FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一発始動

6月の半ばに乗鞍へ行って以来1ヵ月半もZRX1200Rに乗っていない。
今週末はなんとしても乗りたいので、いま恐る恐るエンジンを掛けてみた、、、
バッテリーも無事、エンジンも一発始動だった、ほっとした。
スポンサーサイト

試練

最後にZRX1200Rに乗ってから1ヶ月以上が経つ。

ネクストサンデー、今度の日曜日にバイクにライド、乗れると思って楽しみに
していたのに、なんと、レイニー!雨だっておい!

なんなんだ、何をしたって言うんだ、浮気したわけでもない、ギャンブルで
サラ金に手を出して借金取りが乗り込んできたわけでもない、嫁への借金も
地道に返しているのに、子供を風呂にも入れるし、掃除機も掛けるし、プール
に連れて行ったのにっ!どうなってるんだ!

天は我にどんだけ試練を与えようとしているのか、もう頭がおかしくなりそうだ。

KLX250返済

嫁ローン1万円返済
残額19万円

まだまだだなぁ、、、。保険金が入っても全部返済にまわすようかなぁ、、、。

ひとりごと

今度バイクに乗ることが出来るのは29日だ。
ZRX1200Rに乗るのは1ヶ月以上の間隔が空いているので調子云々ではなく、
乗り方そのものを忘れていそうだ。

保険のほうはその後何も言って来ない。

天気のせいもあるのかもしれないが、ここのところバイクに乗っていないので
生活に爽快感というか、晴々としたところがなく、つまらない。

そのせいか、今月はバイク雑誌をやたらと買ってしまった。勿体無い。

んー、なんかつまんない、早くバイクに乗りたい。

仮面ラーダー電王 ホンダドリームRT


いよいよ8耐だ。
息子たちに見せたら食いついてきた。何度説明してもこの8耐マシンがTV番組
に登場すると信じて疑わない。

teamgreen


今日はおとみさんからTシャツをもらった。

ナビ

ジェームスでサンヨーミニゴリラとマイタックC323を触ってきた。

ほんの15分程度の操作なので、細かい点はわからないが、予想に反してC323
のほうが使い勝手が良かった。

縮尺を変更するのにミニゴリラは一度メニューを起こさなければならずツー
アクションなのだ。C323は常に+と-のキーが表示されているので一発。

個人的に縮尺をちょこちょこいじるクセがあるのと、バイクの場合は操作時間
があまり取れないのでこの違いは大きいかもしれない。
(もしかしてミニゴリラも設定で縮尺キーの常時表示ができたりして・・・)

あとはC323は地図表示に標高が反映されている点だ。
平地は白で、緑、茶色と標高に応じて色が変わっていくやつ。
山添いに林道を走るようなときは、上り坂、下り坂が容易にわかるし、ルート
設定でも感じがつかめて便利。もちろんオンロードのツーリングでも便利。
これはカーナビを選ぶのにも常々重視していた点。

問題は画面表示が高解像度なので、それに応じて字やキーが細く小さいので、
グラブで操作できるかどうか。
これは指の先になにかポッチをつければ済むことか。

もし、マイタックにするとなるとここで新発売のC325と迷うことになる。
こちらはインクリメントPに対して昭文社のSupper Mapple Ver7.0が搭載さ
れて、単に新機種という位置付けではない感じがする。
ver.8じゃないところも引っかかるし(昭文社のHPには動作保証機種として
C325が掲載されてはいるので自分でバージョンアップは可能のようだが)。

