FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯治ポタ(FRETTA1号)とスポーツ整形

20111207_01.jpg

皿の動きが良くなったのに気を良くしてロードバイクに乗ろうと思ったがグッと我慢してポタにした。
原宿スタート、銀杏が綺麗だ。

調子の乗って坂を踏んでいったらすぐに膝が痛くなってしまった、情けない。ワイズロードでブロンプトンを
見た後で前から気になっていた上野の燕湯で湯治。

20111207_05.jpg

ここは番台のある本物銭湯。お湯も銭湯らしく熱湯甲子園でパリッとアツアツだ。
お湯よりも温かいのが番台のおばあちゃんの笑顔、これはお湯より温まった。久し振りに心の温まる笑顔。

湯冷めしないように直ぐに電車に乗った。

20111207_03.jpg 20111207_02.jpg

我がフレッタの折りたたみ姿勢。
横はまだしも上から見るとちょっとお行儀が悪い。ブロンプトンの端正な佇まいとは大違い。

スポーツ整形は自信満々で臨んだものの、先生のリアクションは若干寂しく、その他ダメ出しを受けた。

追加宿題
仰向けで膝を立てて30センチ程度のボールを内腿に挟んでお尻にきゅっと力を入れてお腹を上げる。
内腿、膝上のほぐし。
腹筋のほぐし(下腹部、肋骨下2か所)

写真はスマホ写真のtwitter流用。

走行距離:21km
スポンサーサイト

膝のリハビリ

20111020_01.jpg
昨日はスポーツ整形受診。
皿周りの滑膜が炎症を起こしているので、しばらく自転車はお休みと言われた。・・・ずっと休んでますけど。
通常の生活程度でも膝に負担が来ているらしい。

原因は足首の崩れ、内側に崩れてしまうの事が原因。膝下、弁慶の骨が内側に入らなくなり、結果、膝を曲
げる動作の時に皿が外側に引っ張られるようになる。太股の外側ばかり使ってしまう。
各部関節の硬さが追い打ちを掛けて症状を悪くしている。いつもの通り。

ほぐしだけだったメニューを再度以前のように少しずつ追加。
 
 ・アキレス腱まわりのほぐし。
 ・椅子に座って両手で膝を上から押さえながらつま先立ちを繰り返す。
 ・手を使って足先を捻る。
 ・タオルを棒状にしたものを土踏まずで踏みながら反対の脚は後ろに引いて膝を真直ぐ出す事を意識して軽く曲げる。
 (これは一番最後に)

余裕があれば昔やっていた各種筋トレ的なメニューを。(余裕ないからたぶんやらない)

都内ポタとスポーツ整形



秋の気配の多摩川を気持良く走って新宿から新大久保のコリアンタウンをふらふら。
少女時代のグッズを買おうと思ったけど、やっぱりパチモンばかりで食指が動かず、、、

韓国料理を食べようかと思ったけど、パワフルなおばちゃん達に気後れしてお店に入れなかった。


四ツ谷の太陽のトマトラーメン、ここはやっぱり美味しい。
今回はハロウィン仕立てとかで、かぼちゃ風味でこれもいける。
ここのおっちゃんの掛け声はいつも気持良い。


市ヶ谷をふらふらと抜ける。この外堀は桜以外の季節でもなんとなくのどかで好きな場所。


小川町のオリンパスプラザでまたE-PL3をごちゃごちゃと。自分のLUMIX20mmを付けたりしていじり倒す。
AF速度に関してちょっと確認したい事があったが、イマイチようわからんかった。

でもまあE-PL3の可動液晶はやっぱり良いのだ。この1点だけで買う価値はある。

上野のワイズをハシゴして秋物パンツを物色、寒いかもしれないけどやっぱり今年はパールの7分にしようと思う。


バビューンと八王子まで戻ってスポーツ整形へ。

リハビリをサボっていたとはいえ、自転車的にも殆ど無負荷な生活なのに痛みが続いていたのでいい加減に
心配になっていた。先生の勧めもありこれまではレントゲンだったが、MRIでしっかり確認してみようという事に
なった。どこかに紹介されるのかと思いきや、さすが、自前でMRIを持っていて撮影した、結果は異常なし。

改めて膝関節、皿などには異常が無い事がわかった。
じゃあなんで痛いんだって事になるが、これはこれまでと同様、股関節などが硬く可動範囲が狭いところへ
もってきて筋肉の使い方のバランスが悪いもんだから膝に無理出てしまっていると言う事。

この日は意図的に自転車で50km以上走って症状を出しておいた。
以前よりだいぶマシにはなっているということだったが、やはり太股の外側の筋肉を中心に使ってしまってい
て、張りが出ている。これが普通だと思っているので何とも思わないが、先生には「パンパンだね」と言われる。

リハのほぐしの激痛で泣きながら数分やってもらうと、すっと楽に。背中の筋肉も張っていたので併せてほぐ
してもらうとあら不思議、片足スクワッドも崩れず、太股の内側の筋肉も使えるようになった。

リハビリをしっかりとやって、運動後もこの状態を保てるよう、正しい部位の筋肉を使えるようにするのが最終
目的。取り敢えずは筋トレの必要はなく、ほぐし中心でサボらずやってとの事で宿題をもらった。
相変わらず混んでいて次回予約は3週後。これがネックだなこの病院は。全部で4時間、疲れた!

