FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏風邪諸々

>>風邪
何日か前から風邪を引いて自転車に乗っていない。
なんとなく調子が良いかなっと思っているとこんな感じでマイナートラブルってのがいつもの
パターン。この調子じゃ週末は乗れないけどおとなしくして早く治そう。

>>胸痛
先月末に大学病院で最終的な負荷試験を実施。
心電図をとりながらランニングマシンの上で150拍まで上げて様子を見る。

結果は異常無し。この検査は大学病院で受けたので検査担当先生から心臓には異常無いから
もう気にせずに180拍でも何でも上げて大丈夫ですよと言われた。

「念のためにあまり高い負荷はやめておきましょうね」なんて曖昧な事を言わずにスパッと
歯切れの良い言葉を言ってくれる良い先生だ。今の時代、何事も保身を考え歯切れが悪くなり
がちだが、自分の診断に自信があるから言える言葉だろうか。頼もしい。

しかし、こうして胸の痛みで訪れる患者のうち7割は原因不明で帰っていくそうで、驚いた。

運動してますかと聞かれて自転車を少しと言って試験を始めたのだが、途中先生の様子が
おかしかったのは、負荷を増やしていっても心拍が上がらなかったからだそうで、その後の
心拍数の下がりも早くて凄いねーと言われてちょっと嬉しかった。

自分の心臓で驚くならチームの人が行ったら化け物扱いされるだろうな。

普通の人に自転車というと、通勤、せいぜいサイクリングロードをお散歩程度にしか想像
してくれないのかもしれない。

>>LOOK695嫁ローン完済
前の会社から特許関係の未払い金があって、小遣い半年分の臨時収入が。
そくりそのまま返済に回して見事完済となった。これは嬉しかった。

>>ミラーレスカメラ
毎度の事ながら自転車に乗らずネットサーフィンをしているとろくな事が無い。
LOOK残債が無くなったせいもあり、オリンパスのE-P5が気になって仕方なくなり、散々
雑誌やネットを眺めてハァハァ。

久し振りに覗いたカメラ市場は魅力的な商品多数。
まだ日が浅いキャノンのミラーレスが6割ダウンで3万切ってたり、E-P3も2年落ちながら3万
とか、ぐらぐら来たが、1/8000とISO100装備の新製品E-P5が魅力的でこいつにターゲットを。

常用レンズはf1.7なので昼間はどうしても開放で使えない。
仕方なくNDフィルターを使っていたがなんとも脱着が面倒でつい絞ってしまってせっかくの
レンズを活かし切れない。E-P5ならこの悩みはかなり解消される。E-P3だとここは変わらな
いので買い替えの意味は半減。

まだ10万円もするので手が出ないけど、1年後くらいには少しはこなれるかな、、、
でも5万は楽にキープしていそう。
スポンサーサイト

胸痛メモ6

本日の検査も異常なし。
心エコー、負荷心電図の2つで表彰台のような凸型階段を3分程度上り下りする軽度の負荷。

昨日受けた肺のCTも異常なし。
生後間もなく肺の大きな病気をしたのでその痕跡が影になって写っていただけとのこと。

甲状腺の血液検査も異常なし。

残るは月末のトレッドミル負荷試験でこれは目標心拍数をおそらく160bpm程度に斜度付きの
ベルトコンベアーの上で走らされて心電図を計測するものだ。

こんなじれったいものじゃなくてローラー台持ち込めば190bpmまで簡単に(でもないけど)
上げられるけど。また高い検査代掛かるんだろうなぁ(泣)

しかし、嫌な予感するなぁ、これきっと全部異常無しな気がする。
あれほどの痛みが出て心拍で言えば150bpm以上は痛くて上げられず、平静にしていても息を
吸うと明らかな痛みが出て、、、。

検査で異常が出てくれないと困るんだけどなぁ、治療のしようが無い。

口数の少ない先生でろくに話もしてくれないので月末の検査が終わったらそこで話をします
とか言ってたけど、それまで何とも中途半端な気持ちで過ごさねばならない。

胸痛メモ5

昨日に続き痛み無し。
朝、10㎞程度近所を流す。坂で190bpmまで上げてみた。
昼過ぎに胸部CT検査。夕方時点でも痛みは出ていないので痛みの無い状態でのCT検査になった。

