FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬支度は続く

20141213_02.jpg
ザック、靴、アイゼンに続き冬物を補充。
中綿入りのウィンタートレッキンググローブ、耳あて付きの帽子、ダウンのパンツ。
来週は超久し振りの雪山八ヶ岳でリハビリ予定。

誰かお金が掛からなくて安全で楽しい趣味を教えてください。

登山靴新調

20141206_01.jpg
20年近く前になるだろうか、革の重登山靴を履いてアルプスを登っていたが、さすがにボロボロ、、、
転職して山仲間と再会してしまったので装備も少しずつ揃え直し。

今日は一番大切な靴を。
言わずと知れたイタリアのスポルティバ。

改めて足型を測定してもらったが、A・B・C・D・E・EE・EEE・EEEEの「B」という事で相変わらずの狭さ。
こうなるとやはりヨーロッパメーカーしか受け付けず、あれだけ多くのメーカーの靴が並んでいても
あんたはコレな、コレコレ、と差し出されたのがスポルティバ。

559 トランゴ アルプ GTX

履いてみると幅狭、甲低の足にぴったりとフィットする。ここまでピッタリも珍しい。
店員さんも絶対の自信を持って勧めているようで迷いが無い。
冬用インソールを仕込んで決まり。

アイゼンはsimondの10本、初めてのセミワンタッチ。

赤岳の今日の最低気温は既にマイナス20度近い。
問題は機材ではなくこのダレきった身体だ。

ザック新調

20141021_04.jpg

20年モノのザックを新調した。
今まで使っていたのはモンベルの50リットルで、こいつには北アルプス、南アルプス、正月の八ヶ岳まで
お世話になった。

20141021_02.jpg

夏場のテントの2泊3日では問題ないが、冬場はちょっと厳しくサイドバッグを付けなければならなかった。
アイフォンはplusを買えなかったが、ザックは思い切って大き目、カリマーのクーガー70-95リットルにした。

20141021_03.jpg

20141021_01.jpg

これはデカいだろうと思って、比べてみると、なんとなんとほとんど変わらない。
写真のカリマーは上部を絞っているので広げるとモンベル並みに広がって上にも幾らか伸びる。

それにしても20Lの差は感じられない。
この業界の容量表示は車のトランク容量表示のように規格化されていないのでそれぞれ適当な方法で
容量表示しているのだろう。

ともあれ、大き目を買っておいて良かった。当初の50-75を買っていたら泣いてたな。
恐らく全てのポケットを拡張使用すれば今までより20L近くは容量が増えそうなので、重さが許す限り
余計な物を持って行ける。

それは少し贅沢な食事だったり、ひとつ余分な防寒着だったり、予備の食糧だったり、詰め込めるに越したこ
とは無いのだ。

肝心の背負い心地は実際の重さで2日、3日と歩いてみなければわからない。
今年中にどこか行きたいところだ。楽しみ楽しみ♪

ランタンシェード

モンベルクラッシャブル ランタンシェード
このくしゃくしゃの筒が1,000円ですよ奥さん!

テント内でヘッドライトを使うと指向性が強すぎて非常に不便。
オートキャンプのようにランタンを持って行ける訳じゃないので何とかしたいのだが、こんなもんはコンビニ袋
で良いんじゃないかとか考えているうちにいつも買わずにいたが、ついに買ってしまった。

20141020_01.jpg

露出の都合で実際にはこの二枚の中間の感じ。
まあなんちゅうか、ヘッドライトも付いておらずこのくしゃくしゃ筒だけが1,000円か!

とも思うが、タイヤもチューブもギアも付いてない自転車のホイールが10万円だったりすることを思うと物凄く
お値打ちに思えてくる。

今度のテント泊がたのしみだ。


唐松岳

20141011_01.jpg
久し振りの北アルプス。唐松岳に行って来た。
ハシモトさんと会社に6時待ち合わせで10時ゴンドラ。黒菱平駐車場は既に満車案内が出ていた。

ログが飛んでしまって時間が適当だが確か小屋には3時着だったろうか。
テントはダンロップを持って行ったがなんとポールを間違えてアライにしてしまい泣きそうになるも、大は小を、、、
で2つ折ってセーフ。前回の八ヶ岳でポールを仕舞う袋を逆にしてしまったのが原因。気を付けなければ。

