FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見ポタ(FRETTA1号)


都内へ花見ポタ。
先日の10km走行ですら翌日から膝が痛んだので今回は極力電車を使って。

市ヶ谷からスタート、10年以上前に結婚式を挙げた懐かしの場所、ここのところ何年か連続で桜を
見に来ている。早いなぁ、もう10年以上経つのか。



色が薄めで綺麗な桜が咲いていた。そのまま桜を見ながらお堀に沿ってポタポタ。



でかいクジラ。



秋葉原を抜けて上野へ。
上野公園も花見客で賑わっていた。観光シーズンなのか?中国人ばかりで驚いた。




ここの桜は市ヶ谷の桜より少し色があってこれもまた綺麗だ。



いつものカラオケ花見おじさんおばさん達が居ないのは気のせいか、人は多いがいつもの花見時期
独特の雰囲気は無かった。もしかして禁止になったか?



アメ横で食事。いつもの昇龍が休みだったので、以前から気になっていた路面店の珍々軒で。
散々迷って迷っている最中に聞かれたのでつい「あ、五目麺」と食べたくないものを注文してしまった。
意外に良くあるパターン。醤油かと思ったら塩味でダブルショック。

途中ワイズ、OD-BOXで春物ウエアや用品を見て回った、ワイズは恒例のセールで例によって去年モデル
が40パーセントオフだ、FP2、FP3、FP6も見事40パーセントオフ。

BD-1は9speedばかりだったが、こちらも40パーセントオフで11万円だったかな、FRETTA並みの価格でお
買い得だ。

プラド仲間が膝を心配してくれてファイテンのサポーターを紹介してくれたので購入しに行ったのだが、
サイズ合わせで試着したところ、本当のサポーターでがっちり固定するタイプでとても自転車には乗れ
ないタイプだった。

バッグが小さかったので買ってそのまま膝に装着しないと買えなかったのでその場はスミマセンと買わ
ずに店を出た。格闘技や他のスポーツで一時的に大きな力が加わって靭帯を痛めたような場合と違って

自分の場合は圧迫固定タイプのサポーターは不要で保温のために腹巻のような意味合いのサポーターを
するよう医者に言われていたので、こういうタイプは頭に無かったが、試着したところなんか良さそう
な感じだった。

走行距離:16.8km

これで明日からも痛みが出るんだろなぁ、、、まあ仕方ない、乗れないよりはマシだ。
スポンサーサイト

しっぺ返し

膝が痛い。
昨日はICLIC装着で気分良く近所を走ってしまい、ふと気が付いて引き返したものの10km走ってし
まった。そんなに痛みが出なかったので、おぉ、良くなってきたのか!と喜んでいたらダメだった。

朝起きたらしっかり痛みが出て仕事中も膝を動かすたびにカクカク引っ掛かる。
まったく、このあほ膝め、、、いい加減にしてくれよほんとに。

まだまだ先は長そうだ。

ICLIC装着(FP2)


いよいよTIME ICLIC RACER装着だ(初wiggleでコミコミ1万円ちょっと)。

先日挫折したペダル外しはあじゃぱさんのアドバイス通りにやったら簡単に外すことが出来た。



ICLICの取付は8mmの六角のみ。8mmなんて太いのは携帯工具に含まれていないので万が一のために
アーレンキーを携行するか、、、やだなぁ。



取付てみると金属仕上げのアルテグラクランクとの一体感はなくなる。



しかし、赤、白、黒とフレームカラーと同じ色使いなので一歩引いて見れば自転車とのマッチングは
ガンダムチックで悪くない。



納車以来頑張ってくれた105グレードのペダル。お疲れさんでした。



解放調整の項がすっぽり抜け落ちた説明書。英語の説明書を見てなんとか理解した(気になった)。



歩きやすいというカフェクリート、確かに面積が広いので多少歩き易い。



ジーパンで近所を試乗。
ビンディング自体がご無沙汰なので感想がどうこう言うレベルじゃないが、もともとシマノのペダル
でも拾い難さは感じていなかったので、ICLICの売りの一つであるステップインのし易さは言うほど
感じなかった。シマノと同じようにステップインし易いという感じ。

脱着のクリック感というか動く幅が小さいので、高級ラチェットのようにカチッと小気味良い。
漕いでいる時の稼動幅は大きく、確かにこれなら変な力が掛かってもペダルで吸収してくれそう。

早いところこのペダルで思い切り走ってみたい!

