FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーエンドライト(LOOK695)

20131111_04.jpg
定番ディズナのドロップエンドライトを買った。

独りで走っている時は昼間でも、絶対必要ないだろそれ、って天気でもかなりの頻度でテールランプを点灯しているライト馬鹿だが複数で走っている時は夜にならないと点灯しない事が多い。

集団で走っていると一気にドライバーからの視認性が高まるのと、いくら昼間でもライトから目の位置が近くなる付き位置で走る自転車乗りに迷惑と言うのが理由。

でもそんな時でもトンネル通過時や最後尾を走る時など点灯したい時がある。

20131111_03.jpg

今まで何度か買いなおしてTacxのLUMOSを使っていた。こいつは見た目の野暮ったさを許せるだけの性能を持っていて後ろだけでなく前方への車幅灯や適度な横漏れもある優れものだった。
が、自転車を倒すたびに壊れるのと(←倒すやつが悪い)製品本体の樹脂がベタベタするのがネック(これがなんとも気持ち悪い)で引退勧告。

20131111_01.jpg

LUMOSの無駄に凝った構造と違って差すだけのシンプル構造。
本来上に向けるインジケーターであろう小窓も横に向ければ気休め側方視認性向上。
流石のロングライフ定番商品、良い感じ。

トンネル通過時、夜間はメインのテールランプ補佐役として良い仕事をしてくれるであろう。期待してるよディズナくん。


そう言えばLOOK695は肝心のメインテールランプのポストが空席なので早いところ良い製品を見つけたい。
今はサドルにノグだったかのシリコンライトを使っているがメインを任せるには余りに頼りない。

20131111_02.jpg

FP2のテールランプもフィジークアダプターで決まりかと思っていたがこいつがどうにも追い込み方が甘く専用品なのにこんなにボコッと飛び出してしまうのでそのうち何とかしたい。

20131111_05.jpg

トピークのRedLite Aero、こいつは取付けステー不要のポスト直付け、しかも直付けの弱点である光軸問題を解決している素晴らしい製品。折角のエアロ形状だが取付けゴムが普通の丸ポスト用と言うから惜しい。ゴムだけ別に用意すればエアロ形状のポストユーザーが買ってくれそうな気もするけど。

LOOKのE-POSTはそこまでとんがっていないので取り付けは出来そうだが、今時リフレクターも使わず単独の砲弾型LED3発では如何にも寂しいのとデザインももう一歩垢抜けないので不採用。

わがまま面接官は他人には厳しいのだ。

20131111_06.jpg

もう一つ気になっているのはこいつ。
キャットアイのNIMAと言う製品。時流に逆らい充電方式ではなくボタン電池仕様だが素子はしかりチップLEDで公称70-80時間とロングライフだしデザインが良いのでまあ許してやる(どこまでも上から目線)。

最初見たときは、またこんな馬鹿な形状を、、、と思ったが、なんとハーフミラー蒸着などと言うハイテク塗装で本体が透けて横にも光が漏れるという。当然台座は角度付き、やるなキャットアイこんちくしょう。

こいつをさりげなく一つでバーエンドライトと3連で最低レベルクリアか。または安心の3連装なんてのは昼間の見た目はどうかと思うが機能的には良さそうな気がする。
スポンサーサイト

秋さがしサイクリング、柳沢峠、今川峠、風張峠ゲップ(FP2)



昨日は水曜サイクリング。
少し長めの距離をゆっくり柳沢峠までサイクリングしようと言うのが趣旨。

ツイッターでポツポツ増えたメンバー、蓋を開けるとどうも嫌な予感が。
でも脚力別にそれぞれコースが出来ているので心配はしていなかった。

9台で立川店を出発。
程無く信号で自分含めた前3台が切れるがゆっくり進む。
途中、止まって待つが、、、来ない、、、更に何度か待つが来ない。

どうもルート違いで抜かれたようだ。
ってことで、プロトンを負う小集団3台。2人は流してるつもりだろうがこちとらレッドゾーン、
ローテで中切れしたところで待ち合わせの古里のセブンイレブンに到着。