宿題
 ・テニスボールでの筋肉ほぐし4か所。
   1.太股は前と横の間。付け根近くから半分くらい。
   2.骨盤内側
   3.太股内側の膝から20センチくらいの間。
   4.背骨両脇、腰に近いほう。

どの位置もボールでほぐすと凄く痛くて、張っているのがわかり、ぐりぐりするとイタキモチイイ。
余裕があれば以前からやっていたつま先立ち運動やふくらはぎのほぐしをやっても良いが、まずは上記4点
に集中するようにとの事。

まあとにかく膝の根本的な問題では無くて良かった、その点は凄く嬉しい。迷い無くリハビリに専念出来る。

走行距離:約57km

久し振り振りのローラーとスポーツ整形

20110511_01.jpg
< OLYMPUS PEN Lite E-PL2 LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. >
ローラー台は大嫌いなので、雨は休養日だったが、人生最重記録を更新して緊急ダイエット中の身に於いて
は好きだ嫌いだと言っていられない。雨の中、物置から埃をかぶったローラー台を引っ張りだしてきた。1年は
確実にやっていなかっただろう。

グッドタイミングでツイッターで@kisakunaさんが良いオカズを紹介してくれたのでしっかり90分間回すことが出来た。
敢えて扇風機も回さずに、タオル3本汗だくにした。

本日のオカズ:国会の勉強会に講師として呼ばれた広瀬隆氏の話。
原子力発電が”電力供給手段としては”不要なことが良く理解できた。いかにそれ以外の理由で必要とされて
いるかという事なのか。

http://www.videonews.com/press-club/0804/001872.php

夕方からスポーツ整形へ。
先日の登山の話をすると先生なりに原因に思い当たる節があったようで、新たな課題を与えられてチャレンジ。

簡単に言うと腹筋が使えていないという事。
不思議なもので、簡単なトレーニングで腹筋を意識させると、うつぶせで足を上げる動作できっちりお尻と腹筋
に力が入るようになった。

自転車に乗っている時も同様の現象が起きているのだろうとの先生の見立て。
字を書くのに例えて、肘を固定していない状態で字を書くと手首以外に肘や色々な部分が動いてしまい、そこに
変な動きが発生して負担を掛けてしまうので、肘をしっかり固定してやれば手首だけが動いて余計な所に負担
が掛からないとの事。

字で言う肘が自転車で言うところのお尻の部分か。まあ例えは置いといて、とにかく腹筋下部の筋肉が意識され
るようになればお尻の筋肉が使えるようになると言う事。

必ずしも鍛える必要はなく、意識するようにして使えるようになれば良いのだ。これは今までの一貫した考え方。
その証拠に、先生の施術の後はまともに動くようになるのだ。それを一時的なもでなく日々のリハビリトレーニング
で恒久的なものにするのが目的。

新たに追加された課題。
仰向けで片足の腿の付け根に指を当てて筋肉の緊張を意識したまま反対側の肩を半分くらい起こす。
起こさない側の肩から腰の軸は浮かさずに固定。

きついので3回を1セットで3セット。腹筋の緊張がすぐに抜けやすいのでそこを厳守。
回数より質が問題との事。

3セットやっただけで汗だくだった。

スポーツ整形2回目

今期2度目のスポーツ整形受診。

・膝の皿の周りが炎症を起こしている。気が付かなかったがちょっと触られるだけでイタタタッ。
・このまま続けていたら軟骨が擦り減って最悪手術とかそういう事態に。
・学生最後のレースとかならやむを得ないので止めないが、少なくとも来月のレースは軽く流して
 6月の富士を焦点に走りなさいと言われた。
・炎症が完全に治まるまで、最低でも次回4月3日の受診日までは自転車禁止。
 どうしても乗りたきゃほんとに軽く気分転換くらいなら良い。

ふぅ、良かった、痛みはさほど出ていなかったのでこのまま走る所だった。
無理してだらだら痛いより、ここで休んででもしっかり治しておいた方が良いでしょと言われた。

で、これからのリハビリメニューは

・膝のアイシングを15分間、毎晩やること。
・横になってテニスボールに乗る形で膝の外側、太もも付け根、お尻の部分をほぐす。これがメイン。
 これめっちゃ痛い。
・脛の内側、足首から膝まで手で持ったテニスボールで痛い部分をほぐす。
・体育座りで足首を内側に曲げて3秒保持を15回、これを3セット。
・時間があれば横になって足を上げるやつは継続して。

