FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

チェーン清掃(FRETTA2号)


1号の新品チェーン初の清掃。
綺麗にしたつもりでも装着してクランクを回すとすぐにスプロケに汚れが、、、

簡単にすっきり綺麗になる方法は無いのだろうか、、、超音波洗浄でもしたくなる。

硬かったチェーンが滑らかになったので更に走りが軽くなるかと思ったが、自分の感度では
全く、一切、なんにも変わらず。まあこんなもんだ。

メーター装着(FRETTA2号)


ミラー装着した1号の試走を兼ねて子供を床屋へ連れて行った。
ミラーはばっちり、腕を動かすことも無くきっちり後方確認できる。思ったよりも邪魔な感じは
無いので良さそうだ。平気で斜行する子供にも後方への意識向上のために付けてやるか。

帰宅するとamazonからメーターが届いていた。
これは2号用のメーターだ。何故今になってCC-MC100W(3,039円)なのかと思うが、2号は金属調
パーツで揃えているので一部金属的な輝きのあるそれだけの理由で決定。

今まで2号にはメーターが無かったので体感速度しかわからなかったが、これで客観的な数字が出る。
楽しみ。

グリップミラー装着(FRETTA1号)


スペシャライズドの幅広グリップを付けたことでSPYミラーが取り付け難くなったのでワイズ
新宿店で見つけたなんだかわからないメーカーのミラー(945円)を買ってみた。

右側に張り出すのが嫌いなので選択肢が少ないのだ。樹脂製で65g。可動範囲は比較的広いので
ある程度色々な取り付け方法が取れそうだ。

とりあえず装着したがやっぱり格好悪い。とても2号には採用できないが、実用重視の1号には
問題なし、使い勝手は良さそう。

グリップ、ミラー(FRETTA)


自転車に乗れないので仕方なく用品店徘徊。
新宿と池袋を閉店までふらふら、2010年モデルのカーボンバイク、小径車、ウエア、グラブ、
シューズ、メーターにライトにケーブル類、あっと言う間に時間が過ぎて行く。
GIANT idiomを初めて見た。ちょっと想像と違った。


先日と同じ半額になったスペシャライズドのグリップ(1,050円)とミラー(945円)を買った。

朝駆け(多摩川CRポタ)



布団の中で目が覚めて最初に左膝を曲げ伸ばしする。
良かった、動く。左膝が固まって自転車に乗れなくなる夢を見た、なんて単純な思考回路だ。

いや良かった。違和感はあるが動けば十分だ、大袈裟に喜びながらバナナ3本と紅茶で出発。
今日はもう平地をゆっくり走るのがやっとだ。ゆっくり走っていれば痛みは出ない。
わずかな斜面でもインナーに落として膝に負担を掛けないように走る。

四ツ谷橋からは大きな月が見えた。今まで月なんか出ていたのかな、気が付かなかった。

出掛けに見た”NHKみんなのうた”のファンキーモンキーベイビーズの曲を口ずさみながら
サイクリング、こうしてサイクリング出来るだけで十分楽しい。

これからのレースへ向けては一気に気持ちが暗くなるが、世の中には様々な事情で乗りたく
ても自転車に乗る事が出来ない人達もいる。
膝の悩みなんて贅沢な悩みだ、悩みなんて言ったら本当に悩んでいる人に怒られるようなも
んだ。

帰る頃にはすっかり明るくなる。
しかし今日は寒かった、120拍で走るものだから体が全然温まらない、まだこんなに寒かっ
たのか、驚いた。



走行距離:35.8km
平均速度:24.2km/h
獲得標高:76m
心拍平均/最高:120/180bpm

朝駆け(尾根幹線、連光寺リタイヤ)


カフェラテデニッシュ、バナナ、紅茶で遅めの出走。
昨日の雨のせいか近所はガスっている。取敢えず尾根幹線を流すがお膝様のご機嫌は良さそう。

久し振りに連光寺TTをしようと病院前で写真を撮って息を整える。
いざスタート、あねチャリを思い出しながらスタートダッシュ、最初の信号まで速度を乗せて
回していくと、イテテ、、、。