ここで自分の第一ステージ、いやメンステージは終わった位の脚の使い切り感。

おにぎり二個とドリンクでしっかり補給してスタート。
カズさんは残念ながら奥多摩湖でお仕事へ帰還。

次の道の駅までは8割ペース。

道の駅でパンとドリンクで再スタート、ここからはハッと本日の趣旨を思い出してサイクリング。
景色を眺めて写真を撮りながらゆっくりと。
このペースが後々大成功となるのだったがこのときは何も知らず呑気にサイクリングを楽しんで
いた。

20131010_05.jpg
<yasunariさん、いつも企画からルート引きまでありがとうございます♪>


<終始風の強かった柳沢峠への道>


<17度だったか、風もあってじっとしていると冷えた汗で凍える寒さだった>

風も強くなりガスの出始めた柳沢峠へ到着。
ここから各自それぞれのコースへ散る予定だったが、塩山側は雨予報通り如何に降りそうな
雲行きで猛者たちも引き返すことに。

この時点で何やらきな臭い雰囲気を感じつつも選択の余地なく一緒に道の駅まで下る。
もう当然目的は達成しているので普通に青梅街道を下るのが普通の事だと思うが、鬼たちの
相談の輪からは「普通に松姫経由で」「普通に風張経由で」と意味不明な単語が漏れ聞こえてくる。

で、とりあえず今川峠へってことで直ぐ裏の激坂へ向かう。
ここは10割で走るがズルズル遅れて一人旅。

下った商店で再度補給がてら帰路の打ち合わせ、ここからも普通に青梅街道を下れば何の事は
無いのだが、鬼たちの輪からはまたも意味不明な単語ばかり。どうも頭に入っている地図が
おかしいらしい。

で、とりあえず風張峠へって、おかしいだろ!
終わってんだよサイクリングは!何で帰らねーんだよ!

と心の中で叫びながら「あ、はい(・・)」

湖畔までトレインの後、橋を渡って各自走り出すもK島さんが石を踏んでパンク。
皆が修理に付き合っている隙にyasunariさんと逃げを打つ。

ここも10割。と言えど既に脚は終わっているので気力だけだ。
高ケイデンスで感触の良かった早めの踏み出しをしているせいだろう、膝上が痛み出すが、
たちの悪いのはひざ裏が痛む症状なので気にせず回していく。

途中で全く踏めなくなりダンシングするもこれも続かなくなりふらふら惰性で走りようやく
風張峠へ。この手前のだらだらアップダウンの辛いこと辛いこと。

都民の森に着いた時は普段の何倍も嬉しかった。

カレーパンを食べているとパンク修理組がポツポツ到着する。


<なんだかいつもより看板まで大きく見えた都民の森>

これで終わりと思いきや下りがまた凄かった。
無賃乗車が精いっぱいだったけどなんとか戸倉のセブンまでひっついて行けた。

日頃、この距離だと後半の弱さは人一倍酷かっただけにこの終盤で踏めたのは嬉しかった。
やっぱり柳沢峠の温存が無かったらいつものように脚が攣って動かなかっただろう。

今回は結果論だが、本来は自分の力量を踏まえて終盤まで見据えた力配分が出来るように
したい。まあ、新入社員の時も何度やっても飲み過ぎてトイレ立て籠もってたからなぁ、、、

44歳にしていい加減にそういうの学習しろよなってとこだ。
が、しかし、今回はアレだ、こんなむちゃくちゃな展開は予想も出来るはずもなく、

軽い1次会で終わる予定で始まったら4次会までありましたみたいなもんで潰れても仕方ない。
生きて帰ってこれただけ上出来なのだ。

恐らくこの獲得標高は自転車生活始まって以来の出来事なんじゃないかと思う。

独りじゃ絶対に選択し得ないコース取り、お蔭でこんな達成感と自信を得る事が出来た。
また終始走行ペースや待ち合わせ等々、諸々気を使って頂き感謝感謝です。
学ぶ事の多い秋さがしサイクリングだった。

20131010_06.jpg
20131010_07.jpg

走行距離:201.4km
獲得標高:3,020m

BR6800換装(FP2)

20130922_01.jpg

FP2のブレーキをBR6800に交換した。
LOOK695の9000ブレーキに慣れてくるとFP2の5600ブレーキが効かなくて怖くなってくる。

105も下ハン持ってしっかり掛ければ問題なく効くのだが、9000との差が激し過ぎて2台乗っていると
怖い思いをすることがある。

最新105でも良いかと思っていたが、フォロワーさんのアドバイスで9000形状の6800になった。
その後、ボスのブログでも9000の8-9割の制動力と絶賛されてもいたし、105にしなくて良かった。

