FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所徘徊(LOOK695)

20160514_01.jpg
バイト終わって中途半端な時間に中途半端にフラフラ。
交換したCリングは硬めの感触。やっぱり折れる前は柔らかくなるんだな。

近所走っても面白くなくてバイク屋さん覗いて帰って来た。
オートバイと自転車両方乗ってる人って珍しいって驚かれた。

そうかなぁ、同じ二輪だからぼちぼちいると思うけどな。

走行距離:20km
スポンサーサイト

久し振りの峠(LOOK695)

IMG_2780.jpg
土日も自転車。

土曜日は大垂水へ、やっぱりクライムは正直にタイムが出る。残酷だ。

日曜日は都民の森へ。
なんと2年半振りだ。昔は毎週のように通っていたのが嘘のよう。

今の状態だと、足でも着くかと思ったが、最悪の事態は回避出来た。
結果は1時間12分29秒と痺れるタイムだが、自分としては1時間半とかリタイヤを想定
していたので、思ったよりは良かった。

少しずつ縮めて行けたら良いな。

そうそう、復路でスピードプレイのCリングが折れた。
昔使っていたクリートを引っ張り出してきて、Cリングを使いまわした。

この部品だけでは買えないそうで、クリートそっくりで6千円から8千円するそうでびっくり。
また折れると困るので、予備に1本携行することにした。

走行距離:大垂水45km、都民の森115Km

宮ケ瀬(LOOK695)

IMG_2742.jpg

本日もリハビリライド、しばらく続くようだろうなぁ。
ゆっくりなら奥多摩も、、、とも思ったが、やっぱりまだ早い、これで膝でも痛めたら
仕方ないと思ってゆっくり宮ケ瀬を目指した。

ゆっくり走ると割り切ると、坂もそんなに辛くはない。

ようやく行くことが出来た眞田珈琲でアイスコーヒーを。

IMG_2744.jpg

宮ケ瀬湖はバイクがいっぱいだった。

IMG_2749.jpg

帰りもゆっくり。

心地良い疲労感。

走行距離:60km

ラーメンAR(LOOK695)

IMG_2717.jpg

2年半振りの100kmライド、疲れが抜けなかったのでゆるーくAR。

IMG_2714.jpg

風が強くて心配したが、走り出すと振られたりする事はなかった。
武蔵増戸の大勝軒へ、注文直後に小盛に変更したが間に合わず、例によって大盛並み
の普通盛り。

アツアツのカツオ出汁が美味い。

お腹いっぱいになってさらにゆっくり、ゆっくり、流して帰った。
やっぱり外を走るのは気持ち良い。

走行距離:50km

江ノ島リハビリ(LOOK695)

IMG_2693.jpg

エンジン付きばかりだったので、錆びついた自分のエンジンに火を入れてみた。
久し振り過ぎて何を着て良いかわからないし、パンツも探すのに一苦労、、、
なんせLOOKに乗るのは5ヵ月振りだ。

ようやく準備をして家を出る。奥多摩でも行くかと思ったが走り出すとすぐに、無理だと
気付く。さてどうしようかと、宮ケ瀬と迷って、江ノ島を目指すことに。

ちゃんと帰って来られるように、頑張り過ぎずに、頑張って。
全然進まなくて嫌になって途中で休憩。

IMG_2699.jpg

やっとの思いで江ノ島へ。いやぁ、遠くなったなぁ、江ノ島。
GWで混雑する中心部を抜けて七里ガ浜へ。ここも人が大勢だ。

IMG_2705.jpg

チョコパン、チョコケーキ、アイスコーヒー。

IMG_2708.jpg

帰りはお目当てのほったて小屋?へ。
もうお腹空いて倒れそうになりながらお店に着くと、何やら嫌な予感が、、、

「準備中」

営業日だけ確認して時間を確認するの忘れた、詰めの甘さは誰にも負けません。

気を取り直して近くの丸亀製麺でお肉の入ったうどんに卵、とろろ、ネギたっぷりに生姜で
いっきにかき込んだ。

久し振りの自転車で、くたくた、この疲労感はオートバイとは違う爽快感。
オートバイはやっぱり神経が疲れるんだな。

走行距離:106km

走り初め(LOOK695)

20150104_02.jpg
超久し振りに所属チーム練に。

セブンイレブンという事だったのでいつものセブンに行くも誰も居ない。
遅れているのかと思い、一周して見るも誰も居ない。
嫌な予感がしてtwitterを見直すと別の店舗だ、、、慌てて目指すが、そこにも居ない。
あ、あっちかと思ってその先を目指すがそこにも居ない、、、

