FC2ブログ

FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローロ日本橋へスタンドとVブレーキアダプター(FRETTA)


今日は次男と電車でローロ日本橋へ。

京都店から送ってもらったスタンド(9,800円)とVブレーキアダプター(4,725円)を
受け取ってきた。




CNCの削り出しスタンドは文句無しの良い出来。十数万円する自転車なんだからこれ
くらいのが最初から付いていたっていいようなもんだ。




こちらはVブレーキアダプター。
20インチ化の際に交換の必要になるブレーキ、PAUL:33,600円、V2:8,400円に次ぐ
第3の選択肢になるのか?
前後で4,725円という値段はとりあえず20インチを体験してみたいという人にはお試し
価格としては最適ではなかろうか。てっきり1セット分だと思って試しに買ってみたら
前後セットだった。

単純にアルミ削りだしのプレートでシューの取り付け位置を移動させるもので、見た目
にも強度的にもどうかと思うが、V2の出来の悪さに比べればシマノのVブレーキを使える
利点はありそうだ。これなら手持ちのパラレルリンクだってXTRだって20インチで使える
のだ。つい先日1号でLXパラレルリンクを握ったらやっぱりVブレーキの良さを痛感して
しまったのだ。

取敢えず問題が起きないかどうか、1号の純正Vブレーキに装着して2号に装着して見た。
一瞬で完了する左右調整に感動。

しばらく使ってみて問題が無ければLXパラレルか新たにXTでも購入してみようか、
構造上、パラレルだとこのプレートが目立ってしまうのが難点だ。

ともかくこれでV2とさよならできると良いのだが。

朝駆け(多摩川CR)


朝食はジャムトースト、紅茶。玄関を開けると路面が濡れている。知らないうちに雨が降った
ようだ。ん?良く見ると街灯に照らされた路面が白い、、、凍っている。

上等だ、今日のところは勘弁してやる。そのまま玄関を閉めて家の中へ。
ロードバイクの細いタイヤじゃいちころだ、ビビリながらもせっかく着たウエアを脱ぐのも面倒
でPC前でぐじぐじしていたが結局1時間後に出走。

それでもマイナス1度なので所々で白く凍っていて怖かった。
坂道の下りが怖いので今日も多摩川へ、インナーでひたすらシャカシャカ。
100rpm160bpmでも息が上がって途中で何度もペダルを止めながら。なんだか日に日に体力が落ち
ていく気がするのは気のせいなのだろうか。

子供と(車で)江ノ島水族館に行くので週末だと言うのに短距離で終了。

走行距離:36.5km
平均速度:25.5km/h
獲得標高:98m
心拍平均/最高:141/169bpm

奇跡の自転車


正月にamazonで何冊か注文したのに、肝心の”奇跡の自転車”が今になってようやく届いた。
何でも都内のなんたら営業所に誤着して云々・・・とクロネコさんが謝りに来た。

ヒルクライマーに続いてカズさんに紹介していただいた。
500頁近いボリュームで読み応えがありそうだ、”あねチャリ”もまだ半分くらいだ。

これでまたしばらく自転車に乗っていなくても自転車に浸っていられる時間を過ごせる。

週末はローロへ(FRETTA)


せっかく完成した綺麗どころのFRETTA2号だが、スタンドだけが純正然としていて寂しかった。
取り敢えずは多車種流用で純正タイプを装着してみたものの走行状態で異様に跳ね上がって
しまうし、何か良い物は無いかと思っていたところにPECOさんが紹介してくれた逸品に瞬殺
されて興奮気味にオーダー。タイミング良く最後の1品とうことで滑り込みセーフ。
ローロ京都店から配送してもらって週末に日本橋店で受け取る。楽しみだ。

O-DotDesignスタンド(9,800円)
写真で見る限り素晴らしい出来で、足で蹴るのは気が引けそうだ、手でやっちゃおうか。

ついでに余計なものまで頼んでしまったが、こちらは使えるかどうかはわからない。

朝駆け(多摩川CR)


今日から小学校と嫁のパートが始まり走る時間が削られてしまう。
その分早く走り出せば済む話なので頑張るしかないか。

今日も尾根幹には脚が向かず、ゆるく多摩川へ。
相変わらず右足首が痛くなる、何かを変えなければいけない。

スッキリしない走りとは違い、朝陽は今日も綺麗で気持ちも晴れる。

走行距離:29.1km
平均速度:24.9km/h
獲得標高:90m
心拍平均/最高:138/167bpm


朝駆け(多摩川CR)


