FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一難去らずに・・・(FRETTA)


雨が降ってきた。
明日の朝はロードバイクに乗れそうに無いので夜更かし決定。

ハンドル周りを仕上げるかと思ってストックボックスを見てみると、、、
PECOさんから頂いたLXのシフターとディレーラー、パラレルリンクのブレーキ、ノーマル
のブレーキはあるのだが、ノーマルのブレーキレバーが見当たらない。

そう言えば全く見ていない。
LXに交換したときに一緒にしまっていなかったのか、、、、

1号車からLXを外すとして、1号車を元に戻すのに探さないといけない。
しかし何処へやったのだろう、全く記憶が無い。

1号車はノーマルグリップなので外すのが面倒なんだよなぁ、、、。
スポンサーサイト

今日はここまで(FRETTA)


アルテグラクランクのチェーンリングを外そうとしたが噂に違わずとても固い。
ペグスパナを当てながら回そうとするもびくともしない。

FRETTAのノーマルクランクなら幾らでも力を入れられるが、新品アルテクランクを
前にこれ以上のトルクを掛けろというのは臆病な自分には無理。走る前に傷物に
したら泣くに泣けない。

それに取り付けようとしたPOWERTOOLSのチェーンリングがガイド無し、、、
注文したのはガイド付きなのでどのみち今日は組めないのだ。

お花茶屋にその旨連絡してKCNCのチェーンリングボルトも共に注文した。
あと継ぎ足し用にピットにあったチェーンの残りを取っておいてもらってあったのも
同梱されていなかったので、それらも含めてお花茶屋に輪行で行こうと思う。

このトルクスは素人には危険だ。
ってことはFP2のほうも外しにくいんだろうなぁ、、、やっぱり自分でやってみるかなぁ、、、

いややっぱりお花茶屋で主治医に外してもらう。
こんなことなら最初からやってもらえば良かった。

とりあえず作業はここまで。あとこのボディにクランクブラザースのペダルは似合わない
ので別途用意する必要がある。

アルテグラグレード最軽量の片面SPDにしてみるかな。

FRETTA2号(仮称)大地(リビング)に立つ(仮止めスタンドで)


ヘッドパーツを組むのにすらわからない事だらけで一苦労、ようやくステムを組んで、
SLXをタイレルに組んで、前後スプリングとスタンドを移植してなんとか自立。

ヘッドパーツをどこまで締めこんでいいかわからずとりあえず固定。規定トルクが知りたい。
スプリングは移植したものの、固定ボルトなどスモールパーツが無かったので今までの
FRETTA用に調達が必要だ。

さて、次はブレーキ移植だ。

FRETTAが来た!(FRETTA)


お花茶屋から待ちに待ったFRETTAが送られてきた!


うおぉ!デュラエースBBやんけ!アルテグラクランクかっちょええやんけ!

んー、ちょっと簡単に組めなさそうだなぁ、、、尻込みしてしまう。
なんか間違えて取り返しの付かないことしなきゃいいけど、、、。

朝尾根(FP2)


パールのインナーがそこそこ良かったのでなんとなく腰が軽く早朝ライドへ。
些細なことで寒い中を走る垣根が低くなるものだ。

いつものようにヒートテックタイツに夏用上下ジャージ、上のインナーはパール、その上に
モンベルのウィンドブレーカー。手袋はいまだにパールのUVロング。

多摩CRまでアップ、橋二つ走って是政橋から連光寺坂へ。
3本、すべて5分30秒前後。もうお腹一杯で尾根幹線へ、高速、登坂のインターバル。
相変わらずロードバイクが多いのでダレずに適度な刺激があって練習向きの道だ。

ポタでは意識もしない太ももの筋肉がようやく意識の中に入ってきた。腰周り、付け根の
あたりも使っていることを感じられるようになってきた。

嬉しいことに膝に痛みはこない。
膝を気にせず走ることができるのがとても嬉しい。

しかしまだ前回のトラウマでロングを走りたく無い。ひとたび痛めたらまた1ヶ月以上を棒に
振ってしまうのだから。

獲得標高も760mにもなったし、疲れたのもあって9時で帰路へ。

走行距離:61.6km





久し振りのSERFAS SL-3が嬉しくて、今日はシマノのパノラマハイマウントシステムをパクッ
てSERFASパノラマツインライトシステムを構築。

左右フラッシュ効果は1点点滅に対して左右の動きが出てきて予想外に存在感がウザく
高く、ドライバーへの迷惑度アピール度もひとつ高くなった気がする。
ツインメーターに加えてツインライトのコクピットもより一層のウザさ。
んー、時代はツインだ。