走行距離:10.4km

ホイールLEDリフレクター


ホームセンターで意味無く購入。振動センサーみたいなものが入っていてホイールの回転と共に
点灯する。明るさセンサーは無し。LEDが意外に明るい。子供の自転車をこれ以上光らせても仕方
無いので嫁のPASに取り付けてみよう。(意外に高くて約1,300円)

今日の尾根幹線は目の毒だった。
カラフルなジャージを着たロードバイクの台数が一段と増えてきた。いいなぁ、楽しそうにゼイゼ
イ坂を上っていた。

PIAAエアコンフィルター(プリウス)


またプリウス。
PIAA エアコンフィルター AiryC

ビタミンC誘導体が放出されて、”ドライブするほどうるおう美肌”だそうだ。
これでもうぴちぴちうるうるの美肌オヤジになれる!ってのはおいといて、期待したいのは静電フィル
ターの花粉カット効果だ。

プリウスには花粉除去モードというのがあってフィルターの絵が描いてあるのだが、てっきりその時だけ
普段より目の細かいフィルターを通すのかと思っていたら強風で体に付いた花粉を落とすモードのようだ。

花粉地獄の外出、せめて車内は安住の地としたいものだ。
元々プリウスの純正フィルターも花粉除去能力はあるので違いとしたらビタミンC誘導体の方になるのかな。


おでき(FP2)

約2ヶ月振りに乗ったロードバイク、ほんの25kmを流しただけなのに体は正直だ、股間におできが
出来てしまって歩くのに少しガニ股でないと痛くて仕方ない、、、あぁ情けない。

TIMEのICLICを装着しようと思ったがシマノのペダルが硬くて外せない。
KTCのラチェットを持ち出したが、びくともしない。舐めそうだったのでこれ以上出来なかった。

自転車アニメ



子供と3人、雨で外で遊べないので釣堀に行ったり、DVDを観たり。
レンタルビデオ店へワンピースのDVDを借りに行くと、子供が「パパはこれ」と自転車のDVDを持って
きてくれた。茄子 アンダルシアの夏という2003年のアニメ映画だった。

2003年というとまだバイクにリターンする前だ、何をしていたのかも覚えていない。少なくともロー
ドバイクなんか全く意識の外だった頃だ。



なんだか妙にリアルな描写もあって面白い。作品時間を知らずに観ていたらあまりに時間が短くて驚い
たが、こんなアニメがあったなんて今日まで知らなかった。

清志郎の歌う自転車ショー歌も初めて聞いて感動、何にも知らないなぁジブン。
子ネコがミヤータ コルナーゴ 僕の彼女は ビアンキーで ・・・
って、2003年に聞いたら意味わからなかっただろうな。

ありがとう、息子たち。

ホイールバッグ(FP2)



USポスタルサービス ホイールバッグ(4,200円)
今日は1日子守。なんとか騙してワイズ府中店へ。

螺旋階段からどかーんとぶら下がっていたホイールバッグ、半額だった。
そう、自転車界に於いて復活といえばランス・アームストロング、たかが膝痛と癌との戦いを一緒に
しては大変失礼だが、少しでもあやかりたいとの思いでUSポスタルサービスに吸い寄せられた。



厚めのクッションでかなりしっかりした作り。



ホイールまであやかることは出来ずFP2純正ホイールを収納してみた。
2輪重ねると中心部が凄く幅を取ってかさ張るのではないかと思っていたが意外にも大きく広がらず
に収納される。ショルダーベルトもあるので持ち運びも楽々。まあ持ち運ぶ事も無いと思うが。

これなら高いホイールを物置に入れて置いても誤って何かぶつけて傷めたりなんてことも無さそう。
そんな事は傷つくと困るような高価なホイールを買ってから考えろ。

晴々

昨日は2ヶ月近くお預けだったロードバイクに乗った。
案の定、今日は膝が痛いが、気分は晴々、清々しい。

ずーっと頭の中にかかっていた雲が少しの間だけ吹っ飛んだ気分。

復活へ向けて(FP2)



禁ロードバイク生活2ヶ月近くになり頭がおかしくなりそう。
膝も痛いが、頭がおかしくなるよりは少し膝を悪くしても構わないと思いロードバイクに乗って
しまった。

仕事を終えて午後から。長男を誘ったが行きたくないと見捨てられる。まあいい、もう無理には
誘わないよ。埃をかぶったFP2を縁側に出して埃を払う。先日ワイヤー交換してチェーンも清掃
したままなので綺麗だ。すっかり抜けていた空気を入れ直す。

ジーパンにスニーカー、モンベルの指だしグラブで跨ると、初めてロードバイクに乗った時のよ
うな新鮮さだ。

家を出て公園の緩い坂を下るとなんだか涙が出てきた。
ついこの間まで毎日のように、当たり前のように流れていた景色。まさかロードバイクに乗れなく
なるなんて思いもせずに。

素晴らしい、ロードバイクに乗れることはこんなに素晴らしい事だったのか。
ひとり大袈裟に感動しながら通りへ。いっそこのまま車道を思い切り走ってしまおうかと思ったが、
「走ってたらいつまでたっても治らないよ」と医者の言葉を思い出す。

ぐっとこらえて歩道をゆっくりと。
もうポジションも何もあったもんじゃない、どこに座っていいのかもまともに覚えていない、、、
体がすっかり忘れてしまっている。

歩道をゆっくり走っていると車道を颯爽とロードバイクが走っている。
羨ましいなんて思わなかった。歩道でもなんでもロードバイクに乗っていることが嬉しくて仕方が無
かった。

ジェームスとオートバックスへ、あじゃぱさんに教えてもらったFETのT20ハロゲンを買いに寄るが、
どちらも在庫なし。共に常時在庫品では無いので注文しなければ永久に入らないとの事。やはり若干
マニアックな商品のようだ。




その後、ニュータウン通りを多摩CRへ。途中で1台のロードバイクが追い風に乗って颯爽と走り去って
行くのを見てもう限界。膝はどうなっても良いと思って車道へ、関戸橋まで2km弱だろうか、気持ち良
く走ってしまった。膝は痛いが漕げないほどではない。いやぁ、これだ、これだ、なんて楽しいんだ!!!