今日はまた一段と寒い。
アップルパイと薄皮クリームパンとバナナ1本に紅茶でかろうじて6時前に玄関を開けるも
余りの寒さに戻って現代版モモヒキ、ヒートテックを履いて再出発、マイナス3度。

上半身のインナーはパールにしたがこいつはやはり少し冷たくて極寒期には不向きだ。
薄手なのにヒートテックのほうが暖かい。値段も5分の1なのに。

今日も気分はユルユルなので平坦走に。多摩川CRをインナーでシャカシャカ。
サドルはフラットで良い感じだがまた右足くるぶしが痛む。下がり気味だった踵を上げる
ようにすると改善された。

ショップでも踵はこの位置で教わったのだが、この位置だと引き脚で攣り易くなるので
嫌っていたのだが、これでしばらく走ってみよう。
ただ下死点で膝に余裕が出来すぎる気がするので、サドルを上げた方が良いのか、はたま
たその辺りでは相対的にもっと踵を下げるのか、、、一度今のいい加減なペダリングを
ショップでダメ出ししてもらったほうが良さそうだ。

連光寺坂すら向かう元気も無くひたすらゆるーく多摩川を。
綺麗な朝やけを見ながらずっと南下したくなるが適当にUターン、一気に寒そうな暗い空
が広がるが負けずにシャカシャカ。心拍も終始低め。

1ヵ月も続けていれば少しは坂道も上れるようになるだろうか、現状では0チームのサイク
リングすらとても付いていけない。

走行距離:32.2km
平均速度:24.2km/h
獲得標高:98m
心拍平均/最高:134/164bpm


新宿ポタ(FRETTA1号)


久し振りの1号でのんびりポタ。
サスペンションもノーマル状態なので物凄い久し振りだ。2号と比べると重い、重い。
しかしこの重さも細かな路面の凹凸を拾わずに戦車のように突き進んでくれて悪くは無い。

柔らかなフロントサスペンションも常に動きまくって振動を吸収してくれている。
多摩川CRの凸凹ペイントも楽勝でクリアだ。

駆動系は悪いことばかり、8速は実用車スペックなのか、スコ、スコと変速する9速と違って
グワチャ、グワチャ、と変速する。

しかし、ブレーキは絶品。V2からしたらこのLXパラレルリンクVブレーキは素晴らしい。
グイグイ効くしコントローラブル、いいなぁVブレーキは。

総じて下駄感の増した1号は思ったほど悪くない。
自分としては高級パーツを投入した2号は気を使ってしまうが1号にはそれが無いのでお気楽
がちゃがちゃ乗っていけるのでこれはこれで良い。

新宿のワイズ両店にはタイラップに小さな輪が付いたダブルストラップは置いていなかった。
代わりに再利用できるワイヤーエンドキャップとMTBのフォークに付けるワイヤーフォルダを
買ってみた。共にジャグワイヤ製。

走行距離:38km

朝駆け(尾根幹線、多摩川CR)


5時半起床、チョコロール、卵サンド、バナナに紅茶。PC前でモジモジ・・・7時出走。

この時間でも氷点下、八王子はクソ寒い。尾根幹線までは130bpmを越えないよう暖機運転。
クリート調整後はなんだか良くわからないがまだちょっと足首が痛むのでケイデンスを高目に、
なるべく踏まずに引き脚を意識して。

稲城への最後の下りの前に朝焼けの高層ビルが綺麗。
朝の寒さの中を何が嬉しくて自転車に乗ってるんだかと思うがこの朝陽に救われる。とても綺麗だ。

あまりに綺麗だったのでトレーニングモード急降下。尾根幹を折り返す気力が無くなり、多摩川を
気持ち良く流すことにした。途中連光寺TTは6分オーバーと最悪。

ここは筋肉を使わない多摩川へ、視界も広くてやっぱりここは気持ちが良い。
何の悩みも無く(それなりにはある気がするが)のん気に朝から自転車に乗れる幸せと冷たい空気
と朝陽を浴びて気持ち良さもMAX、この疾走感は病み付きになる。