20141011_02.jpg
30分ほどで唐松岳山頂だ。
振り返ると山荘が夕陽に照らされている。日没前にはどんな色になるだろうかとドキドキしてくる。

20141011_03.jpg
山頂は意外に人が少なく、10人も居なかった。
久し振りに見る北アルプスの夕暮れはそのスケールと神秘的な色彩に言葉を失う。

剣岳に沈む夕陽。
地平線ではなく雲海に沈んでいく不思議な夕陽、こんなの初めて見た。

夕陽に照らされる小屋も綺麗かと思っていたら光線が弱いのか寂しい感じだった。
夏の夕陽をイメージしていたからかな。

20141011_04.jpg
日の出は山頂ではなく小屋側から。
菅平高原あたりからゆっくりと。

20141011_05.jpg
不帰キレット、鑓ヶ岳、杓子、白馬岳が照らされる。

20141011_06.jpg
雄々しく構える剣岳。登りたいなあ。

20141011_07.jpg
8時に下山。さよなら唐松岳。

20141011_08.jpg
八方ケルン。

20141011_09.jpg
八方池。

下山は11時。みみずくの湯で白馬三山を眺めながら汗を流した。

台風前だったがお天気に恵まれて良い登山が出来た。
久し振りの北アルプスだったので1泊のピストンでお気楽登山だったがまた縦走出来るように頑張ろう。

景信山


昨日は自転車の後に次男と2人でハイキング、景信山へ。
低山ハイクながらきちんと筋肉痛はやってくる。自転車と違う筋肉が張るのでこれはこれで自転車の補強に
なるんじゃないだろうか。

そだ、何度も登っていて初めてMTBに出会った。
かなりの勾配をすいすい登っていくのに驚いた。抜かれて昼飯を食べていると再会したのでちょっと話をした
が、陣馬まで行ったそうだ。泥山なので下りは滑るでしょうと聞いたら全く平気だそうだ。
面白そうだな。

スパッツ

20120317_01.jpg

自分のスパッツを新調。
子供たちにもスパッツを買ってやった。既に子供用の軽アイゼンは用意してあるのでこれで残雪期の軽い
雪山には子供も行けるんじゃないかと思う。

もう1回東京に降ってくれないかな。

景信山

20120314_04.jpg

膝の痛みが出ていたので軽くハイキングに行くことにした。
山の方が負荷は高いが、使う筋肉が違うのか、動かし方が違うせいなのか、不思議と痛みは出ない事が多い。

この時期は早朝に駐車場が埋まる心配はないので山頂で昼時になるようなるべく遅く出発。
登り出しは9時を回っていた。

久し振りの景信山、沢の流れも新鮮、癒される。
山頂まで15分位になると先日の雪の名残りで泥で足場が悪くなり、雪がちらほら見えてくる。北斜面という
訳では無さそうだが場所によってはしっかり雪が残っている。

20120314_02.jpg
20120314_03.jpg

山頂は子供が喜びそうなほど雪が残っていた。
時間があるので陣馬に向かおうかとも思ったが、陣馬への尾根筋の雪を見て一瞬で諦めた。

展望の方は少しガスが出ていたせいか、さいたまアリーナまで。
新宿の高層ビル群は薄っすら見える程度でスカイツリーは見えなかった。

20120314_05.jpg
20120314_01.jpg
20120314_06.jpg

山頂のベンチに座り、ハムを炒めてノンアルコールビール、美味い。
お昼までゆっくりして下山。13時に駐車場に戻ると車は一杯だった。

20120314_07.jpg
20120314_08.jpg

それでもこの辺は静かな山歩きが出来て良いところだ。
山頂は3組、すれ違ったのも数組といったところか、今度雪が降った直後に子供を連れて登ってみたい。
雪歩きやアイゼンの練習に調度良さそう。

<PEN E-PL2 LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.>
<REGZAフォン IS04>

アタックザック




Wild-1でアタックザックを買ってきた(2,940円)。今はアタックザックって言わないのかな。
シートゥーサミットの20L、実測71gでとてもコンパクト、これならポタリング帰りのお土産入れ用にも使える
かな。

まずは今週末の燕岳でデビューだ!
燕山荘から山頂まで、これを背負っていこう。

チュートの徳井ってバイク乗ってたのか。福田のピストしか知らなかった。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。