しかしこんなのシンプル軽量志向の人が見たら眉をひそめるだろうな。

これの良いところは斜め前方からの被視認性が損なわれないこと。
右側1灯だと、ハンドルを持った右手に邪魔されて右前方への光が遮断されてしまうが、
右前方からは左側ライトが見える。

事故で多いのは右直や左からの車道へ出る際にドライバーに自転車の存在が認識されて
いないことが多いので斜め方向から如何に良く見えるかが問題だ。

事故だと乗れなくなるのが1ヶ月どころではなくなるかもしれないので気休めでも出来ること
はやっておこう。

FRETTAがやってくる(BIANCHI FRETTA)



お花茶屋の主治医のところに入院していたFRETTAのフレームにキングのヘッドパーツと
デュラエースのBBとアルテグラクランクが装着されて明日の朝到着予定だ。

先日ワイズで購入したCLARKSのケーブルとTOKENのチェーンリングボルト。
更にPOWAERTOOLSで60T化、SLXのカセットにKCNCの軽量シートピラー、非アジャスタ
ブルハンドルポスト、スペシャライドのグリップにPECOさんから頂いた9速シフターにディレ
ーラー装着、20インチタイレルホイール移植でスペシャルFRETTA完成だ。

こんな作業やったこと無いけど無事に出来るのか心配だ。

SERFAS SL-3


”凶悪な”と言う表現も当てはまるLD20や真暗闇のCRも安心のジェントス閃もデザ
インやバッテリー寿命などで普段使いには使い難い点があるのも事実。

気軽に使えてベストバランスなライトはやっぱりこいつしかない。
行動範囲のショップでは見掛けないので通販で再度購入、2個も買ってしまった。

SERFAS SLIM LINE LED HEADLIGHT SL-3(2,360円)
薄型デザイン、ゴムバンド固定なのでさっと外せて外した後に台座が残らない。
真横からもLEDが見える。3LEDそれぞれが独立したリフレクターとレンズカットで照射
パターンもなかなか。連続点灯で120時間のロングライフなので玄関から玄関まで点
け放し可能。点滅のフラッシュ具合が絶妙。

こいつが無い間、随分寂しい思いをしたがこれで安心。
これがスタンダードで常に装着しておいて、状況に応じてLD20やジェントスを追加する
感じで最凶、いや最強。

朝尾根(PINARELLO FP2)


ものすごく久し振りの早朝ライド。
水曜日に買ったパールのインナーテストも兼ねて1時間ばかり尾根幹線と近所の
坂を何本か。

パールのインナーはサイズはLで良かった。
サイズチャートでは胸囲やウエストはS、身長はLという、どうやって選べばいいんだ
というサイズ難民なのでいつも迷う。前回のナイキはSでちょうど良かったが、今回は
純国内メーカーなのでMにしたが、買う直前に店員さんが封を開けて肩に当ててくれ
たのでLに選びなおす事が出来た。対面販売バンザイ。
通販向きではない体型が恨めしい。

汗をかいてからさらっとするまでは一般的な速乾素材より冷たく感じたので失敗かと
思ったが割と早くさらっとするのでまあまあ良さそう。気温6度だとやはりウインブレは
最初の10分で邪魔ものに。

そのうちモンベル製品も試してみたい。

肝心の走りのほうは短い時間ながら充実。心拍は不明ながら推定160拍で朝から気持
良い運動が出来た。真剣にダンシングしたのなんて何ヶ月振りだろうか。

走行距離:19.7km

パノラマハイフラッシャー(子供用ライト)


シマノのカタログを見ていたら凄いものを発見した。
7970DURAのDi2が、、、ではなく、キッズバイク用ライトシステムだ。

==============================================
ドライバーからの被視認性向上「ハイマウントライトシステム」
●高齢化のため、ドライバー自信の視力が落ちている。
●反射板はヘッドライトの光を反射することで効果を発揮。
 でもヘッドライトがオフの夕暮れ時には・・。
●無灯火、右側走行、蛇行運転・・。、予測不能な子供たち。
●低い位置で点灯するフロントライト。
==============================================

ハブダイナモを電力源としたライトシステム。
目新しいのはハンドルの変速レバーにLEDを仕込んだハンドルポジションライトだ。

それにリアフェンダー後端に装備されたハイポジションテールライト。
JIS対応自転車テールライトで、後方、左右、上方の4方向照射で常時点灯。

子供用で大切なのは自動点灯という所なのでこういったスイッチレスシステムは
素晴らしい。単純に機能だけならハンドルにアフターマーケットの点滅式ライトを
付けた方が光量も上だろうが、ライトは点灯しなければ飾りにもならないので、
やっぱり子供にはこいつは良さそう。

