FC2ブログ

FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

朝駆け(ZRX1200S)

20151206_02.jpg
えー、昔の人は早起きは三文の徳だなどと申しましてですね、
なんて落語があったか忘れたが、やっぱり早起きは悪くない。

今朝は伊豆で朝陽を。
伊東でお刺身定食を食べるつもりだったが前日に回転寿司を頂いたのでジョナサンでモーニング。

走行距離:200kmちょっと。

バイクデビュー(ZRX1200S)

20151129_01.jpg

ロードバイクデビューは散々だったので、今日はバイク。
例によって優柔不断で走り出しても行き先が決まらず。伊東に行こうかなと思って走り出すが、
ふと、真っすぐ海を見たくて茅ケ崎に。圏央道から西湘BPとあっという間だ。日の出もギリギリセーフ。

20151129_02.jpg

伊東か、三崎か迷った末に、リハビリなので軽めに三崎を選択。
ふらふら寄り道しながら朝市へ向かった。

20151129_03.jpg

朝市はもう終わりかけで汁物は完売、会場も片付けムードだった。
マグロのちまきを食べてふらふら歩いていたら「にいちゃん、これ持ってって!」と、
残りの4皿のスズキの小さいのと白子の山。こんなに食べられないよと色々話を
してたら500円で7尾と白子を持って帰る羽目に。スーパーの袋に氷ぶちこんだだけ、
これをGIVI箱にぶち込んで、帰るのはめっちゃスリリングだけど、今更どうしようもない、
急いで帰った。

20151129_04.jpg

恐る恐る箱を開けると、水漏れもなく、氷もあまり溶けていなくてほっとした。
夏場は一瞬でバナナも姿を変えるGIVI箱も冬場は使えるじゃないかと感動。

ちょうど、魚を捌きたいと言っていた次男坊と夕飯を作った。
刺身はすべて次男坊担当、結構上手になってきて驚いた。

これだと昼前には帰れるし、夕飯のおかずを買って帰るという目的のすり替えにより
一人遊んでいるという良心の呵責から解放され案外良いスタイルなんじゃないかと。

しかし、リッターバイクは改めて楽しい。この暴力的な加速力はやはり麻薬だ。

KLE500見てきた。

20151118_01.jpg
全国検索で2台しかない希少車の1台が近くにあったので、呼ばれている気がして
早速定時退社してバイク屋で残業してきた。

検なし39.9万円が今なら4万円引きよ奥さん。
程度は極上とはいかず中の上か、おまけして上の下というところか。悪くはない。

跨ってみるとやはり大きいがリッタークラスのような重さはなく、まあ、ギリギリセーフ。
ハンドル幅も広くて存在感たっぷりでファーストバイクになり得る所有感を満たしてくれそうだ。
が、それには排気量が頼りない。

セカンドとしてみるとやはりこの大きさがネックか。
ヘタレな自分にはこの車格だと気軽に林道へと言う訳にはいかない。

逆にこの車格でこの重さのままで900ccくらいあればファースト候補になり面白いのに。
スタイリングは思った通り、ヘンテコで心惹かれたが、思ったほどトキメキは無かった。
もしかしたらジワジワくるタイプなのかもしれない。

比較に並べてもらったセローはやっぱり流石のベストセラー、軽く小さい車体のお気楽感
はなんとも心地良いが、心地良すぎて3日で飽きそうな気配がしないでもない。

やっぱり歳を取ったせいか、ヘンなバイクに惹かれる。不思議だ。

残る一台は千葉にあるのだが、同系列店なので3,000円で持ってきてくれるとの事。
もちろん、購入すればチャラだが、1日使って千葉まで行くことを思えば安いと思う。うん。

そっちは15万だか高いので総額60万となり、流石に圏外だが紺色を見たいので運んでも
らっても良いかもしれない。

しかし、改めてKLE250が欲しいと思ってしまう。
アネーロは東京には玉がなく、越谷になるがあまり程度が良さそうじゃないので、見に行く
気が起きない。。。

程度の良いアネーロが出てくればよいが、、、もし無ければ、林道は捨ててこのKLE500って
選択も十分魅力的ではある。

迷宮(バイク選び)

20151115_04.jpg
セローを前にすればセロー、CRF250Lを前にすればCRF250Lと、優柔不断振りを存分に発揮。
そう言えば、250ccのデュアルパーパスって、どうしてこの二台しか無いんだろうとふと思った。

昔は、、、と思うとKLE250アネーロ、AX-1とか、トランザルプ、と大型以外にも色々あったじゃな
いかと、ネットで懐かしく徘徊しているうちに何故かKLE400、KLE500と、、、やっぱりKawasakiに
何かあるのだろうか、、、まあしかし懐かしいなぁ、やっぱりあの頃のバイクはゾクゾクする。

20151115_05.jpg

そして今日のところで最終的に辿り着いたのがKLE500だ。
初期型の発売は多分バブル後で、初期型からは20年ほど経つのだろうか、当時はノーマークで
あまり記憶にない。

記憶にないどころか、超不人気車なので、恐らく実車を見たことはないかもしれない。
まして500ともなれば絶対に一度も目にしていないだろう。

オンもオフも走れるデュアルパーパス。悪く言えばオンもオフもちゃんと走れない。
中古を探しても全国で2台とかシビレる数字。
ZRX1200Sが希少車です。なんて甘い甘い、まだ全国で50台近く出てくる。一桁になったら一人前だ。