昨年しばらく乗れなくなった膝裏の外側の筋に痛みが出てリタイヤ。最低。数百メートルの坂
すら上れないなんて、レースどころじゃない。そのままゆっくり帰宅。
しかしあれだけ痛かったのに何故か平地をゆっくり走る分には何も感じない。

まったく情けない。やはりここ最近の強度が今の限界のようだ、この辺り以下の強度を守って
地道に乗っていこう、いつかは良くなる。

走行距離:23.7km
平均速度:23.6km/h
獲得標高:236m
心拍平均/最高:134/172bpm

ブレーキワイヤー、グリップ交換(FRETTA1号2号)


FRETTA2号のブレーキがめでたくV2ブレーキとさよなら出来てシマノDXRプラスVブレーキ
アダプターに落着いた。
そこでV2ブレーキアームで固定ぐせの付いたクラークスのインナーケーブルを交換。

色々試してみたいのでリアにはテフロンコーティングのジャグワイヤーを。フロントには
同じくプレルーブのクラークスを装着。エンドキャップは先日購入してあったジャグワイ
ヤーの使い回しタイプを。

XTRケーブルを使おうと思ったが、触った瞬間”ザラッ”と粗い感触。
そうか、アウターとセットものと違ってインナーケーブル単体売りなのでオイルが付いて
いないのだ。以前PECOさんに教わっていたのを忘れていた。

確かシマノでワイヤー専用オイルがあったが、自分は持っていないので今回のXTRは見送り。

この間までV2ブレーキでも別に平気だと強がっていたくせに、クラークスとDXRの軽さに慣れ
てしまったら、1号の純正ケーブルの引きの重さに耐えられなくなって、こちらも修正。

見栄えは良くないがフレームから引張り出して外を這わせた。ワイヤーとケーブルは2号の
フレーム購入時に付いていた新品を使った。1号は実用車なのでクラークスもジャグワイヤー
もXTRも要らないのだ。これだけで十分に軽くなり気持良く引けるようになった。

フォークへの固定は取り敢えず仮固定。
引き続きMTBフォーク用のダブルループのストラップを探してみよう。

スペシャライズドのグリップは、カッターで切ったものの当然初めてのことだったので・・・・
まあ写真のような距離からなら許容範囲。
そのうちラピッドファイヤーに交換しましょうってことで。

朝駆け(尾根幹線)

昨日はあんこ三昧で食べ過ぎ、子供たちが意外に食べなかったのでその分食べてしまい、
最後はウェッ、、、勿体ないので今朝温め直して食べようとしたが口の前に目が受付けなく
なっていた。もうしばらくあんこは見たくない。

それでも夕飯は普通に食べているのでかなりカロリーオーバーな雰囲気、凄い血糖値に
なっていたんじゃないだろうか。

昨晩は違和感のあった膝が朝起きると何でもない。今朝は30分長く走れる日だが、いつ
ものようにその余裕が出足を鈍らせる。意味が無いなあ。

アップルデニッシュと紅茶。L2Dのエネループを入れ替えて、ライトをFRETTAから移して、
昨日買ったスペシャのおニューソックスを履く。

なんだかんだで遅めの出走、外気温3度、日の出が早まって少し明るめの空と併せて気分
もぬるぬる、、、。

がしかし、昨日はFP2に乗れなかったのとあんこポタポタの背徳感で平坦多摩川ではなく尾
根幹線行きに決定。

普段は脚を止める所、力を抜いてしまうところを意識して踏んで行った。
それでも坂は目に見えて遅く、その昔Oチームのサイクリング会での通過速度に比べると5km/h
以上、場所によってはそれ以上低い通過速度になっている。

そこまで弱くなった実感は無いが数字は正直だ。いや、メーターが壊れてるのかもしれない。
きっとそうだ、周長セッティングを間違えていたに違いない。

とにかく一人では甘えてしまい脚を休めてしまうところを踏んで踏んで走った。
無理は続かず、案の定37kmを走ったところで左膝に痛み、、、馬鹿だ、、、無理は禁物なのに。
昨日のあんこといい、加減を知らないから困ったもんだ。