ブリジストンも今時何の新しさも無い自社製の点灯虫なんてやめて第3回キッズ
デザイン賞受賞のパノラマハイフラッシャーを装備して欲しい。

ちなみにこいつは単品で部品が出るようで、テールライト接続用のLEDポジション
シフター2,345円、左のポジションライトが1,496円、24インチ用のフェンダーテール
ライトが3,904円となっている。

クロスファイヤージュニアのハブダイナモの発電量でこいつらを追加できるのか
わからないが、デコチャリを極めるために、いや、子供の安全のために装備したい
気もする。


よく見たらLED付きシフターセットというのが通勤・通学のベストセラー云々とライン
アップがあるので、これからはママチャリにもこのLEDシフターが導入されて行くのだ
ろう。昨夜も無灯火高校生の多くて怖かったので、少しでも無灯火が減ることになれ
ば大歓迎だ。

オートバイだって常時点灯になったんだから自転車だって常時点灯にしちゃえばいい
んじゃないだろうか。

夕暮れ多摩川CR(FP2)


カズさんが風張林道でオールアウトしたと聞いた。
オールアウトなんて、すっかり忘れていた言葉だ、しびれる語感。

3時出走では山は無理だ。まだ膝の痛みがぶり返すのも怖い。
今日のところは平地で勘弁してやる。




あっという間に夕暮れだ。
今日はHeadLuxデビューだ、頭頂部は恥ずかしいので右サイドに取り付けてみた。

テールは610、前照灯はLD20とジェントス閃で車道も安心。
車道は気持ちは45km/h巡航を目指しながらメーターはずっと30km/hちょい。

それでも膝を痛めて以来初めての強度で回した。
ワイズの環八へ寄り道、すっかり模様替えした店内は品数も多く、何時間でも見て
いられそうだったのでBBBのベルを買ってさっさと店を出る。





復路も車道を走るが家路か帰社を急ぐ車で結構怖い。
CRのほうも無灯火自転車と真黒歩行者でかなり怖い、まあ向こうも怖いんだろうが。

車道とCRを行ったり来たりしながら走った。
最後はまたワイズへ。どんだけワイズが好きなんだか。



パールのアンダーウエアとクラークスのケーブル一式購入。

今日は道中1度も膝に痛みは無し。
次はもっと踏んで行こう、やっぱり楽しいロードバイク!

走行距離:72.6km

寒い、、、


FP2に乗りたくて早寝をして朝5時起き。
トーストに熱い紅茶で体を温めるが、5分、また5分と時間が過ぎて、、、
アンダーのタイツと靴下だけ履いた間抜けな姿でPCに。
次は走るぞ。

乗れず!

夕方5時から時間が取れたが悲しいがな外は既に真暗だ。
夏ならまだまだ走れるのに、、、冬は寒いし日が短いし、軟弱ローディには辛い季節だ。

フレーム発送(BIANCHI FRETTA)

フレームをお花茶屋に発送した。
BBとクランク、ヘッドパーツを装着してもらおう。

納車初ツーリング(BIANCHI FRETTA)


長男の新しい相棒、ブリジストン クロスファイヤージュニア点灯虫モデル24インチが
納車された。自転車、ヘルメット、ライト類一式全部おばあちゃんからのプレゼントだ。


新旧交代、今までは頂き物のブリジストン20インチで10年以上前の物だが、さすが
はBS製か、雨ざらしだがまだまだ十分に乗れるので次男が引き継ぐことに。

が、しかし、次男にはまだ少しばかり大き過ぎたようで上手く乗れないことが判明。
急遽ライト類を今までの自転車に移し替えて出発。



ヘルメットとのコーディネイトではこの自転車のほうが似合う。
この赤い14インチは3年前にこうき兄ちゃんからプレゼントされたもの。
サドルを一気に10cmほど上げて'パナソニックのテールランプを装着、フロントには
ランドヌール公認のジェントス閃を養生テープでぐるぐる固定となかなかマニアック
な仕上げ。


いざ多摩川CRへ!
四ツ谷橋の坂も今までのはギアを使いきっていたのが3枚残しで軽々上れるそうで
颯爽と走る。シングルギアの次男は坂と言う坂は全て押し歩きなのが可哀想。