しかも排気量もなんとも中途半端な500ccで見た目もぼてっとかっちょ悪いなぁ、
たまらなく惹かれる。

正規輸入車は数十台という情報も嘘じゃないと思う。きっと今まで一度も見たことも無い
から、仮に乗ったとしても同じバイクに会うことはないだろう。

ツーリング1日で何台会うかわからないセローやCRF250Lとは大きく違うところ。
物凄い「オレのバイク感」だろう。

これがせめて900ccくらいならこれをメインバイクにも出来ようものだが、500ccで40馬力そこそこ
と言えばやはりセカンドか。

20151115_06.jpg

本当はKLE250アネーロが順当なんだろうけどな。
500見ちゃうと、、、

初輪行(ブロンプトン)

20151115_01.jpg
朝の雨が上がって明るくなってきたので昼前にブロンプトンでポタポタ。
そう言えばせっかくのブロンプトンなのに輪行したことがなかったので初輪行。

やっぱりBD-1とは大違い、輪行のお行儀の良さは格別。

20151115_02.jpg
バイクショップを梯子して久し振りに東村山のホープ軒でお腹いっぱい。

今日は少し変わったスペックの中古車を見た。
3年落ちのCRF250Lで乗り出し価格は新車と同じ40万円。

無限のスリップオンマフラー、アルファスリーのキャリア、純正スポーツグリップヒーター付き、
そして走行距離が50kmという低走行車。展示車か何かかと尋ねたところ、普通にオーナーが
乗らないので手放したとの事だった。

この部品を買ったとすれば、実売価格で、、、、そうだな、中古だから7~8万ってとこか。

マフラーもグリップヒーターもあれば良いけど、わざわざ買うものじゃないからな、そう思うとキャリア
だけで新車と同じ値段で、3年落ちで50kmの中古車っていうと魅力ないか。

でも無限マフラーとホンダの純正グリップヒーターとアルファスリーのアルミキャリア買う予定の
人だったら、まぁ、悪くない選択かもなぁ。

走行距離:24km

北陸ツーリング(ZRX1200S)

20150528_03.jpg
5月28日のこと。
バイク仲間と北陸ツーリング。

20150528_01.jpg
松本から高山抜けて和倉温泉へ。

20150528_02.jpg
絶対走るもんかと決めていた渚ドライブウェイも走ってしまった。
思ったより砂が締まっていて走り易かったけど砂が、、、

ビールも美味しくて良い旅だった。

走行距離900kmくらい。

迷宮

20151107_01_201511072141544ac.jpg
セロー250に加えて急に出て来たのがCRF250Lだ。

昨日実車を見てきたが、セローより一回り大きないわゆるフルサイズ。
フルサイズはKLX250で経験済みだが、あの大きな車体を跨ぐどっこいしょ感は
バイクそののへのハードルの高さに繋がるのでセカンドお気軽バイクとしては良い事ばかりじゃない。
でも単純な見た目は大きい方がかっちょいいのだ。

見た目はオフロードバイクだけど中身はセローと同じ、トコトコトレイルバイクなので
ダートをガンガン走るバイクじゃない。実際に購入に当たっては両車で迷う人も少なくない
のではないだろうか。

値段は日本製セローよりも5万円も安くて、生産はタイ。生産拠点に拠るところだけではなく、
部品の品質を落としているので近くで見るとテンションが下がるところもあるが、何よりも
乗り出しで39.9万円であれだけのバイクを世に出した開発陣を尊敬する。

そのままセローの展示車前に行くと、そのぐっと低い車高に安心感を覚える。
部品に目を落とすと、安心の仕上げと品質感は流石の日本製。というか、あと5万円許されれば
CRF250Lだって生産国がタイだろがなんだろうがかなり質感アップできるだろう。
それは必要だと思うユーザーだけが個々に対応すれば良い。という割り切りだろう。

ということで悩めるオヤジの妄想はまだ終着駅は見えず。

妄想(セロー250)

20151101_01.jpg
バロンの新車見積もりは予想通りお高くて近隣最安値から4万円高だった。
恐らくヤマハの仕切りが高い感じで、他店価格が理解出来ないとのことだった。

多少高くても近所で買いたいところだけど4万円の壁は高いなぁ、日常生活で4万円節約
するのにどれだけ苦労するか。。。

残るは限定ブルー、こちらは中古しかないので良い玉が出てくればバロンの目はある。

妄想(セロー250)

20151030_02.jpg

今日病院に行った。
あと4週間で松葉杖を外して良いとお許しを貰った。
長かったなぁ、8月13日にポキッとしてから3ヶ月半か。これでも順調で標準的な期間だそうだ。

そんなに長いこと不自由だと本当にろくなことを考えない。
体が自由になったらこの馬鹿な妄想も吹っ飛んでくれることを切に願う。

さて、セローのカラーだが、2011年に登場した黒タンクにグリーンカモシカのカラーリング、
なんと2015まで継続カラーなのだ。

当然ながら台数も増えて、街でもよく見るカラーだ。
自然が似合うグリーンで落ち着いて飽きの来ない良い色だと思うけど、2011年から継続って
のがちと寂しい。高速PAなんかでもかなりの高確率で被るんじゃないだろうか。

20151030_01.jpg

2014年発売のYSP限定カラーのブルーセロー。
これは数が少なくて、中古も極々僅かで実車も見たことがない。

森より海が似合いそうなカラー。フレームもシルバーになってるな。
これはマイバイク感が出そう。

例年12月に翌年のカラーリングが発表されるようなので、ここまで来たらその発表を
待たねばなるまい。早まって現行カラー買った途端にかっちょいい新色が発表になったら
泣きながら年を越さなきゃならなくなる。

ちなみにこのYSP限定ブルーが良ければ必然的に中古車になる。
オフロードバイクなので外装が安いかと思って調べたらタンクとグラフィックまで入れると
10万円もして却下。
まぁ新車外しの新品外装を処分すれば5万円くらいでは売れるのかもしれないけども。

とにかく早く次期カラーを教えてYAMAHAさん。
  1. 無料アクセス解析