しかし普段の走行では感じられない脚の張りが走行直後から感じられ、走った感は得られて
それはそれで満足。

あまりに一生懸命走り過ぎて写真を撮るのも忘れた。
んー、カッコいいじゃないか、いつもこうありたい。

走行距離:41.9km
平均速度:27.5km/h
獲得標高:563m
心拍平均/最高:152/183bpm

都内ポタ(FRETTA1号)


膝がイマイチで朝はロードバイクに乗れず、のんびりポタに出た。
朝と違い眩しい陽射しが降り注ぐ多摩を下りちょこまか都内へ。


新宿を抜けて神楽坂へ、今日はぐっと我慢して根津へ急ぐ。飯田橋、秋葉原、湯島天神、
上野不忍池を通り根津へ。




数名の列だったので並ぶ事にした。無事に根津のたいやきにありつけた、美味い!

次の目的地はノブマツさんに教えてもらった講談社前の群林堂の豆大福。
ここからが問題、護国寺へは本郷通り春日通り白山通りと斜めに走る大通りを横切って裏路地
を進むことになるので方向音痴には厳しいものがある。

がしかし、コンパスを頼りに裏道くねくねで奇跡的に大塚警察まで。これは珍しい。
ようやくあの辺の位置関係が少しだけわかった気がする。




どこだどこだと見回すと、大きな講談社が目に入った。講談社の前だとノブマツさんに聞いてい
たので目をやると、あったあった!列は10人程度、しゃあない、並ぼう。

オススメの豆大福と豆餅を。こちらは帰宅後に頂いたが評判通り美味しい。豆がたっぷりであんこ
もまたたっぷり。あんこが多すぎるので豆餅と一緒に食べると調度良かった。



ワイズ池袋と、ハンズ、チャーリーとハシゴ、電話で確認していたから当たり前だがA-600は無し。

池袋チャーリー店は相変わらずのごちゃごちゃ感が素敵。ワゴンセールと言うかダンボールセール
が所狭しとごちゃごちゃと。Vブレーキやクランク、ディレーラーなど300円~と値札が付いていたり。

他のワイズもこんな風だと良いのだが。ダンボールにごちゃごちゃ入っている中にスペシャライズド
の靴下2,100円が840円だったので1足、同じくスペシャのグリップが2,100円が1,050円だったので
購入。

こいつは2号に装着したものと同じグリップで非常に使い心地が良いのだ。
1号は右だけグリップシフトなので1,050円なら失敗覚悟でカッターで切ってしまおう。

ブレーキワイヤーを通せるわっかの付いたダブルループのストラップは置いていないとの事だった。
ここは店員さんがもう少し元気があると良いのだが。

お土産が3時のおやつに間に合うように池袋から電車でGO。

・走っているときより持ったときに重過ぎる1号。階段では肩が攣りそうになる。
・気にならなかったフロントブレーキがとても重く感じる。2号の軽さに慣れたせいだ。
 2号同様にワイヤーをフロントフォークの外に出さなければ。

走行距離:56.4km

明日は何処へ

明日はFRETTAでポタ。
ポタリングの定義は行き先を決めない事なのでテキトーにふらふら、気分で走るのだ。

嫁に頼まれてのに行列に怖気づいて買い損ねたので東京三大たい焼きの人形町か根津の
どちらかに寄るか、ノブマツさんから聞いていてまだ行く事が出来ずにいる神楽坂の肉
まんも美味そうだし、、、

シマノのSPDペダルA-600もセキヤ、OD-BOX、都内のワイズなどに問い合わせるも入荷予定
は無しとの事で買いにも行けず。

まあテキトーに走ろう。

Mt.富士ヒルクライム日程


自分にとって一番のイベント、Mt.富士ヒルクライム日程が発表になった。
毎年一緒に参加しているTREK乗りの取引先君が教えてくれた。

定期購読者優先枠は廃止、去年のように深夜0時のエントリー開始でもないのは助かるが、
果たしてエントリーできるかどうか、これに参加できなかったらそのショックたるや相当
なものになりそうだ。