ここでも引き脚を意識して軽いギアを。ケイデンス110弱、160拍前後でシャカシャカ、ギアはインナー
縛りだ。最近PECOさんにもらったセライタリアに座った時に凄くフラットな感じがしたのだが、FP2
のサドルは全くそれが無い。

降りて見てみると、なんとサドルが凄い前のめりになっているではないか!!!お粗末。
気が付くと尻が前にきてしまうのはこのせいだったのか?
水平に修正するも、長年にわたり中央部を使ってしまっているので中央部がへこんでしまっている。



骨盤を立てて2点で座る位置をフラットにするにはサドル全体としては前上がりにしないといけない
酷い状態になってしまっている。
とりあえずサドル全体としてフラットにすることにしたが適正な着座位置としては前下がりだ。

早急にサドルを新調したいところだ。でも骨盤が寝たサイテーなフォームを直さないと次のサドルも
こんな風になってしまうかもしれない。

その後何度かサドル調整しながらとりあえず違和感の無い位置に落ち着いた。
気温も上がってきてこの冬初めて額から汗が落ちてきた。ケイデンス110、160拍で太ももに心地良い
疲労が溜まる感じ、これがハマッた。このままずっと走っていたい気持ち良さで四ツ谷橋から河川敷
公園までを何往復かした。

調度東京エンデューロを走った時のような感覚。平坦をひたすら回し続ける。坂を上るような筋肉へ
の負荷もなく、淡々と回し続ける。楽ちん過ぎず凄く気持ちが良い、明らかに脳内分泌物が出ている。

気が付くと足首の痛みも無く、そのまま引き脚重視で帰った。珍しく120拍までゆっくりとクールダウ
ンも。

走行距離:70.3km
平均速度:26.2km/h
獲得標高:345m
心拍平均/最高:152/186bpm

クリート調整(FP2)


昨日クリート位置に違和感があり右足首が痛くなった。
クリートを確認すると、僅かながらずれている、さすが正確なペダリングをしているので
僅かな違いも感じ取ることが出来るのだ、すごいなオレ。

と思っていたら、内股方向にずれているのだ。・・・逆だ。
感覚としては靴ががに股方向にずれていると思ったのに内股方向にずれていたのだ、、、

なんともいい加減な感覚だ。
どうしよう、ここからさらに内股方向にずらすのか、それとも交換時と同じ左右対称に、
今の状態からすればがに股方向にずらすのか。

んー、どうしよう、とりあえず感覚とは逆になってしまうが、左右対称に戻すことから
始めよう。

ピストの妖精現る


あねチャリ
日本初の女子ケイリン小説

競輪とケイリンが違うものだとは知らなかった。
そしてケイリンは柔道に次いで日本発祥のスポーツで2つ目にオリンピック正式種目になった
なんてことも知らなかった。

ピストバイクについてもほとんど何も知らない、乗ったことも無い。バンクも走ったことが無い。
一度は乗ってみたいなぁ、ピスト。

多摩CR、尾根幹、若葉台(FP2)



膝のせいにして気温が上がるのを待って8時過ぎに出発。既に氷点下ではない。
パンが無かったので冷凍ご飯を解凍して生卵とじゃこに柚子七味、インスタント味噌汁。

昨日に引き続きサポーターをして走り出すが何故か膝に違和感は無い。恐る恐る踏んでみるが
何とも無い、何だったんだ。

今日は多摩川是政橋から連光寺坂、若葉台、尾根幹線と。
タイムはかなり悪いが体感的にはそんなに調子が悪いわけではない。

50km走る前にめでたく積算標高500mになったので終了。

尾根幹線から新宿の高層ビルや東京タワーまで綺麗に見える下りがある。

走行距離:47.3km
平均速度:24.9km/h
獲得標高:516m
心拍平均/最高:142/178bpm

尾根幹線

PECOさん、
↓尾根幹線です(^^)
【“尾根幹線”の続きを読む】

次男と多摩川ポタ(FRETTA)



次男と多摩川へ。
長男は冷たいもんでこちらも無理に誘わなかった。もちろん次男もサイクリングではなく
トイザらスへ行く手段として自転車を使うという事だけ。寂しいもんだ。
どうやら自転車に乗ること自体が目的になるのは一人だけのようだ。

