FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインウエア、インナーシェル(登山用具)

20110219_02.jpg
20年来使っているレインダンサーに別れを告げてレインウエアの最高峰、ストームクルーザーを購入
した。高いので上だけ、wild-1のチケットがあったので全額チケット払い、18,000円也。

ズボンは痛むので安いのを短いスパンで買い換えようかと思っていたら、モンベルのアウトレットで
型落ちのストームクルーザーが5,300円引きで、しかもジャストサイズなM-LONGが!迷わずゲット!
7,900円也。

他にずっと迷っていた中間着のライトシェルのアウタータイプ(7,200円)をついに買ってしまった。
これはかなり長いシーズンで活躍してくれそうだ。
スポンサーサイト

バーナー



WILD-1が20パーセントチケットバックのセール中だったので。ついバーナーも新調してしまった。
P-153ウルトラバーナー3,600kcal/h 110g(8,925円)

ガスに囲まれた八方池で温かいスープを作るのに使った。3,600kcalはあっという間にお湯を沸かし
てくれる、これは冬季には頼もしい性能となる。

意外なことに子供たちの前でバーナーを使うのは初めてだったようで、湯が沸く様子を喜んで見て
いた。

登山用具物色

20100916_01.jpg

雨のせいで山に行けなかったのでGPSストアと登山用品店をハシゴ。
好日山荘、石井スポーツ、さかいやなど、新宿、神保町と山より疲れて足が棒のようだ。

一番欲しかったのは経時劣化でバックルが割れたりしている25Lザックの買い替えだったが、
欲しかったカリマーの綺麗なブルーがちょうどラインナップに無くて断念、、、大きなサイズと
もっと小さなサイズにはあるのに悔しい。

食料コーナーでカップヌードルがあったので、おぉ、今はカップヌードルまで登山用食料で出た
んだ!と買ってみたら、詰め替え用の普通食だった。でもこれならしっかり登山用として使える。

その他、色々と時代の流れを感じながら物色していたらあっという間に夜になってしまった。
アスファルトを歩くのは山の何倍も疲れる。

・フェニックス、ナイロンパンツ:8,877円
・PETZL/ペツル ティカXP 2 E99PGヘッドライト:7,430円
・細引き:62円
・食料品:769円


代々木のGPSストアではOREGON450TCの自転車用ホルダーとザックに付ける為のストレッチホルスター。

・ハンドルバーBKT:2,100円
・カラビナストレッチホルスター:3,360円

20100916_02.jpg

付属のカラビナ付きホルダーはなぜか向きが逆なのでザックに付けると上下逆になってしまうが、
このホルスターなら持ち上げて見た時にきちんと見える。


テント(プロモンテVL23)

20100914_02.jpg

20100914_03.jpg

プロモンテVL23(36,400円)
http://www.hcsafe.co.jp/puromonte_tent.html

テントを買ってしまった。吉祥寺の山幸通販利用。
十数年前に使っていたアライのエアライズは白馬だったか忘れたが強風でポールが折れて印象が
悪い。それでもその後同じエアライズ3を山仲間と折半で購入したがその後自分では1度も使わずに
山から遠ざかっていた。

当時は軽量テントといえばエアライズだったが、今はダンロップ(プロモンテ)からもエアライズ
クラスの軽量テントが出ているではないか。

当時は頑丈なVシリーズしかなくて、重いので必然的に共同装備となる山岳部系が使っているのを
横目で見ていて良いなぁと思っていた。

新しいVLシリーズは軽量ゆえにVシリーズのような質実剛健さは望めないだろうが、何より吊り下げ
式という違いがある。

エアライズの場合は、かじかんだ手やスリーブが凍っているとき、冷たくて生地が伸びない時に
スリーブの通りが悪かったり、抜く時に中抜けしたり、4隅の最後の1つにポールを固定するのに手
間取る事が多かったので、吊り下げ式に憧れ続けていたのだ。