初回が1時間33分、2回目が1時間20分と13分短縮出来たので3度目の今年も13分短縮でなんと
1時間7分!アスリートクラスエントリーか!(違)

何しろ直近3レースを連続棄権というスーパーレコード更新中なのでまずは記録の前に出場
することを第一に考えよう。

朝駆け(多摩川CR)


朝の気温は1、2度高いだけで随分暖かく感じる。
今日も氷点下にはならず、布団からの脱出も楽々、フェイスマスクも出番無し。

ホットケーキサンドと薄皮コーヒークリームパンと紅茶で出走。
昨日は痛んで走れなかったが今日は走れないほどではない。気まぐれな膝のご機嫌を伺い
ながら恐々と、トルクをかけないようにゆるく夜明けのサイクリング。

積算高度も110mと見事な平坦走、こんなのトレーニングにならないだろうが、これしか出来
ないのだから仕方ない。しばらくはお膝様のご機嫌伺い走になりそうだ。

最近のLD20ライトの位置は下ハン。ここだと手にも邪魔されず、前方は確保、真横からでも
確保されているので脇道から出てくる車に対しても存在を知らせ易い。はず。

走行距離:41.7km
平均速度:25.5km/h
獲得標高:110m
心拍平均/最高:139/173bpm

雑記

>FRETTA2号チェーン落ち
折り畳むたびに8割以上の確率でチェーンが外れる。60Tの宿命なのか、チェーン長さ、
ディレーラー、折り畳み時のクランク位置など、何かに問題があるのか。
チェーン外れがあんなに嫌なものだとは思わなかった。

>FRETTA2号チェーンオイル
チェーンが固い。1号に比べると全てが軽い2号機もチェーンだけは例外。
昨日は折り畳み時にダブルループで収拾つかなくなり、切符売り場脇でインナーグラブを
真黒にしながら悪戦苦闘。輪行キャスターが無い上に20インチ化で自立不能でフレーム等
をかばいながら作業するので超難解な知恵の輪状態。
結局ミッシングリンクを外してようやく復旧。チェーン落ちの一因かも。

以前あじゃぱさんが言っていたように新品は一度洗浄して最初のオイルを落としてから再
度注油しなければいけないのだった、、、。知ってたらやれよ>>ジブン

>FRETTA2号輪行装備
1号と2号があるので軽量ハイスペックな2号はこのまま軽量マシンにしておきたいが、
折り畳みで自立さえしないのには閉口する。
重さが軽いので持ち歩きが苦にならなず、今の重量のまま自立さえすればキャスターは
不要。

>FRETTA1号のペダル
無いままだ。乗るたびに移設しているので面倒。2号にシマノのA-600装着予定なのでクリート
互換性で1号もシマノ化が必要。クランクブラザースはさよならか。

>膝の痛み
毎回違う種類の痛み。
今回は走っているときは平気で寝る前になって痛みだす。

ブレーキケーブル(FRETTA2号)


昨日子供と多摩川に行ったときにワイズに寄り道してブレーキケーブルを買ってきた。
Y店長お勧めテフロンコーティングのJagwire、プレルーブのCLARKS、そして天下のXTRと、
店頭で迷っていたら途中で面倒臭くなってきたので3種類購入。違いなんかわかるかな。

江ノ島(FRETTA)



今日は旧友との再会で江ノ島へ。
FP2で行くつもりが前夜から膝が痛み出してとても往復は無理、朝になって急遽FRETTAで。

もちろん江ノ島まで電車。あねチャリを読みながら空いている電車で9時前に江ノ島着。
ロードバイクだと1時間40分程度なのでほぼ同じような時間だ。



学生時代の旧友Yasさん、卒業以来なので18年ぶりの再会。
18年といえばオギャーと産まれた赤ちゃんが立派な女子高生から女子大生になろうって年月
だ。その割にはオヤジたちは何も変わらず、やってることも昔とさして変わっていなかった
りする。

ぽかぽか陽気でしゃべっているのも勿体無いのでちょっと茅ヶ崎まで走る。
FRETTA1号、初めてきちんと走ってみたがこいつ凄く走るじゃないか、重量も軽いし、操作系
も軽い、タイヤもバッチリ、それに60Tがバッチリ速度を乗せてくれる。