もうすっかり乗り慣れてきて多摩川までは体力的には楽勝なのだがモチベーションの維持が
課題だ。毎回おもちゃを買っていてはたまらない。



四ツ谷橋の上りはまだ立ち漕ぎでは上れずに自転車を押してちょこちょこ上がっていく。



到着!
正月だからか子供が凧揚げを楽しんでいた。

是政橋方面に黒煙が上がっていたがまさかまた火事だったのか、、、。



PECOさんから頂いたセライタリアのサドル、新品?これはちょっと勿体無い気がしてきた。
とりあえず白はジーパンでは色移りするので適当なサイクリング用ズボンを買うまでは大事
に取っておくことにしよう。



馬鹿でか60Tチェーンリング、もう見慣れた。

写真を撮る時間も待ちきれず「早く!トイザらス!」と急かす。
多摩川に来る時点で既にトイザらスはとうに過ぎているのだが、これが近道だと信じて
疑わないので多摩川を走ってくれるのだ。恐らく長男には通じない手法だ。

無事に超遠回りをしてトイザらスに到着したが、お目当てのベイブレードは品切れで一気
にテンションダウン、帰りは遅いかと思ったがやけになってシャカシャカ回していた。

んー、もう子供と走るのは限界がありそうだ。
やはり走ることに興味を持ってもらわないといかんのだな、、、何か考えよう。

走行距離:約15km

サドルプレゼントポタ(FP2)


気にすると余計に気になるので書かなかったが、昨日の初乗りで膝に違和感が出てきた。
乗るか乗るまいか、乗りたいのだがまた余計に痛くなっては大変なことになる、どうするか、
1時間以上迷ったが乗りたいので軽く乗ろうと出走。

スタートからインナー縛りで軽く軽く。
相変わらず正月で空いている多摩CRを軽く走る。不安的中、違和感が痛みに変わってきた。
おいおいおい、せっかく新年から気持ちを新たにスタートしようと思っているのに、、、

出鼻をくじくとはこの事だ。
幸いに、なのかわからないが痛みは前回とは別の部位、膝の上だ。
んー、こんなのじゃとてもチームで走ることなんか出来ないなぁ、、、一時の事であって
欲しいなぁ、、、と思いながらワイズを折り返して帰路に着く。

・・・・!?「明日は・・・」・・・明日!?

昨日のPECOさんのワイズの書き込みが頭に浮かんだ。
明日?明日って今日!?

・・・今日じゃん!(冷汗)

集合時間まであと15分、有り得ない。正月ボケにもほどがある。サイテーだ。
大遅刻でせせらぎ館へ到着。寒い中をお待たせしてしまった、、、正月から最悪な野郎だ。

最悪な上に更にイタリア製サドルを2つもプレゼントしてもらった。
BD-1と乗り比べてもらう予定だったのにそれも出来ず、どこまでサイテーなんだ。



空いている多摩CRをのんびりワイズへ折り返す。
ワイズは4日から営業と言うことで、ホットドリンクを飲みながら土手でに座って日向ぼっこ
タイム。知らない事ばかりの自転車話を聞くのは楽しいひと時。


こんなちゃんとしたサドルもらって良いのか、、、。

走行距離:50.7km
平均速度:22.8km/h
獲得標高:121m
心拍平均/最高:132/166bpm

初乗り(FP2)


いよいよ初乗り!
気合が入っているのは5時から騒ぎ立てる目覚まし時計だけで走り出したのは8時半。
八ヶ岳に負けないくらい冷たい空気で気持ちが引き締まるが正月鈍りの体は重い。

信号待ちでも心拍の落ちが悪い、こら無理したらいかん。
何故かまだ人が少ない多摩CRを流して連光寺坂から若葉台、尾根幹線と。今年一年お世話になる
道に挨拶をしながら流す。

快晴の多摩川をのんびり流すのはやっぱり気持ち良い。

走行距離:52.5km
平均速度:24.5km/h
獲得標高:323m
心拍平均/最高:140/184bpm

スタート


<南アルプス>

自転車に乗れないのでせめて初日の出を拝もうと思っていたのに寝過ごした。
幸先の良いスタートだ、、、

去年の走行距離を計算してみたら8838.7kmだった。1ヶ月に100km多く走ると10,000kmに
なりそうだが、それはとても無理そうだ。

今年はどのくらい走れるだろうか、せめて質で勝負だと強がっておこう。

んー、いつもは今の自転車を眺めながら書くのに視界に自転車がないとピンと来ないなぁ。
早く自転車に乗りたい。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。