学校の行事で出発が遅かったので気温も下がってきた。はしゃぎ気味の長男に合わ
せてペースも早目で次男のテンションは下がり気味。



夕日の多摩川は綺麗だ。遠出の帰りだろうかロードバイクにビュンビュン抜かれる。
途中長い距離にわたってセンターラインが消されていたが何かやるのだろうか。



途中で信号無視をしそうになったのを怒られて半ベソ。
カメラを向けても泣き顔を撮らせないよう下を向いてしまう。



いい加減寒くなってきたのでコンビニで補給し暖を取る。

そこで本日の目的である府中のトイザらスでベイブレードを購入。
途中あまりのテンションダウンに何度も「もう帰ろうか?」と聞いてもこの為に半ベソ
かきながら諦めずにペダルを回してきたのだ。
多摩川を走るロードバイクの誰よりも高ケイデンスでペダルを回し続ける後姿は健気
でもある。



復路はまたもナイトラン。
親子3台でピカピカ、親もFENIXのLD20とキャットの610なので3台で走っているとウザ
イくらい。

残念だったのはハブダイナモ点灯虫の照度がイマイチで前輪車軸に取り付けたパナ
ライトに完全にかき消されていた。パナライト改めて優秀だ、すっと伸びる光軸が面白
いのかハンドルを左右に振って蛇行するのが困るほど。
これなら点灯虫モデルにしなくても良かったか。





多摩CRのナイトラン。とても寒くなってきたので次男に親のフリースを着せた。
目当てのベイブレードを手に入れたので復路はテンション持ち直して面白がって
走っている。



コンビニのほっとレモンティーで暖を取る。



最後はファミレスで夕食。
いつになく美味そうにがっついていた。いつものようにチャージすると急に元気になって
次男は大声で歌をうたいながら残り3kmを快調に走りきった。

なんだか40kmくらい走った気分だが実際にはその半分。
14インチシングルギアではこれがひとつの限界かもしれない。

お下がりの20インチに乗れるにはあと半年はかかりそうだ。

走行距離:19.9km

ロードでGO(PINARELLO FP2)


子供の学校行事の関係で空き時間は2時間、もうゼイゼイ禁断症状が出てきたので
とにかく走りたいが山はまだ無理なので、尾根幹へ。

多摩CRをインナークルクル、入念にアップ、超久し振りの連光寺坂でゼイゼイ、
5分30秒くらいで思ったほど悪くは無い。

そのまま尾根幹をゼイゼイペースで走る。
久し振りに筋肉の存在を意識した走り、サドルを戻したのも良い方向に働いて昔を
思い出しながら走った。

無理せず休憩を取りながら。
息子たちが食べていたのを見ていたせいか無性にアイスが食べたくなり、パクリ。



残り1時間、やはり膝に違和感が出てきた。痛みと言うほどではないのでなるべく
膝を使わずにゼイゼイして走った。



秋空の下、絶好のロードバイク日和だ、走行抵抗の少ない車体で風を切って走る感覚
はロードならでは、気持ち良かった。

早く奥多摩にも行きたいものだ。

走行距離:42.4km

納車(BS クロスファイヤー)


来た!生産待ちだったクロスファイヤージュニアがやってきた!
ロードバイクの梱包より遥かに大きなダンボール梱包だ、無駄にでかい。
送料は1,050円だが、これをまともに払ったら幾らになるのだろうか。

明日乗れるかな、楽しみ楽しみ。

子供用自転車ライト装着


GIRO FLUMEと同時に購入した子供用ライト。

選択基準は自動点灯。
今回はPANASONIC製自動点灯ライト”かしこいランプ”シリーズから3点をチョイス、
Panasonicの製品は恐らく初めての購入だ。
http://panasonic.jp/cyclelight/product/kashikoi.html
http://panasonic.jp/cyclelight/product/tail.html

まずは実力拝見、謳い文句のワイドとは違いスポット気味のヘッドライトは色味もクール
で明るくて良い感じ。もっとワイドでも良いと思うが感度も良いし十分合格。

横長タイプのテールライトのNL-920Pは3LEDながら角度のある配光で光量もまあまあ。
それに引き換えこれより後発のNL-921Pが何故かとても暗い。

夜になってPASのリアに装着したものの余りの暗さに却下、しょぼ過ぎて付けていない
ほうが良い。
純正装着のソーラー充電シングルLEDのほうが明るいというお粗末さ、どうしたんだろう。





昨日のポタで寄ったハンズで思いもよらずペダルライトを発見した。
高価だが配色まで気を使った本命PEDALITEもあって、さすがはハンズ。
喜びながらペダル軸を回してみると、、、がくっ、暗すぎる。良かった通販で買わなくて。

そこで千数百円の子供用を試してみると十分明るい。
色が赤とオレンジで赤のほうがほんの気持だけ明るいのだが、一応前方向に赤色を
照射するのは抵抗があるのでオレンジにした。