いずれにしてもC323の通販最安値が36,800円なのでぐっと買いやすい価格に
なったものだ。

4ヶ月

転倒から4ヶ月以上経過した。
肩も膝も痛みは残っている。膝はいまだにちょっと距離を歩いただけで痛く
なり、とても登山などはできそうにない。

1ヶ月もすれば治ると思っていたのに困ったものだ。

治療費や通院日数に応じた慰謝料が支払われるのだが、もうきりがないのと、
治療効果が認められないので中止にすることにした。

保険会社に申請書類を郵送した。
いくらくらい保険料が支払われるのだろう、修理代くらいにはなるのだろうか。


上が2008年モデル、下が従来モデル。
どちらかと言われれば、ピンクのチェックの・・・
じゃない、新型のほうが好みだろうか。

1999年の登場以来、初めてのモデルチェンジだそうだ。

排気量は1299ccから1340ccへ拡大。どうせならあと11cc足してGSX1400
とすればよかったのに、そうしないところにsuzukiの良心を感じる。
ちなみにライバルZZR1400は1352cc。

これだけカウルの面積が大きいとで乗ってみたい気もする。


http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/moto/supersport/hayabusa1300/spec.html

関係ないが、隼のエンジンをZRXに積んだとんでもないバイクもある。
これこそ一度乗ってみたい。

1ヶ月間

ZRX1200Rに最後に乗ったのは先月の13日に野麦峠。
なんと1ヶ月も乗っていない、、、これは買ってから初めてかもしれない。
明日も天気が悪く乗れない。

決まっているのは29日(日)のZZR1400とのツーリングのみ。楽しみだ。

MULTITECH



SHOEIから、海外で先行販売されていたマルチテックが国内で販売された。
がばっと顎の部分が開くこういうヘルメットをシステムヘルメットと呼ぶそう
で、ドイツなどヨーロッパで人気があるらしい。

そのドイツを代表するバイク雑誌MOTORRADで12メーカーのシステムヘルメット
を比較テストでダントツの1位に輝いたという代物。国内モデルはさらにハイ
スペックだということだ。こういうところに弱い。

ジェットヘルの快適性と、フルフェイスの安全性を兼ね備えた理想のカタチ。
ちょっとペットボトルのジュースを飲むのにも、一眼レフを構えるにもかぱっ
と開ければ済むのだ。
メガネをかけていると、ちょっとヘルメットを脱ぐのもとても面倒なのだ。

さらに、最近気になっているのが、頭頂部の髪が薄くなってきていると嫁に指摘
されたことだ。
ヘルメットはきつめのサイズを選んでいるので、髪の毛がぐぐっと下に引っぱ
られる感じで、頭頂部がいつも引っ張られているような気がしていたのだ。

なので、こういう脱着回数が減るようなヘルメットは良いのではないだろうか。

先日の転倒で、ぶつけてしまったRX-7RR4は購入後2年半経っている。
一般的にメーカーが言っている寿命は3年なので一度ぶつけていることを考え
るとそろそろ考えてもいい時期だ。

バイクに乗り始めてずーっとアライ信者なのでSHOEIは買ったことがないのだ
が、アライにシステムヘルメットが無いので選びようが無い。

問題はデザイン。
はっきり言ってRR4のほうが100倍好きなデザインで、リターン前には冗談でも
選ばないラインだが、リターン後はGIVI箱といい利便性のためには見た目は
気にならなくなってきているのだ。

ちょっと実物を触ってみるか。

馬力規制

今日まで知らなかったが、先月の末に馬力規制が撤廃になっていたようだ。
リッターバイクは100馬力、400cc、250ccも50だか40馬力だというあれだ。
(全部で10段階もあるらしい)

僕のZRX1200R、A5の国内仕様は95馬力でマレーシア仕様は125馬力。
これもこの規制のせい。
その昔の排気量規制ではGPZ900Rが国内ではGPZ750Rになっちゃうなんての
よりは良いが、それでも30馬力も落とされる。最高出力を落すことによって
低中速を厚くできるメリットもあるが、まぁとにかく最高出力は落とされる。

ZRXなんてかわいいもんで、CBRなんて国内の94馬力に対して輸出仕様は170馬力超えているんだからもう別のバイクじゃなかろうか、乗ったこと無いので
よくわかんないけど。

この規制撤廃で、わざわざ遠く海の向こうのマレーシアなどにバイクを送って
また日本に戻すという逆輸入なんて馬鹿なことをしなくてすむようになる。
でもって、250ccでも十分速いバイクが売られるようになる。