本日も背景はバッチリ重機で決まり。



Yasさんのコルナゴ号
こんな雰囲気の自転車は周囲にいないので新鮮な感じ。SHAMAL ULTRAかっちょいい。

のんびり日向ぼっこをしながらゆっくり昔話が出来た。



ピンクのLEGONジャージが眩しいYasさんに引いてもらって江ノ島まで。
今度はロード2台で走りたい。

帰りは少し走ろうと思ったがやっぱり膝が痛くて江ノ島から電車。

乗継が悪く藤沢で20分も待ち自転車のほうが早かったんじゃないかと思いながらもあねチャリを
最後まで読むことが出来たので良かった。

女子高生がピストバイクに乗り始める物語だが、面白かった(我ながらボキャブラリーの乏しさ
に泣けてくる)。

走行距離:約23km

子供と多摩川(FRETTA)


仕事を終えて夕方前のひと時を多摩川へサイクリング。


まずは本日発売のベイブレードをゲット、次男的にはここで目的達成。


シングルギアの次男はまだ橋への上りは押し歩き、長男は7speedでぶいぶい上っていく。


父親も何か楽しみがないといけないのでワイズでちょっとお買い物。
子供たちは大好きな石投げを。飽きずにずっと続けていた。


自分の1速よりもシャカシャカ回る次男の自転車を面白がってからかいながら走る。
これだけペダリングスキルを上げれば乗り換えたときが楽しみだ。


すっかり暗くなってしまった。
子供たちは前回コンビニで食べたカップラーメンが余程美味しかったらしく、今回も食べたい
というのでカップラーメンとスープで暖を取る。

なんともサイクリストの品位を下げる光景だ(笑)

今回は珍しく長男が一緒に走ってくれたが、やはり次男とは速度レンジが違うので若干退屈に
なってしまうのが問題点だ。

こちらも長袖シャツに、厚手のトレーナーにダウンジャケットでも体が温まらない運動量なの
で辛い。さらに困ったことに膝の痛みが酷くなってきた。

走行距離:約16km

朝駆け(尾根幹線、若葉台)


嫁のパートが無いので普段より30分長く走れるのに、その油断がそのまま30分スタートを遅らせ
てしまい、これじゃなんの意味も無い。

膝の痛みが無かったので尾根幹線へ、今日は初めてパールイズミのフェイスマスクを装着したので
下り坂も冷たくない。
口が開いているのはやはり絶対条件で、常に開いて走ったが、まあまあ良さそうだ。
40分ほどで暑苦しくなるので外すことになるが、この辺が面倒と言えば面倒。

心拍は普段より10拍低い感じで淡々と。若葉台の坂を少し走って再度尾根幹線へ。
一応積算標高は500mクリア。

走行距離:35.9km
平均速度:24.5km/h
獲得標高:506m
心拍平均/最高:135/177bpm

朝駆け(多摩川CR)


外気温3度、春眠暁を・・・とは大袈裟だが、暖かくて拍子抜けする気温だ。
すっかり寝坊してしまった。アンパンと紅茶で出走、せっかく買ったフェイスマスクも出番
が無い。弱い膝の痛みを言い訳に今日も平坦走で多摩川へ。

気温が高いと少しは汗も出るようになり、体も動くようになる(気がした)。

走行距離:27.8km
平均速度:26.3km/h
獲得標高:116m
心拍平均/最高:141/175bpm

都内ポタ(FRETTA2号)



天気予報では桜が咲いて散る頃の気温になるという予報。
チャンスだ、極寒の奥多摩クライムに行けるじゃないか!