先日買ったばかりのダイナモタイプは撤去、かしこいランプ装着。
なかなかスマートになった。

テールもサドルと一体化してスマート。ロードバイクもこれくらい綺麗に収まって欲しい。

ペダルは10年来の固着状態に苦労して写真を撮り忘れた。



HeadLuxを装着したヘルメットを置いて撮影。
後方から、3連テールは被視認性抜群、正直うざい。
正面からもPANASONICのライトが良い具合に照射、設置位置も低いせいか、十分に
路面も照らしている。これは正解だった。



迷惑な父親に命令されて風呂上がりに夜間試走する息子たち。
デコチャリ寸前、電飾チャリ寸前だが、ギリギリセーフだろう、これにスポークライトを
装着すればちぃっとやり過ぎ感が出てやらしい感じだろうな、、、、、やっちゃうか。

こうして見ると改めてヘルメットに付けたHeadLuxの有意性を感じる。
子供用自転車は特に照射位置が低いのがネックだが一気に解消だ。

と、部屋に戻ってしばらくして漸く気が付いたのがペダルライトが見えなかったことだ。
壊れたのかと自転車に戻りペダルを回すと綺麗に光る。

あれっと思って子供に乗せてみると、うっすら光るだけ。
そうだ、パッケージで軸を指で回したり、装着状態でペダルだけをクルンクルンと回す
ような速度だと綺麗に光るのだが、子供が自転車に乗るような速度では暗くしか光ら
ないのだ、、、。考えてみればクランク1回転でペダルも1回転なので、パッケージ状態
で指でグリングリン軸を回すような速度は推定時速50km/hか推定ケイデンス120以上
なのだ。

そうか、店頭では頭がまわらなかった。
恐らく今乗っている次男のシングルギアなら綺麗に光るだろうな、、、これは無駄な買い
物だった。でも通販で本家PEDALITEを八千円も出して買っていたら泣くに泣けないので
まあ良かったと思うしかない。

ここまでやっといて何だが、何より安全なのはライトが必要な夜間に走らない事なので、
なるべくこのライトたちが活躍しないよう、清く正しく明るいお日様の下を走ろう。

都内リハポタ(BIANCHI FRETTA)


膝の痛みは無くなったがぐっと我慢でのんびりポタ。
今日は神田川で都内へ。こんなに細くても一級河川なんだ。
十キロ台でのんびりのんびり。NIKE PRO FITとアディダスウエアだとのんびり過ぎる
と寒いのでシャカシャカ回す。



気温は12度くらいだろうか、気を抜くとすぐに寒くなる。
朝から歌舞伎町のど真中にあるラーメン屋で暖を取る。温かいラーメンが美味い。
神座(かむくら)という関西のラーメン屋らしく、ラーメンとしては初めて味わうような
スープで美味しかった。野菜スープというか、鍋というか。

その後、池袋に行きかけて途中で引返して千駄ヶ谷へ、目的地を定めていないの
で正しいポタリングだ。

千駄ヶ谷と言えばやはり素通り出来ない。お馴染みホープ軒でラーメンダブルパン
チ、完全カロリーオーバー。



陽が出てきてほんわかムード、明治公園も昼寝のサラリーマンでのどかな雰囲気。



明治公園からすぐのスペシャライズドコンセプトストアへ。
こじんまりとした店。数は少ないながらロードもマウンテンも実車が見られる。
やっぱりスペシャライズドのマウンテンバイクはかっちょいいなぁ、実車は更にかっ
ちょ良くて見入ってしまう。



ウエアや用品も普段のワイズなどと違うので新鮮。
今履いているSPDシューズの後継が置いてあった、そっちのほうが良くてショック。

なるしまフレンドも一度は覗いてみたいのだが、今日は定休日なのだ。
若者向けの洋服屋が並ぶ裏通りをちょろちょろ走って表参道、原宿へ。
自転車ブームなので、そんな洋服屋の店先やディスプレイにも自転車が目立つ。





表参道はすでにクリスマスイルミが始まりつつあった。
ここだけでBIANCHIの小径車に乗る女の子を4人も見た。

原宿オッシュマンズでウエアや用品を物色。
気になっていたTREKのテールライトが点灯テスト出来たが一番試したかった上位モデル
のフレア10が無いのが残念。明るさはたいしたことないがフラッシュ間隔が早くて独特、
悪くない。是非レンズカットのあるフレア10を見てみたい。