と、思われるが、これは今後やってくるあの恐るべき音量規制との兼ね合いで
どうなるかはわからないだろう。もしかして今より下がったりして、、、。
いや、きっとそんな気がする。

だから、どうせ馬力上げられないんだから、なんてことでお役人が撤廃に応じ
たんじゃなかろうか。

牛肉の細切り炒め丼



雑誌培倶人の連載ギガ飯シリーズ、8月号は横浜の秋葉屋市場食堂。
中央市場内で働く人達の胃袋を支える食堂だそうだ。

取材の記者はこの直径21センチのどんぶりの半分を残してしまったそうだ。
写真は(大)で850円、そして御飯1.3kg!の特大はプラス100円の良心価格。

ここもいつか行ってみよう。

メガネ


バイク用に新調したメガネが出来上がった。
レイバンRB8536にアクアブルーのレンズで濃さは30にしてもらった。
気持ち、色を入れようと思っていたのだが、思ったよりは濃かった。
が、サングラスとしては役に立たないほど薄い色なので、中途半端といえば
中途半端。でもこれなら夜でも大丈夫そうなので夏場のツーリングは掛けっぱ
なしで良さそうだ。

GSX-R1100



死ぬまでに絶対に乗りたいバイク。
GSX-R1000じゃなくてあえて1100に乗りたい。

ドラッグレース



日曜日にツインリンクもてぎで開催予定だったBERC DRAG第2戦が台風で
中止になってしまった、、、。

ずっと楽しみにしていたのに、泣ける。前売りチケットを買わないでい
たのが唯一の救いだ。

陸に上がった・・・



今日は振休だったが、生憎の空模様でやることがない。
ライコランドのセールに行こうかと思ったが、開催は今週末からだった。

ヒマなので早めに子供を迎えに行って遊ぼうと思っていたら、もうひとり
陸に上がった河童ならぬ、雨降りのバイク乗りndさんが車ですぐ近くの2りん
かんにいるとのこと。
ヒマ人同士、バイクに乗れぬ愚痴と、どこだか北の大地で美味いもん食って気
持ち良く疾走しているBB1さんの悪口を言い合って別れた。

いや、ndさんはヒマ人ではなくて、かわいいナースさんとデート中だった。

セールハガキ



NAPS、2りんかん、ライコランド、巷ではセール真っ盛りらしい。
また何も買えないなぁ、、、賞与減額の影響は大きい。

仮面ライダー世代



うちの息子たちは毎週1回の仮面ライダー電王をHDDに落として何度となく繰り
返し見まくってその後の1週間を過ごす。

今回気が付いたのだが、コマーシャルがホンダのバイクコマーシャルなのだ。
確か、この種の番組のCMは、変身ベルトやキャラクターのウィンナーとか、
そんなものばかりだと思っていたので、意外だった。

もちろん、小学1年生にCB1300を買わせようと言うのではなくて、一緒にテレ
ビを見ているであろう、我々、親の世代への宣伝なのだ。

とーちゃんもバイク乗れんのかよぉ。
よし、これでとーちゃんも、電ライナーからジャンプして、フロントサスフル
ボトムで着地して、ウィリーしながらイマジンをやっつけてやるぜ!
なんて子供と約束してバイクを買うのだろうか。

しかし、相変わらずぱっとしないバイク業界にとってはバイクブームをリアル
タイムで体験して、当時は学生などで欲しいバイクを眺めているだけで、今に
なってようやくバイクが買えるようになった世代のくすぶった火種をあおるこ
とは手っ取り早い宣伝なんだろうな。

そういや、仮面ライダーレプリカなんて出してくれれば良いのにな、どうして
ないんだろう。

じじいになったら



この先いつまでバイクに乗り続けられるかわからないが、最近なんとなくじじ
いになってからのライダーとしての自分を想像することが多くなったような気
がする。何故だかはわからない。