いやぁ、参った。この膝には泣かされっぱなしだ。今回は今までに増して真剣にリハビリに取り組
もう。辛いなぁ、自転車に乗れないのは(><)

また左膝の痛みが。どうなってんだこの膝は。

整形リハビリ7回目

20100902_01.jpg
ORCAの2011モデル、なんとフレームが変わってしまっている!
実物は見ていないけど、かなりショックな予感がする。やっぱりORCAは今までのフレームのイメージ
が強過ぎる。あの滑らかな曲線が綺麗だったのに。カズさん滑り込みで大正解か。


T師匠のORCA


カズさんのORCA

+++

八王子スポーツ整形へのリハビリ通院も7回目となる。
膝の痛みの主な原因である足首については大分症状が改善されてきて先生からも褒められた。

引き続き足首周り、腰のリハビリは続けるとして、お腹の筋肉を使えるように新たな方向性が示された。
今回も筋トレでどこかの筋肉を鍛えると言うのではなく、使えるようにほぐしていくという考え方。

腹筋をぐにぐにほぐされて、上半身の腹式呼吸に使う筋肉のストレッチングメニューを教わる。
今現在、お腹周りの筋肉を全く使えていないそうで、腿を上げるのにも腿だけで上げている状態。

これをお腹から腿へと繋がっている腸腰筋(ちょうようきん)だかもうひとつなんとか筋だかを使
えるようにしてあげると、ペダリングでも多くの筋肉を使えるので他の筋肉への負担が軽減するそう。

いまは腿を上げてもその筋肉はピクリともしておらず、「まったく使えてないですね」と笑われた。
当初の膝の痛みが無くなっているのでついついリハビリもさぼりがちだが、きちんと頑張って人並み
の体になりたい。

整形リハビリ6回目

もう6回目になるリハビリ、内容メモ。

今回は先生の予約が一杯で、既に半月空いてしまっているので仕方なく別の先生に。

行ってみるとなんと若い女性。リハビリ以外ならカムカムウェルカムなのだが、ちょっと不安。
だが、始まって見るとさすがは療法士、どこにそんな力があるのかと思えるほどグリグリ、、、
あまりの悶絶振りに「緩めましょうか?」と言われたが、思い切りお願いしますと強がったので
本当に涙が出た。

こういう時は女性のほうが容赦無いな。
終わって見れば当初の不安は吹っ飛び、きちんと引き継いでいなかったことが逆に先入観が無く
診断してくれて、セカンドオピニオン的な良さがあった。

同じ症状でも治療の仕方、方向性は幾つかあって勉強になった。
またいくつか違う事も言われたが、共通して言われる事もあり、重ねて言われる所は重要なのだと
判断できる。

結局、今回の一連の元凶は足首にあった。

踵が内側に倒れているのでアーチがつぶれて偏平足気味になる。
片足スクワッドをすると、足首が内側に倒れてしまうので膝が内側に入ってしまう。
なので、土踏まずにタオルなどを挟むと膝は内側に入らなくなる。
ここで更に足首の硬さが悪さをして、前に曲がらないので、余計に内側に逃げてしまう。

その場しのぎ的には土踏まずの盛り上がった靴などで修正する方法もあるがこれは根本解決には
ならない。

内側に傾いているので、そちら側の筋肉が常に硬い状態になっているので、それをほぐす。
同時に足首の柔軟性を高めるストレッチングを。筋トレよりストレッチングで大きく改善するはず、
これが今回の先生の方針。

筋肉のほぐしと同時に弱い(使っていなかった)筋肉を鍛えるべく筋トレを多く盛り込んで行く、
というのが今までの先生の方針。

どっちにしてもまじめにやりさえすれば治るそうなので、頑張ろう。

整形リハビリ5回目

5日目の整形リハビリ。
比較的調子が良かったのが先週末のハイキング後に痛みが出てしまっていた。

現状での自転車走行距離で痛みが増していない事を考えれば原因はやはりそのハイキングだろうと
の事。という事で自転車は気にせず続けて良いと。

当初からのストレッチングも徐々に効いてきている部位もあり、今までと同じ方法では伸びなくなっ
てきている場所は新しい方法を教わった。

痛みは無いが、動きのひどい右足も時間を掛けて調整してもらった。
こちらは頑固なので3か月程度は掛るだろうとのこと。そりゃそうだ、この症状はもう何十年も前か
ら続いているんだからそうそう簡単には治らないだろう。

・右足首を右斜め上に。左斜め下に。指を握ってから上に。の3種類の筋トレメニュー追加。
・ふくらはぎ裏側のマッサージ追加。
・横になって脚を上下に。継続。
・前後開脚でふくらはぎを伸ばす姿勢、後ろ足の足先を前に。追加。
・他ほぐしメニューは継続。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。