イチョウの黄葉が始まった代々木公園を散歩。





携帯電話のカメラの限界を感じるシーンだが、一眼を持ってあるくと写真に夢中に
なってしまうのでそれはそれで困る。撮る気にならずに済むので携帯電話のカメラ
の良さもある。何より荷物としては追加無しなのだから。





NHKへの道は今でも夢に出てくる好きな道だ。
ここは秋が一番良い。



いまだに買い直せないサーファスのライトを求めてハンズへ行くもここにも無い。
代わりにペダルがあったので購入。
TREKのマウンテンバイクがあったがこれもかっちょ良かった。



上北沢の公園で一休み、夕日が綺麗なので走って帰ろうかと思ったが、膝が冷えて
来たので大事をとって電車へ。

のんびりリハポタ終了。

走行距離:42.7km

GIRO FLUME装着!


子供用ヘルメットを購入。
なんとイタリアンブランドの超一流メーカーGIRO製だ。親も国産品で我慢しているという
のになんとも贅沢な。GIRO FLUME 5,200円。


MTBタイプのバイザーが付いているが、外すことも出来る。外せば大人用のロード
タイプと同形状で格好良い。

価格は大人用の3分の1以下だが造りは非常に優秀で安ぽさは感じない。
調整ダイヤルも付いているし、これを見ていると逆に大人用が割高にも思えてくる。

現在は軽さでOGKのMOSTROを使っているが、次はGIROが欲しくなってきた。
どうせイタものより国産のほうが良いに決まってると思っていた。


長男は断固拒否したが、次男は面白がってTPEAKのHeadLuxを装着。
子供用自転車はどうしてもライト装着位置が低くなってしまうので、これ以上高い
位置は無いという頭部はライト装着には最高の位置。照らすライトではなく、見られ
る為のライト。

ビジュアル的にはコミカルで愛嬌があって子供用にはぴったり。
自分ではとても装着する気にはなれないが、サイドに付けるなら安全性と引き換え
にギリギリセーフか、、、いや、アウトか、、、。

とにかくこのGIRO FLUMEは思った以上に良い製品だった。
このフレイムスは大人用にも欲しいくらいだ。

GIROが来た!


ポチッたGIROが到着!

昨日は1ヶ月ぶりにロードバイクに乗った。その後のPASと合わせて85km走った。
のんびり負荷を掛けずに走ったものの、膝の痛みは無し。良かった。

多摩川へ(YAMAHA PAS)


子供と多摩川へ。今日の子供的な目的は釣り。
すっかり補助無しに慣れた次男、ケイデンス140くらいのローディーのように、シングル
ギアを吹けきらせて上半身をピョコピョコさせながら必死で着いてくる。


長男は余裕綽々。今月末にはクロスファイヤージュニアが納車だ、楽しみだな!


赤虫でハヤ釣り。
今日は綺麗なカワセミも見ることが出来た。



八の字も随分上手になってきた。


遊びに夢中になってしまってすっかり日が暮れてナイトランも初体験。
ランドヌール御用達のジェントス閃装備でナイトランも快適。

この調子で少しずつ距離を伸ばしていこうな。

走行距離:14.2km

多摩ポタ(PINARELLO FP2)


1ヶ月振りのロードバイク、空気圧も40psiだかに落ちていて、フレームも埃だらけ、、、
久し振りのロード用ウエアは少し気恥ずかしい。

今回も無理せずゆっくり軽いギアで走り出す。
しかしさすがロードバイクだ。FRETTAで22,3km/hと同じ力でペダルを回してもメーター
は30km/hの表示だ。

更にそこからペダルに力を入れればすーっと40km/hだ、これはFRETTAが逆立ちしても
到底及ばない、すぃーーーんと異次元の加速だ。気持ち良い!!!ロードバイク!!!


是政橋でPECOさんと合流。ブルーのFP2とチームウエアに身を包んだ姿は初めてお会
いした時以来の雄姿。その後はお互いにBD-1ばっかりだった。

休日の多摩CRはリハビリには最適、強制的に低速モードでクルクル。
それでも天気が良いし軽快ロードバイクは気持ちが良い。

30kmほどだったか、膝に違和感を感じたので大事をとって引き返すことにした。
のんびり自転車おしゃべりをするのもとても楽しい、PECOさんはスペシャのFSRをフル
カスタムしているそうで、是非東京に持ってきてもらいたいものだ。





FP2も全てのパーツが交換されている。細かいパーツを換えていくだけで随分と印象が
変わるもんだ。

ビジュアル的なことは別にして、FP2は性能的に十分に満足しているのでカスタムする
気が起こらない。自分の脚力だとこのままで十分に楽しいバイクだ。

サドルの前よりに座ってしまうので、後ろに座り易いように徐々に前に出してきたサドル
も気が付くと一番前になっていた。それでも結局前よりに座ってしまうので、サドル位置
の問題ではなかったようだ。