どんなバイクに乗っているのか、はたまた今の体力から想像するに、とても
バイクに乗れるような体ではなくなっている可能性もあるわけだが、、、

乗りたいバイクはころころ変わるが、最近結構続いているのがDUCATIのclassic
シリーズだ。
最近は4輪のアメ車でもお馴染み、往年の名車スタイルを現代のテクノロジー
で、、、というやつだ。

思えばZRXだってローソンレプリカのレプリカみたいなもんで、どうも僕は
そういうそうのに惹かれるようだ。

Vガンマ

 
今日は学生時代の友人が家を建てたというので新築祝いに宇都宮までドライブ。
東京と違ってスケールの大きな土地には車が5台駐車できる、おそるべし。

彼は普段はカート専門だが、休日はエボでサーキットで遊んでいたりする。
で、何故かここでV型のガンマを買ってしまい、明日の名義変更を待つ状態。

近所をくるっと乗っただけだが、やはり作る目的が違う、ZRX1200Rでコーナ
リングがどうこう言ってるのが馬鹿らしくなるほど、ヒラヒラ、クルリンと
曲がる先を見る前にバイクが曲がっていく感じだ。

これから一緒に走ることになるだろう、楽しみだ。

 

息子たちの大好きなスポーツカー(リアスポの有無だけが唯一の基準)のコク
ピットで大喜び。


MOTO NAVI No.29



どうしても読みたくてamazonやセブンアンドアイで探すも何故か売っていない
ので、出版社に直接注文してしまったものが届いた。
”大人のモーターサイクル・スタイル誌”という通りなかなか面白い。
80年代のバイクブームを経験した世代を対象に書かれた記事が多いので、
とても懐かしい話が多い。

降らず

今週末は雨だろうと別の予定を入れてしまったが、今日は雨は降らず薄日も
差す始末で、結果的にはバイクに乗れた、、、あぁ、乗ればよかった!

と言いたい所だが、人間のほうがとてもそんな状況じゃない、乗らずに良かった。
2,3日前にやったビリーズブートキャンンプで体中が痛いのと、なにより虚脱
感で、とてもバイクに乗れる体じゃない。歩くのもえっちらおっちらという感じ。

しかも、30分で脱落して、当然その後も何もせず、たったのその1日目の30分
だけなのに、、、。なんて軟弱な体なんだろう。

XROAD



今月下旬にまたコンパクトナビが発売されるようだ。
今度は韓国トップメーカーのXROADから。スペックは4.3インチ、SDカード2GB
で、検索機能など細かいところに細かい違いはあれどスペックはほぼ同等。

しかし、価格はとりあえず実売59,800円ということなので、3万数千円のC323
やサンヨーミニゴリラと比べると競争力は無さそう。

韓国メーカーらしく、3万円を切るくらいのパンチ力のある価格で殴りこんで
欲しかった。液晶テレビ界のように。

タイチのセール

昼休みにタイチのセールを覗いてきた。
恒例になっている5割引の型遅れグローブを買いに行ったのだが、なんと今回
は置いていない、、、。

TECH2の現物があったが、まさにオフブーツを短くしただけの作りで、タフギ
アなどのあの手のブーツと比べると頑丈で重かった。

コンパクトナビの現物が操作できるようになっていたので、飛びついたが、
本命C323だけが、何故かPC通信中の画面で固まっていて操作できず、、、。

店内をぐるっと見てみたが、割引率的にもぱっとするものは何も無かった。
休日を使って行かずに良かった、時間の無駄だった。

メガネ


1年程前に子供に踏んづけられてレンズの縁がボロボロに欠けていて、フレーム
も曲がってしまったものをずっと使っていたのだが、先日ツーリング先で鼻に
あたる部分が片側もげていまいいよいよ買い換えることになった。

