FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KLX125その後

20121022_02.jpg
子供が乗るとフルサイズに見えてかっちょいいKLX125。

20121022_01.jpg
単独で見ると可愛い扱いやすそうな原動機付自転車。

次男坊が店頭に並んでいるKLX125を見て教えてくれた、27.8万円で売っているそうだ。
おいおい、安い店なら新車が日本仕様ですら27万円で売っているバイクだじょ。

これを売ってしまう所が全国規模の大手量販店の強さか。もちろんオイルリザーブなど各種サー
ビスを換算すれば、、、って考えもあるだろうが、なかなかどうして、うーむ、という価格設定。

とは言えそのお陰で、いちいち数店で比較することも無く、最高値では無いかもしれないが、そこ
そこの値段で買ってもらえるのだから有難い。

新車を27万円なんかで売ってる店に持ち込んだらさぞや酷い値段を付けられていたのではないだ
ろうか、それとも新車も薄利多売方式なら中古も相場で買ってくれちゃうのだろうか。

自動車保険の特約も解除した。こちらも例によって手厚く入っていたので年間で3万円程度の出費
が抑えられる。今年はワンライド1万円の保険を掛けていた計算になるな(笑)
スポンサーサイト

さよならKLX125




乗ろう乗ろうと思っていたが乗る機会が無く、さよなら。
キャリアにHID、ウィンカーポジション、ライト消灯キット、ハンドガードなどを外して、外装を
拭き上げる。乗らなくてもたまにワックス掛けしていたのと屋根付ガレージのカバー保管だったので
状態は良い。
・・・書いていて思い出したけど1万円するハザードキット外すの忘れた(笑)

いつものバロンでいつものように双方希望額から歩み寄り、14万円でハンコポン。

走行3,300㎞だったか、これからはちゃんと乗ってくれるオーナーの元へ旅立ってください。

殆ど乗らなかったバイクだけどブログを見返すとそれなりに出掛けていて、懐かしく思い出した。










小排気量オフロードバイクの楽しさを教えてくれてKLX125、ありがとう!

初乗り(KLX125)

20120108_01.jpg

ようやくKLX125も初乗り!
6時過ぎに出発、2,3日前に暖機運転をしておいたにもかかわらず若干始動に時間が掛かり焦ったが、
そこはインジェクション、しっかり始動してくれた。

タコメーターがしっかり振り切るKLX125の使い切り感はリッターバイクでは味わえないもの。
しっかり回し切りながら129号線を南下、茅ヶ崎でパチリ。

20120108_02.jpg

江の島、稲村ケ崎、由比と、この海岸線も気持ち良い。
逗子、葉山、佐島、くねくね道は得意のKLX、自転車のようにひらひらと。

途中でKLXの真骨頂、細い路地を探検モードで海岸に下りてみる。
夏場は通れない砂の道を発見して進んでみると小さな浜でどんど焼きの準備をしていた。

三崎に着くとしばらく釣りをしている親子を眺めてから”ゆらり”へ。日曜日は朝7時から営業している。

20120108_03.jpg

次男の好きなマグロの目玉をお土産に。ソフトボールクラスの目玉を甘辛く煮こんで頂きました、美味かった。

ちょうど12時に帰宅。三崎はお手軽ツーリングにはぴったし。バイクもZRX1200SよりKLX125のほうが良い。
あそこをリッターバイクではちょっとストレス溜まるかもしれない。

そうそう、今日はロードバイクがいっぱい走っていた。今年はロードバイクでも行きたいな。

走行距離:168km

カフェクリートとオートバイ洗車


ロードバイクより放置しているKLXちゃん、何か月かぶりに恐る恐るセルボタンを押すと何事も無かったのよう
にエンジンが掛かった。健気じゃないかおい、泣ける。普通のエンジンなら拗ねてる所だ。

チェーンの油も切れていたので綺麗にしてあげた。ごめんよKLXちゃん、涼しくなってきたし今度海でも見に
行こうな。


i-clickのクリート、これ4セット目、対策品もまるで駄目、どんだけ減るんだか。オレそんなに道路ばかり歩
いてないよ(笑)膝には優しいTIME、財布にも優しくなってくれたら完璧なのに。


道志みちちょいツー(KLX125)