PECOさんにもアドバイスいただいたので、すぐに位置を戻した。
戻した後は前傾がきつくなってレーシなポジションになったと思ったが、これって昔は
普通に思ってたポジションだ。自然と背中を丸めるようになるし、サドルを戻したところ
でやっぱり座る位置は同じだったので、このポジションで様子を見てみよう。







ワイズに寄って20インチFRETTAの9速ディレーラー用にXTRのシフトワイヤーを購入。
TOPEAKの新製品HeadLuxも置いてあった。レンズの質感が良かったので即購入。

膝はちょっと痛くなったが、久し振りのロードバイクで楽しくリハビリできた。
PECOさんお付き合いありがとうございました!


JAGWAIREじゃないやつ↑

走行距離:71.9km

ロードバイク!


写真と本文は何の関係もありません。

明日はロードバイク!膝を痛めてからちょうど1ヶ月振りになる。
多摩CRをのんびり羽田まで走ろう、ちゃんと走れるだろうか、少し緊張する。

子供用ヘルメット>>
子供の意思でGIROのファイヤーフレイム柄にした。
ワイズなどには置いていなかったので通販で本日発注。

ライト>>
ヘッドライトとテールランプ、やっぱり子供は自動点灯じゃないとなかなか付けてくれ
ないし、消し忘れも多いので明るさ、振動センサー付きのオートタイプを発注。

MTB


ワイズなどでMTBに目が止まるようになった、ちょっと気にしない間に今のマウンテ
ンバイクってめちゃくちゃ格好良くなっているではないか。

昔はフルサスって言ってたけど、今はオールマウンテンという呼び方もあるようで、
どう違うのか良くわからないけど、前後サスモデルだ。


前サスのハードテールも格好良い。

最近の雑誌かなんかで八ヶ岳の祖母宅の近くの信玄の棒道を軽く走り抜けるコース
が紹介されていたが、クロスカントリースキーのようで、ちょっとオフゲレンデに迷いこむ
ようで楽しそう。

綺麗な湧水でコーヒーでも飲んだら美味しそうだなぁ。

子供用ヘルメット


先日の次男のスポーク折りヘッドダイブが眼に焼きついて離れない。
あれだけの怪我で済んだのは本当に不幸中の幸いだった。

ブーツからグラブ、体もプロテクターで守るオートバイと違ってほぼ丸裸で乗る自転車
はやっぱり万が一の時に怖い。老い先短い自分は良いが未来のある子供に余計な
怪我はさせたくない。
最低限の装備としてヘルメットは被らせたほうが良さそうだ。

以前、幼児用に買ったものは既にサイズが小さくて使えなくなっている。

ざっと国内メーカーを見てみると、我らがモストロのOGKとブリジストンは実用性重視
なのかデザイン的には惹かれない。



そこで海外ブランドを見てみるとイタリアンブランドのMETのクラッカージャックが正統
派で大人用と変わらないデザイン。価格も子供らしくない7,350円。



同じくGIRO FLUME このファイヤーフレイム柄がそそる、この赤はめちゃくちゃかっちょ
良いではないか、価格は6,500円。
METの上品なヘルメットの似合う走りをして欲しいものだが、我が家のクソガキの走りに
似合うの断然こっちだ。次男は赤、長男は青が好きなのでこのコンビで決めたいところだ。


子供に現物を見せて決めさせよう。しかし、親も買えないGIROを子供が被るとは許せ
ないな。

膝が治った

時折塗る消炎剤と24時間着用のサポーターのせいか、膝の痛みが無くなった。
試しにサポーターを外して1日過ごしてみたが痛みは出なかった。

サポーターが標準装備になるのが嫌なので取り敢えずこのままサポーター無し
でいってみよう。

膝の痛みが無くなり、ロードバイクに思い切り乗れるようになったら、なんと有難
いことだろう。実際に乗るまではわからないが、なんだかいけそうな気がする。

しかし、ようやく付いてきた僅かばかりの筋肉もすっかり落ちてジーパンの腿周
りもすっかりだぶついてきてしまった、、、いずれにしてもしばらくはリハビリだ。

新宿ポタ


ポタといってもこの雨なので歩き。ポタとは言わないか。

ポタリングを辞書で引いてみたら
>ぶらぶらすること。特に、自転車に乗って目的地も定めず気ままに散歩すること。
とある。そうか、目的地を決めないのか、、、まどうでもいいか、