と、行ったつもりでゆるポタ。
明るい多摩川は違和感がある、まだ冷たい空気の中を20インチで軽々気持ち良く。





昨夜装着したSHIMANO BMXレーシングコンポ DXR BR-MX70
このフレームカラーにはブラックよりもこちらのカラーが好み。なかなか良い感じ。





この角度は恥ずかしい角度、Vブレーキアダプターが良く見えてしまう。
だが、Vブレーキアームが同系色なのでブラックアームよりは目立たなくなる。
操作感はVブレーキと違いはわからず、バッチリだ、V2ブレーキさよならは確定だ。







三ノ輪はシャッターが多く寂しかった。
オオムラパンも餃子屋さんも休み。餃子屋さんのシャッターを見ると月・火・水曜定休の文字が、
素晴らしい。自分もそんな仕事をしてみたい。





北千住の商店街で250円弁当を買って公園で食べる。
隣は昼間からビールを飲んで小説を読んでいる人、ベビーカーでママ友同士おしゃべり、年寄り
のおしゃべり、ぽかぽか陽気でなんとものどかな雰囲気。



向かい風の荒川を南下。



東京スカイツリー、もうすぐ半分に届きそうだ。



東京三大たい焼き、人形町の柳屋に行ったがすごい行列で諦めた。
代わりに重盛の人形焼を買ってお土産に。

最後に輪行した時にフレームを傷つけてしまった、このフレームは綺麗に乗ろうと思ったのに、
すごいショックだ。

走行距離:約84km

Vブレーキ、フェイスマスク到着


Vブレーキアダプターが問題無さそうなので採用決定、ミスターコントロール氏は解雇。
それに伴ってVブレーキ本体は非パラレルのXTにする予定だったが、ここは色目優先で
DXRを。

都内の用品店を探しても現物を確認できなかったので、エイヤーとポチッてしまった。
心配だった光沢具合は問題なし。少し磨きを入れてやれば良い輝き具合になりそうだ。

もうひとつはパールのフェイスマスク、こちらはマイナス3度の朝駆け対策で、このま
ま走り続けていると頬がタケちゃんマンのように真赤になってしまいそうなので買って
みた。自転車専用品ということで口の部分を開くことが出来る。

基本的には口の部分は開けっ放しになるので切り取ってしまうか。

朝駆け(多摩川CR)


目覚ましアラームを10分繰り上げた。ジャムパン、レモンジンジャーで出走。

前回、久し振りの多摩川で3分以上続けてペダルを回せない体に気がついて怖くなり再度多摩川へ。
途中いろは坂を1本走るが、塩カルでテカテカでタイヤも濡れて気持ち悪かった。

LD20より格段に明るいライトを装着したローディに背後に付かれてハイビームで煽られたように
ビビりながら走った。おかげでタレずに済んだ。

また左膝に軽い痛み。今度は膝の中心部。まったく、、、。

走行距離:42.5km
平均速度:25.7km/h
獲得標高:166m
心拍平均/最高:141/174bpm

尾根幹線デビュー(FRETTA)


相手にしてくれない長男はほっといて、次男と尾根幹線へ。
尾根幹線への上り坂はクリアしたのでほっとしていたら、尾根幹線の上りがシングルギア
にはきつかったらしくダウン。押しながら歩くも、途中で何度も帰りたいという。



これ以上無理をすると次男にも自転車に乗ってもらえなくなるので無理をせずゆっくり歩く。
なんとかクリアして道のりを振り返る、すぐに走れるようになるさ、大丈夫。



相模原への下りは調子良くすいすい、カルピスとせんべいで補給、ぐっと元気が出てきた。
距離は短いが7歳にして尾根幹線デビューを果たした次男、また行こうな。



Vブレーキアダプター、今日のところは機能面では問題を感じることは無かった。
それよりやはりVブレーキは素晴らしい。ミスターコントロールとお別れできそう。

走行距離:11km

朝駆け(多摩川CR)


今日は10分だけ早く布団を出ることが出来た。
ジャムパン、おにぎり、紅茶、ヘッドバンドとバイクで使っていたネックウォーマーで出走。

ネックウォーマーは目の下まで引き上げられるので顔の冷たさは感じない。
ならばと言うことで今日は平坦走で多摩川へ。

しかし走り出すとすぐに口が塞がれている不快感にウォーマーは外す。
大して久し振りでも無いのに平坦路を走るのは新鮮だ、下りの休み時間が無いので平坦は平坦
できつい。坂道では3分程度のインターバルになるので今日もついつい3分カラータイマーで脚が
休んでしまった。

