FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパクトナビ



5月の頭には7万円だったSANYO Mini GORILLA NV-SD200DTも59,000円を切るようになってきた。
ワンセグを省いた廉価版Mini GORILLA NV-M200も登場しこちらは今日は
53,700円だ。結構安くなってきたなと思っていたが、クラリオンDrivTrax DTR-P5
45,600円と中身は同一のブランド違いMio C323が37,700円とぐっとお手頃価格。

買うべきか、嫁にKLX250の借金を返すべきか。
スポンサーサイト

斎藤純の”暁のキックスタート”

読み始めてどれくらい経つだろうか、何度も読むのをやめようかと思ったが、
後半はなんとなく面白くなって読んでいたら、片岡義男の小説が引用されていた。

オートバイに乗るよろこびは、とても個人的でしかもぜいたくなものだと、ぼくは思う。
ある程度の排気量になってくると、実用的な価値などゼロに近くなる。
あのすさまじい機械にまたがって風を切りつつ、右に左にリーンしながら走っていく快感にもし実用的な価値があるとするなら、それはライダーひとりひとりの心の内側での出来事に限定されてくるように、ぼくは感じる。


”アップルサイダーと彼女”という小説らしい、今度はこっちを読んでみよう。

ROADRIDER 7月号

 
10年以上前の愛読書だったが、リターン後はカスタムする金もないのでほとん
ど読んでいなかったがZRX特集だったので久しぶりに買ってみた。

韋駄天ネイキッドZRX1200/1100
チューナーのカスタム車両紹介、ヒストリー、パーツガイド等々、内容は
平凡だが自分のバイクなのでそこそこ楽しめる。
写真はノジマのモノサス仕様、んー、こんなふうに走りたい。

特別付録もお約束か'82KZ1000R エディローソンのポスターで決まり、
トイレに貼ろう。



道志朝練



朝5時に家を出て、6時に現着、1時間ちょっと走り込んで9時前に帰宅。

この気合とは裏腹に肝心の走りはぱっとしない。
荷重がどうこう以前の問題で乗れる状態にならない。普段なら1,2往復目あた
りで、あるコーナーを境に”きた”という感じで急に乗れてくるのがパターン
で、それ以降、あーだこーだはじめるのだが、そこにすらいかなかった。

まぁぐちぐち考えるのはやめてまた走ろう。

しかしこの時間の道志はがらがらで対向車もバイクもいなくて走りやすい。
帰りも道の駅から青野までなんと1台の4輪にひっかかることなく走ることが
できた。それどころかスーパーセブンに抜かれたほど。

走行距離:155km
燃  費:17.3km/L
総走行距離:28,405km


追記:ようやく紀伊半島ツーリングの汚れを落としてやった。

泥落とし


林道の泥汚れを落としてやった。
こんなに汚れたのは初めてだった、家の前で洗車をしたら道路が泥だらけに
なってしまった。

すっかり油気を落としてしまったので、ワコーズラスペネ、シリコンルブリ
カント、VGグリース、クレのラバープロテクタントでたっぷりお化粧。

CBR600RR


フルモデルチェンジのCBR600RR国内仕様が昨日から発売されている。
乾燥重量158kg、しびれる。

http://www.honda.co.jp/motor-lineup/cbr600rr/photo/index.html

コンパクトナビ

数あるメモリーナビの中から目星をつけているのは、
サンヨーのメモリーナビ、Mini GORILLA NV-SD200DT
価格は時間単位で下がっていて、今現在は6万円ちょっと。



がしかし、ここでまた新機種が登場、こちらはワンセグを省いた廉価モデルで
今月中の発売らしい。価格は現在のところ5万4千円だが、これからまた下がる
だろう。

林道には地図にない支線も多い。今回の林道でも何度か迷うこともあった。
これが単独では迷うどころか遭難してしまうかもしれない、、、

野麦峠より帰宅



昨日、無事に野麦峠から戻ってきた。
1泊2日、645kmの行程で高速道路を使わなかったのと、雨にもやられ、
慣れない林道が30km近くあったので体感距離は800kmはあった感じ。

今回も林道の楽しさを半分も味わえないほど運転技術の未熟さを味わう
ことになったので、なんとしても近いうちに普通レベルにはなりたいものだ。

野麦峠へ

明日の早朝に野麦峠へ1泊のツーリングへ出発する。
松本の天気は曇りのち雨60パーセントだ。

以前なら迷うことなく中止にするところだが、翌日の日曜日の天気が期待でき
るのと、最近全然バイクに乗っていない禁断症状が背中を押した。

雨天、悪路でも比較的楽なKLX250のおかげもあるだろうか。
黒河内林道を走る予定だが、前日の雨でぬかるんでいると思われるので、少し
でも雨が降りそうなら潔く中止にして、並行する舗装路の杖突街道なり、
最初からルートを変えて奥多摩から柳沢峠や秩父から299号などで向かうこと
にしよう。

今夜もかなり飲まされたので明日の朝の体と天気のコンディション次第。
なんにしてもKLX250で最長走行距離になることは間違いなさそうだ。

予備タンク


オプティマス フューエルボトル750ml スウェーデン製
2,184円

KLX250用に購入した。
先日のツーリングでも2回リザーブにぶちこむずぼらな性格なので、必需品だ。
GSの無い林道ではさすがのVISAカードも役には立たない。

もともと容量の少ないオフロードバイクは、まだ走れるけど念のために入れと
こうなんて感じだと、「はい、590円ね」なんて昔なつかしの原チャリを思い
出させるような額になってしまうので、ついつい、空っぽになるまで走ろうと
いう心理が働いてしまう。