早速部屋で無理矢理設置してみると、これは良い。余裕たっぷりで凍っていようがかじかんでいよう
が簡単にポールが立ちそうだ。

酔っ払いのぱっと見の所見では文句なし、良さそう。
良さそうな点、
・吊り下げ式
・軽い
・エアライズと違って扉が下に垂れないので出入りの際に外に出して汚したり邪魔にならない。
 エアライズ方式は何か良い点があっての事なのだろうか。

気になる点としては、
・張り綱をインナーから取っていたエアライズに対し、フライに貼り付けたタブから取るようになっ
 っていて、その裏の細い帯状の生地をポールに結ぶ仕組みになっているのでちょっと固定具合が
 不安に感じる。
・フライ短辺側に張り綱が無い。有り得ない、これは増設する必要あり。
・さすがの軽量テント、岩場で張るには若干勇気が居る底部生地。専用グランドシートは高価なので
 必要ないと思うが、100円均一のレジャーシートくらいは敷きたくなる。
 しかしこんなことしたら軽量テントの意味が薄れるか。
いずれも修正可能なものだろう。

3人で使用する場合は夜間の出入りなどを考えると長辺出入り口というのは有り得ないが、1人用では
開放感があって良い感じ。

テストは八ヶ岳あたりか、10年以上振りのテント泊でドキドキだ。

悪い虫

20100912_02.jpg

屋根裏でぐっすり眠っていた登山用具を引っ張り出してみた。
ゼロポイントの55Lの重々しいザック、単三電池に豆電球の重くて暗いヘッドライト、折り畳めない
ポリタンク、重いバーナー。現在地が表示されない紙地図。どれも十数年前の装備だ。
これにウエア類がまた古い。何よりスペックダウンしたのは自分自身か?

20100912_03.jpg

登山用品店で食料を買ってきた。フリーズドライで消費期限が長いので適当に買ってみた。
昔はパスタなんか無かったぞ。締めて2,960円也。

下手な日帰り登山より泊まったほうが1日の行程は短くて済む。
なんの勢いか先程テントまでポチってしまった。試しにどこか登ってみようか、登れるかなぁ。

登山用具を買いにモンベルへ

20100908_02.jpg
南大沢のモンベルショップへ。
次男も一緒に登れそうなので最低限の装備を揃えなければ。

 ・O.D.パンツ Kid's110cm(3,500円)70デニール・フルダル・スパンライク・ナイロン・タッサー
 (超耐久撥水加工)
 ・スーパーハイドロブリーズクレッパーJr.130cm(7,040円)
レインウェアはアウトレットコーナーに型落ち品があり安く買えた。

ついでに自分の一昔前の装備を少しずつ新調することに。
まずはウィンドブレーカー、男性用は色が地味すぎるので女性用を着てみたが、Lサイズでも袖が
短くて合わなかったので仕方なく地味なメンズを。EXライトウィンドジャケットMサイズ(7,800円)
例によって異様に小さく畳む事が出来て重量なんと65g!昔では考えられない、、、。

子供用のザックは長男とお揃いのゼロポイント20Lにしようと思ったが、まだちょっと次男には大き過
ぎたのと、小物を入れるポケットが外に欲しかったので改めて探すことにした。
そのほか子供用靴下を購入した。

次なる装備はテントだ。こちらは何故か一昔前と変わらない水準。
軽量どころはアライのエアライズが定番だがダンロップも軽量版が出ている。当時は個人装備としては
重過ぎて持てなかったダンロップ、自分にとって大きな違いはインナーが袋スリーブか、フックで吊り
下げるタイプかだ。

袋は手がかじかんでいる時や凍結している時に難儀したのでダンロップにチャレンジしてみるか。
高価なものだが、山小屋に泊まれば1泊8千円だ1万円だするので、親子で泊まれば2泊もすれば元が取れ
てしまう。

問題は何人用を買うかだ。4人用は昔の山仲間と折半で買ったものがあるので、1人用か2人用にするか。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。