坂と平坦はバランス良く走るようにしよう。

走行距離:34.6km
平均速度:26km/h
獲得標高:106m
心拍平均/最高:149/181bpm

朝駆け(近所の坂)


4時50分のアラームで布団を出たのは5時10分、エアコンの無い部屋はめっちゃ寒い。
寝ぼけながらお湯を沸かして紅茶、クリームがキンキンに冷たい薄皮クリームパンを3個。

バイクで使っていたネックウォーマーを部屋でしてみるが、ゼイゼイモードでは暑苦しそう、、、
結局モンベルのヘッドバンドを装着して出走。耳が隠れるので今までより多少はマシだ。

それでも速度を出すと風が痛くてシャカシャカ回すか坂道しかなく、今日も近所の坂へ。
ここなら時速20kmを下回る速度で発熱量も多い。

今日からはフロントホィールに付いたPIAA FERRISもピンクからホワイトになり朝の空気に馴
染んでいる。明るさもアップして良い感じだ。

走りながらフロントホイールを見ているとバイク同様に頭の位置が左寄りなのがわかる。
ちゃんとど真中に頭を据えると違和感がある。背骨か首が曲がってるのか。

バイクの講習会でも1度言われた事があるが左寄りなのだ。これで右ターンが一瞬遅れたり、
体が逃げる原因になっているのだが、幸い自転車ではそんなにシビアなコーナーの倒し込みだ
のなんだの言わないので助かっている。

でもペダリングにも良い訳ないし、きちんと真直ぐに乗りたいものだ。

今日は少し重めのギアを踏んでみた。下りは110回転くらいでブレーキ当てながらシャカシャカ。
飽きてきたので少しコースを延長して1本で標高差50m、4分程度の坂道の繰り返し。

積算標高500mに届かず。

走行距離:26.8km
平均速度:20.8km/h
獲得標高:453m
心拍平均/最高:139/177bpm

ワークス供給(FP2)



先日モニター使用させてもらったPIAA FERRIS wheeLEDをワークス供給して頂いた。

モニター使用で気に入ったので安全性向上のために実車導入を決定したが、モニター品がピンク
だったので、少しでも不審者度数を下げるためと少しでも明るくということでホワイトを供給し
て頂いた。

点灯してみると体感2倍近い明るさでホワイトLEDは爽やか!
フロントライトだけでは弱い斜め前方からの視認性向上に大きな威力を発揮してくれる事だろう、
点光源のライト類と違って大きな面積で光るのが良いのだ。

明日が楽しみだ。

イメージカット


最近暗く寒々しい写真ばかりなので2006年夏の写真を。
この時の記事を読み返すと2,127mでも汗が出てくると書いてある、いいなぁ夏は。

まさかこの時はこんな所に自転車で行くとは思いもしなかった。

さあ今年もあと3カ月でツール・ド・八ヶ岳だ。

朝駆け(近所の坂)


昨日は結果的に休息日。
今朝は一段と冷え込むという事で1階のエアコンを4時にタイマーセットしてしまったがこ
れは快適だ、癖になりそうだが玄関の電気がついているだけで怒鳴る嫁が許すはずもない
ので今朝だけか。

外気温はマイナス4度だ、ボトルの水が凍って喜ぶ低温フェチではないので、気が滅入る。
結局すべての行動が遅くなり出発は5時半を回っていた。

メーターの気温表示は見ないようにして今日も垂直方向目指して垂直走。
途中平坦が入る3分弱の短い坂なので倍以上の連光寺坂のような辛さは無いので気軽に走る
事が出来る。

2枚重ねのアンダーのお蔭ですぐにウィンドブレーカーを脱ぐが下りは余りの空気の痛さに
ブレーキに手が伸びてしまう。伸び放題だった髪も切ったので頭も顔もさびい。
この際はキャップにマスクでさらに不審者度に磨きを掛けるか。やだなぁこれ。
でも痛いのはもっと嫌だしなぁ。