20130922_02.jpg

6年間使った105、無塗装金属仕上げのエアロ形状で最新アルテより好きな形状だけどさよなら、
今までありがとう。

20130922_03.jpg
20130922_04.jpg
(シュー位置調整前)

9000系の形状でガッチリボッテリ剛性アップ、機能美デザインか、、、やっぱり好きになれないけど
しばらくしたら慣れるかな。

ブレーキはデザインよりしっかり効いてくれないと困るのでこれでよし、11,500円也。

EDGE500裏ゴム

20130908_01.jpg

失くしてしまったEDGE500の裏ゴムをようやく入手した。
これで雨でも走れるね。走らないけど。

ボトルケージ新調(FP2)


4年半使ったエリートのボトルケージ、今朝見たら急激に交換したくなってきた。
これは確か9千円だかしたけどもうカーボンなんて要らないから1,000円位ので良いや。

20130906_02.jpg

安いのをたまに色変えたりするほうが気分転換になって良い。
どれにしようか。


ブレーキ考察(FP2)

20130904_03.jpg
LOOK695のコンポは9000デュラエース。
車体側の問題で変速性能は105程度だが、優れている点が一つ、ブレーキだ。

これはもう素人にもわかるダントツの効きの良さと掛け易さで下ハンで握ることも無くブラケット
ポジションでも余裕で減速してくれる。
ただ、ブラケットにワイヤーが無くなったのですっぽ抜けが怖くて下ハンを持つことはあるが。

FP2のほうは5600系105のブレーキで、こいつも別に不満は無かったが、LOOKから乗り換えると余り
の効きの悪さに恐怖感さえ覚える。

万が一の時に1㎜手前で止まる事が出来ればぶつかるかぶつからないかの運命の分かれ道となる
と言うのは大袈裟だが、そういうケースが無いとは言えない。

とまあ毎度のごとく言い訳を並べ始めたところで要するにブレーキ換えたいのだ。

ツイッターでつぶやいていたら優しいフォロワーさんからアドバイスを頂いて、5700系105ではなく
6800か9000だと言う事になった。

前後そっくり9000に換えると2.7万円とお高い。
9000と同一形状になった6800アルテの前後が1.2万円程度とぐっとお求めやすい。

20130904_02.jpg

欲しいのはフロント。
リアは今のままでも我慢できるし、いざとなればロックもする。バイクでもそうだがリアブレーキは
他人より強さを求めない。逆に効きの良いのは苦手。

9000のフロント価格を見ると1.5万円。
6800前後セットプラス4千円でフロントだけ9000に出来るのか、これも悩ましい。

むぅ。


連光寺5本(LOOK695)

20130904_01.jpg

4時前に起きるも外は雨。天気予報も1日雨だったので不貞寝。
で、7時に起きるとなんと晴れ。天気予報も午前中は曇りに変わっている。罠かよ。

路面は濡れていたのでゆっくり支度をして8時近くに出発。
5分31秒、5分29秒、6分11秒、5分57秒、拾われず、と、
煮え切らないタイムで連光寺坂を4本終わった所で強い雨が。

槍でもミサイルでもない、ただの水が降っているだけなので走り続けようともう1本上ったが、
シューズの中がグショグショで気持ち悪いのとただでさえ効かない5600系105のブレーキが狂気的に
効かなくなり退散した。

走行距離:41km
獲得標高:519m

S-WORKSシム調整とローミンレンタル(FP2)

20130309_02.jpg
20130309_03.jpg
20130309_04.jpg
仕事を終えてスペシャライズドコンセプトストアへ。
シューズ内のシムが窮屈でクリート側に出して貰うのが目的。

フィッターさんに先日のお礼を言ってシューズを直してもらう。
そしてなるしま神宮店でローミンをレンタル。

明日は都民の森でローミンを試してみよう。
平坦ポジションは文句無しなのでクライムポジションで使えたら

かなり有望なサドルになりそう。

BGFIT行って来た。

20130306_03.jpg
20130306_02.jpg

スペシャライズドのBG-FIT:BODY GEOMETORY FIT INTEGRATION TECHNOLOGYを受けた。
6時間半、いくらも走ってないのに疲れた疲れた。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。