おまけにスタンドのブランドが気に入らないとか、高そうだとか、反対車線だ
とか、セルフじゃないから、、、なんて言って、次こそ、次こそ、、、なんて
先送りにしてしまう性格が災いして、気がつくとバブー・・・とリザーブに
入ってしまうのである。

そうなると結局、人のいない寂れたスタンドで、昼寝していたおっちゃんに
「ち、単車かよ」くらいの顔(勝手に思うだけだが)されて入れてもらうこと
になるのだ。

ちなみにここ最近、車でもガス欠したばかりである。
もちろんリザーブなど無いので、保育園に行く途中に次男ととぼとぼスタンド
まで坂道を1kmも歩いたのだ。
以来、燃料計の針を僕よりも気にするようになり、誰よりも先に燃料の残量
を注意してくれるようになった。
要するにこのいい加減な性格に問題の本質があるわけで、こんな予備タンクを
持っても仕方ないという話もあるが、無いよりはマシなのだ、きっと。

野麦峠

週末は10年近く前に乗っていた車のネットクラブ発足10周年記念で野麦峠へ
宿泊の予定。
すでに車は違うし、なによりここのところバイクに乗っていないので、天気
にもよるがバイクで行こうかと考えている。

入笠山近辺の林道を走り、黒河内林道14.5kmか町道高嶺林道17kmで高藤から
伊奈、2006年2月開通の権兵衛トンネルで木曽へ、木曽街道から月夜沢林道
15.5kmで野麦街道(飛騨街道)野麦峠経由で目的地奈川高原。

天候により全舗装路の選択もあるが、雨が降らなければ月夜沢林道以外は
走ってみたい。

チェーンルブリケーター


2りんかんで発見した。
LUBE-IT-RITE
Motorcycle CHAINE LUBRICATOR
840円

商品を手に悩むこと3分、購入した。

さっそくKLX250のチェーンを清掃、注油してみたが、思ったほどではないが、
まあまあ使える。チェーン以外の部分にクリーナーや油がかかってしまうのは、
新聞紙などで防ぐことはできるが、どうにも無駄にスプレーを使うことになり
なんか非効率的だなぁといつも思っていたので、このパーツで至近距離から
チェーンに直接かかる事で無駄に飛び散ることがなくなるのだ。



こんなもの、いかにも日本人が考えそうなものだが、MAIDE IN CANADAなの
が面白い。

紀伊半島へ2泊3日


5月3日~5日 紀伊半島へZR1200Rで初めてのロングツーリングだ。

【“紀伊半島へ2泊3日”の続きを読む】

ノーズディフレクター


TXモタードのヘルメットにノーズディフレクターを装着した。
正規対応品ではないが、装着可能ということで個人のWEBではよく知られているもの。
Part No.2356 OW・Vクロス2用ノーズディフレクター 840円

オフロードヘルメットが初めてということもあるのか、口まで見えるあの開口
部がどうにも大きすぎて、気になっていた。すこしは良くなるかな。

KLX250車載工具


僕のKLX250は買ったときから車載工具が付いていなかったので、ツーリング
の時はZRX1200Rの工具を持ったり、自分の工具箱から適当な工具を抜き出し
て持って行ったりしていた。

とりあえず、100円均一ショップでレンチ、ワイヤー、ドライバー、ペンチを
買ってきてた。ガムテープの巻いたのも一緒にして伊勢ツーリングで大阪の
けろさんから戴いた工具袋に収めてみた。

オフロードバイクは転倒の機会も多く、本来なら様々な状況に対処できるよう
に、よほど工具類は備えておかなければならないのだが、とりあえずこれで。
あとバイスグリップでも入れておくか。

いずれきちんと必要なものを揃えてバイクに常時積載しておきたいものだ。

軽自動車税納税通知書

税金シーズンで色々な通知書がやってくるいやな季節だ。
ZRX1200R:4,000円 KLX250:2,000円也

紀伊半島から

無事に帰ってきた。
いつもの日帰りツーリングだと、帰ったあとに思い出してもう一度楽しむ為に
レポートを書くようなところがあるのだが、今回の2泊3日のツーリングはもう
それだけでお腹一杯大満足という感じで、レポートに全く手がつかない。

なんかもうぐぐっとバイクとの距離も近くなってより愛着が湧いてきたし、
満たされている感じ。

明日出発

いよいよ明日、紀伊半島ツーリングに出発だ。

5月3日
 相模原~伊勢神宮(外~内宮) 455km、5時間30分(無休憩走行所要時間、以下同じ)
 伊勢神宮~尾鷲(おわせ) 130km、3時間15分 1日走行距離585km

5月4日
 尾鷲~串本(潮岬) 130km、3時間15分
 串本~白浜~高野山~橿原 240km、6時間 1日走行距離370km

5月5日
 橿原~奈良~名阪国道~相模原 520km、7時間40分
 1日走行距離520km

GWの渋滞の中を約1,500km、走り甲斐がありそうだ。
今日はゆっくり荷造り、車両点検をして、ナビで立ち寄りポイントなどを登録しよう。
しかし、10年前のナビなので道路がかなり違っていそうだ。

追記:
チェーン清掃、注油して、ハンドルをちょいとアップ気味に角度調整。
それから忘れちゃいけない各部増締め完了。MRAスクリーンでぐぐっと包まれ
感の戻ったコクピットで安心。

装備>>
イエコンジャケット(インナー付)革パン、プロテクションパンツ、タイツ、ブーツ、タイチグラブ、クシタニウエストバッグ

レインコート(シート下へ)
タンクバッグ(カーナビ)
GIVIトップケース(使用率4割程度)
シャツ、パンツ、靴下、ウィンドストップインナーパンツ、髭剃り、タオル、ホカロン(首捻挫用)、鎮痛剤、ジーパン、一眼デジカメ、携帯充電器、デジカメ充電器、ツーリングネット。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。