今更ながらペダルを回せと言われてもどうしても踏んで引いての繰り返しになってしまう。
平坦ならなんとか回すのもわかるが坂はどうしたって回せない。

距離が短いせいか、何本走っても不思議とタイムが落ちない。負荷が低すぎるのか。
目標の積算標高500mを達成し、小さな達成感に浸り帰宅。

走行距離:30.4km
平均速度:21.8km/h
獲得標高:570m
心拍平均/最高:149/177bpm

パラレルリンク断念(FRETTA)


Vブレーキアダプターのテストでパラレルリンク式に装着して見たがリンクが動いてしまって
上手く面を固定できずに断念。器用な人がやれば出来るのだろうが自分には無理そうだ。

ビジュアル的にもアダプターがアーム本体に隠れないので目立ってしまう。


ということでFRETTA購入時に装着されていたシマノのVブレーキに装着した。
V2ブレーキを前後とも外してこのシマノブレーキに交換、気持ち良いのは左右調整で小ネジで一発。
これはV2に泣かされた人間には感動すら覚える。

これで2,3週間乗ってみてビジュアル面、操作面でV2ブレーキと比較して良い方に決めよう。
非パラレルリンクというとXTになるがこいつはアームがブラックだ。

遊びでメッキ仕様のDXRにでもしてみるか。

朝駆け(いろは坂)


4:50分アラーム、5時過ぎに布団脱出、トーストにブルーベリージャム、紅茶。
無事にポリープ手術を終えて久し振りの愛ちゃんとの別れを惜しんでいたのでギリギリ6時出走。

昨夜読んだ雑誌でイマナカさんが「漠然と走っていても強くならない」というような趣旨の発言
をしていた。まさしく自分の事だ。

あとオジサンこそ高負荷トレーニングで体力低下を防ぐ云々とか、1時間や2時間程度の短時間
では心肺機能向上には適さないので筋力系トレーニングをしたほうが良いとか。

心拍とか、インターバルとか、強度とか考えながら走るのは面倒だし練習チックになってしまい
いい加減な自分には無理。まあ小難しい理屈は置いといて、まずは走っていればそのうち強くも
なるだろうと考えていた。

しかし、せっかく努力してもその割に報われないってんじゃそれも悲しい気もする。
でもきちんと筋力系、心肺系など練習メニューを組んで消化していくなんてのはやっぱり無理だ
よなぁ、、、。

・・・まあいいか、テキトーに走るか。やっぱりテキトーが自分には合っている。
きっとメニューなんか考えると、今日はこれが出来なかったとか、これもダメだったとか、
グジグジ言いだすに決まってる。

とは言うものの、なんとなく坂に脚が向いたので、数か月振りになるだろうか、いろは坂に。
たぶん7本、3分程度と短い坂だが最大10パーセント程度なのでいつになく筋肉を使う。

夜明け前の住宅地の坂道でライトピカピカさせて息はゼイゼイ、早くから駅に向かう通勤の方々
の若干冷やかな目、いや、目を合わせないように先を急ぐその横を不審な人になって無事に獲得標
高500mを達成、水平距離は伸びないが達成感はある。やったぜ、ぜいぜい。

走行距離:25.3km
平均速度:20.6km/h
獲得標高:547m
心拍平均/最高:148/175bpm

尾根幹、連光寺坂、多摩川CR(FP2)


夕方からちょい乗り。
時間が短いので尾根幹線からスタート、朝一番じゃないので体が軽い、こんなに違うもんか。

気温4度以上になるとグラブが暑くなってくる、そのうちもうひとつ薄手のタイプが必要か。
今日は何故か坂を走る気になり連光寺坂3本、1本目から180拍まで上がる。やはり早朝とは
違って体が起きているのか調子が良い。

調子に乗っている割には3本目ですでに6分超えでアウト。
多摩川でシャカシャカして帰宅。

忘れていた感覚が戻った。30kmを過ぎた辺りでエンジンが掛かりだし、重いギアを踏みたく
なるようになる。今日も最後はトップギア近くで筋肉を使いながら走った。

やっぱり獲得標高500mはクリアしたいところだ。

走行距離:44.0km
平均速度:25.8km/h
獲得標高:402m
心拍平均/最高:152/184bpm

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析