先日の事故の件で保険代理店と話していてわかったのだが、別の保険でメガネは
OKというので費用負担ゼロ。こんなことならもっと早く新調したかったのに。
おまけに子供がコーンスープをこぼして瀕死状態のノートPCも保険で直せると
いうので嬉しい。さらにバイク事故の通院に対しても1日2,000円くらい支払わ
れるというので驚き。もちろんバイクの保険とは別に。

で、少し気の大きくなったところで、メガネを2つ作ってしまった。
1つは今までと全く同じ物。
そして1つはバイク用で、Raybanの度付き、色付きを作ってみた。

最近、瞳孔の反応が明らかにとろくなってきていて、西伊豆の海岸線を走って
いると、綺麗に思えたキラキラした海岸線が、ギラギラ眩しく感じたり、
東京のトンネルのように、出口が近づくにつれて照明が明るくなったりして、
気を使ってくれるわけじゃなく、照明無しのトンネル抜けてガツンと夏の陽射
しなんてときにクラクラするので気になっていたのだ。

偏光グラスや、陽に当たると色が濃くなったりするようなレンズはレンズだけ
で3万円だそうで、却下。普通に色を着けてもらった。
色は店内で合わせているのでどうなるか具合がわからないので心配だ、もう少
濃くすれば良かったかな。出来上がりは土曜日。

この金を使わずにナビにまわしてしまえばよかったかと少し後悔中。

やよい食堂

船橋のtakeさんがぼんちと大盛つながりで教えてくれた千葉のやよい食堂

写真で見ただけでお腹いっぱいになる。
もはや「いっぱい食べたい」というよりは「美味いものを少しで」という年齢
になっているのだが、何故か大盛系は本能的に惹かれてしまう。

これでも昔は大食いで知られていて、定食屋やファミレスなんかでは必ず2人
前注文していたのだが、すっかり食が細くなった。
不思議と食べなくなってからのほうが体重は増えているが。

これを目的に行くにはどうかと思うが、ツーリングルートに乗るようだった
ら是非とも立ち寄ってみたい。

昼飯に



甲府にあるぼんち食堂ってのはツーリング雑誌に載っている
とんかつはじめ並にラーダーの間で有名らしい。
検索するとツーレポページがたくさんかかってくる。

そのうち寄ってみたいな。

RSタイチのセール

7月6日から16日タイチのサマーセールが開催されるそうで、500円券とともに
チラシが郵送されてきた。
欲しかったTECH2が22,491円だが、全く金が無いのでチラシを眺めるだけだ。

ETC割引 新制度(社会実験)

日曜日の謎のETC割引はETCのエラーでもなんでもなく、社会実験のひとつだ
とゆうさんが教えてくれた。
社会実験といえば双葉SAから直接一般道に出られるようになったくらいしか
知らなかった。




>休日渋滞ポイントにおける時間帯料金割引の社会実験
>平成19年6月24日より
>日曜・祝日に首都圏の渋滞ポイントを含む区間に指定された入口IC及び
>出口ICを利用し、入口ICまたは出口ICのいずれかの料金所を20時~22時
>に通過すれば5割引になります。

ということで、何も知らず通勤割引を諦めていた昨夜の僕は21時過ぎに
長坂ICから入って八王子ICまで3,000円のところが半額の1,500円になった
ということだ。
もちろん渋滞を避けようと思ってこの時間に通行したわけで、実際に渋滞
に巻き込まれていない。

渋滞に巻き込まれたんだから半額お返ししますという意味なのか、
走行時間を拡散させて渋滞緩和させるという意味合いなのか、
はたまた、半額なら渋滞でもいいやとかえってこの時間に集中するのか、
よくわからないが、僕にとっては大いに歓迎すべき制度で、是非実験など
と言わないで正式な割引制度として欲しい。

今回の割引のポイントは100kmという枠が無いのと、5割引ということで、
例えばスキーで湯沢からの帰りで練馬ICなんて場合は還元額が4,600円の
半額で2,300円にもなるということで、額が大きいのと深夜の割引などと
違って身近な時間帯に利用できる点だ。

毎週のようにスキーをしていた貧乏学生時代にこの制度が欲しかった。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。