ワイズでずっと気になっていたインナーをついに買ってしまった。
Nike FIT DRY(5,600円)背中もメッシュになっていて、暑がりの自分には良さそう。

CRAFTのインナーを買うつもりだったのだが、大変残念ながら首周りがハイネック
気味になっているのだ。首周りは普通より緩いのが好きなので、これだと息苦しく
なってしまうのだ、、、泣く泣く断念して取り敢えず暖かい時に使うNIKEを買った。

寒いときは無難にパールイズミのインナーでも買うか。それかNIKEのタイトタイプでも
良さそうか。

2年前から愛用していたユニクロのヒートテックはもう色褪せて変色してしまった、
今までありがとう。

SKINSなどのコンプレッション系も興味はあるがなかなか良い値段で、手にとっても
つい棚に戻してしまう。

去年の冬もそうだったが、やはり今年も長袖インナー、半袖ジャージ、ウィンドブレー
カーのレイヤードで乗り切ろう。冬用の長袖ジャージはすぐに暑くなって苦手だ。

クリスキングの現物も見たがやっぱり光っていなくて寂しいが、シルバーが無難そうだ。

ワイヤーはJAGWAIREじゃないメーカーで白くて良さそうなのがあった。

テールランプで気になるものがあった。
BIKEGUYのR-3という新商品で、2km先から見えると手書きの説明があり、サイドが
オレンジLEDとなんともそそる。なんとなくインチキっぽいパッケージとデザインもさらに
そそられるものがあったが、結局5分以上商品の前に居て買わなかった。
買えばよかったと非常に後悔。BD-1のポスト径には合わないので子供用に欲しい、
次の機会に買ってみよう。

ヘルメット用の赤白コンビランプも子供用に探していたが、今まではRIN PROJECT
ものしか知らなかったが、TOPEAKからもHeadLuxという商品が出たようなので比べてみたい。
子供は絶対的に低いので出来る限り高い位置で光らせたい。

ヘッドパーツ(BIANCHI FRETTA)

FRETTAのヘッドパーツで迷う。

当然ながら自転車のヘッドパーツを交換するのは初めてなので知識ゼロ。
ネットを徘徊すると圧倒的な人気のCHRISKINGが目に付く。

と言うことで、定番外しでその他メーカーを探してみる。
ホイールはせっかく定番A-CLASSではなくタイレルを履けたので、出来たらヘッド
パーツも定番は外したい。

ほぼ全てのメーカーを知らないのでブランドイメージや実力も未知、いい加減なイメー
ジで選ぶことになるだろう。メーカー性能向上以外の選択ポイントは色とロゴだ。


一度決めたもののキャンセルしたのがこのRACEFACEだ。写真では良いが実物を
見ると寝ぼけたシルバーで好みじゃない。

MacMahoneも現物を見たがちょっと形状が好みじゃない。
HPではメッキパーツもあるので色は良いので残念。


crankbrothersもポリッシュではないが、文字が無いので違和感が無い。

丹下、FSAも性能は良さそうだが見た目に華が無い。


となると、やはり定番CHRISKINGに戻ってしまうのか。
どうも今年からランニングチェンジで文字が同色になっているらしい。白文字よりこちら
のほうが好みなので、これなら悪くは無いかも。
でもポリッシュ仕上げが無くてシルバーなのが難点。チタンならシルバーだが、お値段
が超難点で有り得ない。

肝心の性能のほうは、素人にすぐさまわかるような違いではないらしいが、違いの
わかる男には安定性の向上でふらつきが少なくなるのを感じることができるそうだ。

しかし工賃込みで3万円弱って高過ぎる。

明日は雨


明日はせっかくの休みなのに雨予報なので走れない。
ゆる系雑誌を眺めて悶々と過ごすか、、、。

ヘッドライトを買えるほどのお金を出して買った雑誌、PC画面でネットをうろうろ
している方が圧倒的に情報量は多いが、画面と違って紙媒体はしっとり落ち着いて、
これはこれで良いのだ。



ぺラッと覗くと、ついにタイレルの折り畳みが!その名もFX。
例によって軽量8.9kgでアルミフレーム。フォーク上部、シートステーとシートチューブ
の結合部、が外れて折り畳まれる。

結構小さくなりそうだし、何より軽量なのでキャスターで転がさなくてもそれなりにいけ
ちゃうかもしれない。来春発売の18万9千円。



ポタ用の服装に迷っているが、取り敢えずスポーツウエアで適当なものを買ってみた。
楽天のタイムセールでコミコミ3,600円。

街着のようなものを選ぼうとしても、どうしても汗のことを考えるとスポーツウエアになっ
てしまう、、、。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。