなり辛かった。

距離の割りにかなり走り応えのあるコースだった、ほとんど平坦路が無
いのと麦草峠からのダウンヒルの長さが印象に残るコース。

最高速度が77.9km/hも出てしまった、危険だ。公道では60くらいに抑え
ないとまずいな気をつけなければ。

スタートチャージ:ポテトサラダパン、ジャムパン、おにぎり
途中補給:ジャムパン、サバスエナジーゼリー、サバスピットインリキッド
野菜ジュース(クエン酸添加)900ml、コーラ500ml、ゲータレード500ml、
水200ml
空腹感まったく感じず。

走行距離:115.4km
平均時速:20.3km/h(MAX77.9)
平均心拍:140bpm(MAX172)
平均ケイデンス:58(MAX123)
乗車時間:5時間40分
消費カロリー:2,398kcal



1日目終了


登山後の温泉で汗と一緒にやる気もきれいさっぱり洗い流されてしまった、
合宿初日は何もせず終わりだ。

八ヶ岳合宿初日

標高1,000mの合宿所、朝はとても清々しい。
昨夜東京から到着してビールを飲んでしまい7時まで寝てしまった。
今日は子供と山登り、温泉の予定、おまけに夕方前から雨予報。

合宿初日の走行距離はゼロな予感、、、さらにさらに合宿期間中の天気も
よろしくないようだ。

今合宿、非常に嫌な予感がするスタートだ。

八ヶ岳(FP2)



9時過ぎになると気温も10度近くなってきて急に暖かくなってきた。
半袖を持ってこなかったのを後悔しながら、パールイズミジャージ
中、最強の防寒性能を誇るサーモドレスの長袖ジャージを着る。

インナーはユニクロのドライテックの長袖。
日が当たると汗が出てきそうだ。走り出す前にこれでは先が思いやられる。

今日は自転車はオマケなので2時間と決めて、1時間で走れるだけ走って
折り返そうと走り出した。

レインボーラインから、その上の小海線と併走する道に向かって上りだす。
指だしグラブでも調度良い感じだ。

最初の15分はとにかくゆくっくりウォームアップだが、坂道なので
きつい。ふともも裏が痛み始める。

ようやく上りが終わり、小海線に沿って緩やかなアップダウンを繰り
返すワインディングを走る。

上りではジャージのファスナーを開けて、下りは寒くてファスナー
を閉めて、数分おきに繰り返して忙しいが、基本的には緩やかな上りで、
はぁはぁいいながら上る。

甲斐大泉の駅からは、さらに上の八ヶ岳高原ラインを目指して北上。
この上りが今回一番長い上りだった。
奥多摩の後だからだろうか見た目よりも比較的楽に上ることが出来る。

柳生さんの店の前を過ぎると程なく天女山入口が見える。
ここが八ヶ岳の南麓を走る八ヶ岳高原ラインだ。気持ち良いはずなの
だがなんだか先程から霧雨が降ってきて雲行きが怪しい。

ここまで小一時間。八ヶ岳牧場の牧場公園で休憩しようと自転車を
下りると、すごい風と共に雪が降ってきた。
見ると八ヶ岳は完全に雲の中で雪が降っているようだ。

今シーズン初めての雪をこんなかたちで見るとは思わず、ささっと写真
を撮って走り出す。清泉寮のほうは晴れているのでここが天気の境目
のようだ。

美の森から、清里へ下りるか野辺山まで行くか考えたが、思い切って
野辺山まで行くことにして国道141号へ極寒のダウンヒル。

暑いと思ったパールイズミのサーモドレスは素晴らしく、ユニクロの
インナーと共に完璧な仕事をしてくれた。

風防性能と汗の発散性能はベストバランス。
今回のような気温の低い中では汗が乾かないと一気に体が冷えてしま
うがユニクロドライテックが濡れてもすぐに乾いてくれて、サーモド
レスも全く湿気を溜め込まず感動ものだった。
タイツはすでに体験済みだったがこちらも存在を感じないほど防風と
発散機能。しかし、すでに3DPROパッドを体験してしまったのでこの
ピナレロタイツのパッドは寂しい。

とにかく、これら新素材のウエアたちの性能はすごい。
少なくとも数年前までの登山用品にはここまでのものは無かった。

野辺山のいつもの撮影スポットで撮影後、帰路へ。
指だしグラブでは指が厳しかったが、ルディのサングラスも風をがっ
ちりガードしてくれて、いままでの普通のメガネとは大違い。

普段の景色とは違う気分爽快のツーリングだった。
これくらいの軽い上りならかえって平坦路より楽しいかもしれない。
自転車は楽しい!

走行距離:32km
平均時速:18.9km/h
最高速度:68.9km/h
乗車時間:1時間40分

八ヶ岳


朝6時半、気温は2度で天気は良いが、
車に積んだFP2を組み立てる気力も起きない。たぶん指だしグラブ
ではかじかんでブレーキ操作もまともにできないかもしれない。

装備もしょぼいので気温が上がるのを待とう。
  1. 無料アクセス解析