もう一度画面を遡って見ると、店舗名の地名の最後に「北」と書いてあった、あっちか!
という事で、結局家から凄く近いセブンイレブンだった。

昨日の凍結東名高速といい、なんかもう今年を暗示するドタバタスタートに自分に嫌気が。
あんた誰?状態の久し振り参加にも温かく迎えてもらってなんとも有難い話だ。

20150103_01.jpg

周回練習コースの下見という事で、普段走っている近所を中心にゆっくり走った。
ゆっくりと言っても自分にはガッツリ高強度練で、しっかり千切れながらゼーゼー。
信号で止まって皆普通にしゃべっているのにひとりだけ下向いてゼーゼーしてるのは面白かった。

当たり前だが、元々の強さが違う上に日々練習しているメンバーと同じペースで走れる訳が無く、
今回の様な試走とか、下見的なイベントを嗅ぎ付けて参加するしかないな。

それでも久々におしゃべりしながら走るのは楽しかった。

走行距離:51km

伊豆一周(ZRX1200S)

20150102_01.jpg

走り初め。
伊豆を周ろうと思って家を出るが、なんとなく逆回りにしようと思って東名に乗ってしまったのが大間違い。
走り出すとすぐに信じたく無いような雪景色、、、そうだ、昨日雪降ったんだ。

秦野中井、大井松田、御殿場と、生きた心地がしなかった。
SAに退避したくても導入路が凍結していて転倒必至、泣きながら本線をひた走る。
もちろんバイクなど一台も走っていない。正常なバイク乗りは雪の翌日に東名の山越えなんかしないのだ。

たまにしか乗らないからこうなるのか、こういう普通の感覚が失われているのは危ないな。

20150102_02.jpg
自分の浅はかさを恨みながら、過去3本指に入るであろう恐怖体験をしてようやく沼津ICへ。
良かった、生きてて良かった。

20150102_04.jpg
大瀬崎からべたに海岸線をくねくね。
寒さのせいか、身体のせいか、Fフォークがやけに突っ張るので伸縮最弱に調整。

雲見に着くころようやく乗れてきた。

20150102_03.jpg
松崎でふらふら脇道に。

20150102_05.jpg
風の強いあいあい岬で一息ついて。

20150102_06.jpg
石廊崎へ。
ここも何度来ても良い空気、つい止まってしまう。

20150102_07.jpg
菜の花も咲き始めてた。

20150102_08.jpg
西伊豆では姿を消していた雪が東伊豆では姿を見せ始める。
川奈に下りるとまた雪が。それでも気温が上がっているのでバイクが汚れる心配だけで気が楽。

海岸沿いは混んできたので旧道へ。
根府川の旧道も早朝なら絶対転倒レベルの雪の残り方だった。

20150102_09.jpg
6時30分出発の6時30分到着、無事に走り初め終了。

いや、無事じゃなかった。湯河原のGSでクレジットカード忘れて来た。
ndさんに電話して受け取りに行ってもらった。持つべきものは伊東の友。

今年も色々ありそうだけど、笑って話せるような事だけで済みますように。

連休は富士山と奥多摩(CX-5,ZRX1200S)


連休は家族で山中湖へ。
紅葉はイマイチだったけど、ポカポカ陽気でボート乗って、ほうとう食べて、帰りにヨシノボリ採って帰って来た。
最近、メッキパーツやポジションなど小物をちょこちょこいじってるCX-5。
クネクネ道志みち往復でも15km/Lと十分走ってくれる。殆ど乗らないので燃費は全く気にしてなかったが、
良ければ良いで嬉しいもんだ。

20141123_02.jpg
翌日は午前中だけオートバイ。

20141123_03.jpg
久し振りに柳沢峠まで。
奥多摩湖周辺は紅葉が綺麗で写真を撮ってばかりでなかなか進まない。

20141123_04.jpg
それでも紅葉には遅いようで、車もバイクも殆ど走っていなかった。
快適ツーリングと言いたかったが、少し薄着だったせいで寒かった。

20141123_05.jpg
柳沢峠もオートバイは1台だけ。
帰りはバビューンと中央道で。しかし、柳沢峠はめちゃくちゃ遠く感じた、よくもまあ自転車でこんなところに
来てたもんだなぁ。

バイクとロードバイク

20141103_02.jpg
20141103_01.jpg

日曜日はロードバイク、例によって久し振りなので普通に走るだけで精一杯。
多摩サイから連光寺坂、尾根幹線と流して終了、40㎞弱。
これ以上走れない(笑)

月曜日はバイクで伊豆の海を見ようと思っていたら、どどっと疲れて朝起きられず、、、
まさか前日のチョイ乗りが効いてるのか、、、そこまで落ちてるのかなぁ。

道志みちを流して吊り橋で引き返した。
紅葉はもう少しだろうか、紅葉の中を走るのはバイクよりロードバイクの方が楽しいかもしれない。

しかし体力が落ちてる。お腹も子供が笑うくらい出て来たし、ほんと運動量増やさないとマズイじょ。



FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。