レントゲンで胸に薄い影があるという事で今日のCT検査となった訳だが、結果は明日クリニックで
聞けるはず。さて結果は如何に。

胸痛メモ4

今朝試験的に心拍を上げてみた。
近所の坂を2,3本。170拍が合計1分程度か。

夜の時点で違和感はあるが痛みまではいかない。
明日の朝もう少し負荷を掛けてそのまま胸部CT検査へ行ってみよう。

朝の心拍数は相変わらず高く80bpm

胸痛メモ3

今週は胸部CT、心エコー、負荷心電図の検査を行う。
先週の受診時に比べると症状が落ち着いているのでやはり胸部CT検査の前日は自転車で心拍数を上げて
症状が出る状態にしようと思う。

あれだけ症状のあった状態でレントゲン、心電図に異常が出ないということは自覚症状の治まった状態
では更に検査的な所見が得られにくいだろうという素人考え。
ただ胸部CTに関しては肺にあった薄い影を確認するためのもの。

一番怖いのは「一通りは検査やったけど何も異常はなかったから、しばらく様子見ましょう、あ、
もちろん自転車はやめておきましょう」ってやつだ。

これだけ症状があって異常無い訳ないだろうと思うが、意外とこういう結末は多かったりする。
どうも今回の先生がパッとしない。この症状で甲状腺の触診すらしなかったし、そもそも話をゆっくり
聞いてくれないタイプの先生。

今になって気付いたが甲状腺が腫れているような気がするので脈が高いのはその可能性が高そう。
起床時心拍は以前の55前後から最近はずっと80弱だ。

話変わってここ1ヶ月自転車クラブ内で良くないことが続いている。
落車鎖骨骨折、足の骨折、乗車中に胸痛(自分)、落車、落車大腿部骨折、そして昨日も落車鎖骨骨折。

実はこの一番最初にばあちゃんの骨折があるので自分としてはプラス1件で6件もの事故がこの1ヶ月に
起こったのだ。もちろん偶然だろうが、余りにも続くので怖くなってくる。
いい加減にこの連鎖止まってくれないと。

胸痛メモ2

昨日の夕方に胸の痛み自体はグッと小さくなった。

その代わりに、ほんの数秒の短いサイクルの動悸というか、ざわざわっとした嫌な感じが何度も
起っている。

恐らくまた自転車に乗って心拍数を上げれば痛みが出るだろうから水曜日のCT撮影の時に痛い状態
にしておいた方が良いのかと迷っている。

素人考えではやっぱり痛い状態にしておいたほうが良さそうだが。

しばらく自転車禁止(循環器内科へ)

胸の痛みがどうも恋ではなさそうなので循環器内科を受診した。
症状は胸の痛み、何もしなくても少し違和感があるが、120拍も上がるとかなり痛み、150も上がる
とちょっと続けていられないほど心臓が痛くなる。

平常時でも息を大きく吸うと痛む。この時の痛みは同じ心臓の位置ながら表面的な、皮膚から2,3
センチくらい奥の痛みで鼓動にリンクするわけではない。

素人考えでもここがちょっと不思議な感じ。
心臓なら息を大きく吸う事と関係無いような気がする。

クリニックではレントゲン、心電図、採血(甲状腺検査)。
レントゲンと心電図の結果は明らかな異常は無し。

これだけ明らかな症状があってパッと見の検査で異常がわからないものかと思うが、まあ仕方ない。

大きな病院でCT、なんちゃら検査、負荷検査の3つをやることになった。
負荷検査が混んでいて1か月後という事で、それまでに他の検査をしていくことに。

次の水曜日にCTで木曜日にクリニック受診。そこでCTと甲状腺の結果が出る。
負荷検査は1ヶ月も待てないので簡易的なものをクリニックで行うとの事だった。

とにかく自転車は当面禁止となってしまった。

一年でも二年でも良い、一時的な事なら喜んで受け入れる。
今後、高心拍を伴う自転車は避けてください、なんて最悪な結論だけはやめてもらいたい。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。