20110605_01.jpg

久し振りのKLXで道志みちをちょこっと。
ピンクナンバーのツーリング組はスバルラインを上ったそうだ。

道志みちにはロードバイクがいっぱい、みんな山中湖へ行ったんだろうな。

走行距離:100㎞

HIDヘッドライト装着(KLX125)

20110514_04.jpg

HIDに慣れた目には懐中電灯のように暗い純正のハロゲンランプ。
高効率ランプでレンズを溶かし、イオンイエロー、マツシマ45w、ヘッドライト塗装と、色々とやってきたが、
リーサルウェポン、ついにHIDの投入、価格がネックで躊躇していたが、天使が超破格値で譲って下さった。

取付はほぼ完了していたので、仕上げで1時間ちょっと。
とにかくスペースが狭いので取り付けには苦労した。

20110514_03.jpg
20110514_02.jpg

点灯結果は、、、
さすがHID、今までの苦労はなんだったのか、と言う感じ。十分な光量で綺麗な配光、完璧。

バラストも35wと25w両方用意していただいたので、25wで色温度を上げてみても面白いかもしれない。
今は純正ヘッドライトを塗装してしまったので、これなら純正のクリアを購入しても良いかもしれないな。

いやぁ、これで夜も安心だ。

GEEユニット、その後

先日MICワークスさんに作成してもらったGEEユニット。
テスト点灯の結果、肝心要の被視認性向上のGEE点灯をせず、連続点灯だったので、問い合わせて
いたが、返事が来た。

今までは認められていた「ちらつき」が「点滅」という判断になったので、作動周波数を変更した
という事なのだ。

最終製品として一番目に触れるのは市光のデイランプだろうか。
これも現在市販されているものは周波数が変更になっていて見た目には連続点灯。市光向けのユニッ
トの周波数を忘れてしまったが、トヨタに関しては更に厳しく70ヘルツを要求されたそうだ。

これら、変更後の周波数にしても、脳内的には連続点灯とは違い、視認性が向上すると言う事だが、
やはり当初の(たしか)40ヘルツ程度のあのわかり易いチラツキには敵わない。

と言う事で、特別にお願いして再度制作してもらう事になった。
もちろん、使用に関しては自己責任、競技専用部品として。

しかし!
これはKLX125の被視認性向上委員会発足当時の構想で浮上した案件で、65wでレンズを溶かしたり、
ハロゲン球のままウィンカーポジションを導入したり、紆余曲折を経た後に、救世主によりなんと

最終案になろうかと思われるHID化が水面下で動き始めた所なのだ。
こうなるとドカンとメインの波動砲の横でちっちゃいバルカン砲を並べても余り意味は無くないの
だが、これが上手く機能すれば現在ハロゲンウィンカーで常時点灯しているウィンカーポジション
を切る事も可能なので、まぁまるで無駄と言うことも無かろう。

KLXに合わなければ、最も正しい使い方とも言えるプリウスに付ける事も出来るし。とにかく到着を
待とう。



GEE点灯せず(KLX125)

20110501_04.jpg
KLX125用にMICワークスに直接オーダーしたアメリカンファイブスターのGEE点灯バージョンを取付
けようとテスト点灯したところ、、、

あら、普通の点灯。30分ほど点灯させてみたが、待てど暮らせど普通の点灯で、GEEユニットによる
ちらつきが再現されない。

休みだろうからメールで連絡しておいた。どうしてだろう、不良品かな。
自分の目が不良なのか?

都内ポタ(KLX125)

20110309_02.jpg

江ノ島から戻り、シャワーを浴びてKLX125に乗り換え。
都内をふらっと、千駄ヶ谷でラーメンを食べようと思ったら、夕空がとても綺麗で写真を撮ろうと
慌てて空が開けた場所を探して走り、代々木第一体育館の横でかろうじて撮るも、コンデジじゃ
まともな写真も撮れず、、、それ以前にピンボケだ。江ノ島の写真もボケてるし、やっぱり壊れ
ちゃったんだな、デジカメ。

20110309_01.jpg

千駄ヶ谷に戻るのも面倒で、そのまま井之頭街道を走り、20年振りに永福町の大勝軒で中華麺。
油が入っているので最後までアツアツスープで美味しかった。

ライトスイッチは使い勝手はよく、バッチリ。アフター品のヘッドライトレンズは配光悪し。
KLX125、もうちょっと速いと良いんだけどなぁ、、、。

走行距離:70㎞くらい

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。