関戸橋から多摩川CRへ、下流へ走る。府中ではBBQ、もうそんな季節になったのか、、、カラフルな
ジャージのロードバイクも何台も。





膝がきつくなってきたので折り返す。ワイズへ寄り道してゆっくりロードバイクの乗り心地を味わい
ながら帰宅。無理に乗って良かった、やっぱりロードバイクは楽しい、1日も早く復活できるようリハ
ビリに励もう。

走行距離:25.2km

小物(プリウス)



今日もプリウス。
最近陽気が良くなってロードバイクに加えてクロスや普通のママチャリも楽しそうにサイクリングを
している姿を見掛けるようになった。尾根幹でもがいているロードバイク、サイクリングロードを楽
しそうに走るクロスバイク、見ているだけで辛い。

ちょっと用事があってCYCLOOPにも行けなかった。

子供とプールでバタ足バタバタ、自転車にも乗れないので意味無くオートバックスへ、プリウスの
小物を。

バックランプ、
小糸の明るいものに交換。今回は初のディーラーOPで、カメラもディーラーのものでこれがとんでも
なく画像が粗く、おまけに白黒っぽく見える。白黒なら見やすくなりそうなものの、それでも凄く粗
いのだ。リアフォグがあるのでバックランプは片側だけ。その片側を明るくしたが、悪い予感は的中、
このバカチンカメラ、案の定ラチチュードが狭くて照射範囲以外が余計に見難くなった、、、はぁ。

クリーニングパッド、
ナビ画面の指紋取り、こんなもの100均一でしか買ったこと無かったのに580円もする高級品を買って
しまった。まだ面白がって触りまくっているので画面がすぐ汚くなるのだ。

トレー、
プリウスの意味不明に広大なコンソールにドリンクホルダー付きの仕切りを付けて使いやすくするも
のだ。1,200円くらいだったのでこれは良さそう。
これでシフトレバー手前の特等席にある本来のドリンクホルダーを小物入れとして使うことが出来る。
そもそも自分の場合はほとんどドリンクホルダーは使わないので無くても構わないのだ。

自転車に乗れないので、プリウスに乗って、プリウスの小物を買って気を紛らわすものの、精神衛生
状態は非常によろしくない。

母がテーピングと本を送ってくれたので試してみよう。

シャークフィン、カーテシバルブ(プリウス)



またプリウス。
シャークフィンを装着。仮置きであまりにもデカイので一旦装着を止めたが、15分後に思い直して
装着。両面テープなので嫌なら外そう。そのうち慣れちゃうかな。



カーテシランプのバルブが暗かったのでいつものスタンレーに交換。
だいぶしょぼかったが、くっきり明るくなった。

シャークフィン(プリウス)


またもプリウス。純正のポールアンテナを外して被せるカバーだ。約9,000円。
輸入物で塗装が酷くて日本のショップで売っていれば格外品レベルだ。

そのことは代理店のHPにも書かれているので覚悟はしていたが素晴らしく酷い。
メンテナンスクリーナーで磨き直すも、傷はどうにもならない。まあ近くから見るパーツじゃないの
でいいか。

気温の変化が悪さをしているのだろうか、膝の痛みが大きくなってきた。

雑記

あーぁ、なんだかプリウスブログになっちゃったなぁ、これは自転車ブログなのに。
2月頭から自転車に乗れなくなって1ヵ月半が経過した。同様の症状の先輩方や先生の話からも3ヶ月
から半年は自転車に乗れないようだ。

困るのは半端に乗るといつまでも治らないという事。
相変わらず狭いリビングには3台の自転車が居座っている。今まではしょっちゅう乗っていたので、
まだあれだが、こうなると文字通り居座っているという感じで邪魔なことこの上ない。

しかしこれを片付けてしまうとそれはもう寂し過ぎるので、そうはいかない。

プリウス、
納車後初めての満タン給油。21km/Lだった。
給油後はなんとなく給料日のように気が緩んで燃費を考えずに適当に、今まで良くないと思っていた
だらだら加速になっても気にせず帰宅したら普段より良い23.5km/L!しかも出発時よりバッテリーレ
ベル2つアップ。はぁ?まだまだわからない、プリウス運転術。

山中湖へ(プリウス)


ロードバイクでではなく、プリウスで山中湖へ。
道志道は路肩に雪が残っているところが多く、ロードバイクは車と併走するのにも走り難かったの
ではないだろうか。雪解け水が流れている事もありかなり汚れてしまっただろう。

そのせいか、ロードバイクの台数も非常に少なく、5,6台しかいなかった。
偶然だったのは朝9時頃に道の駅で追い越したローディーが帰りの夕方4時前に橋本市内で遭遇した
事だ、こっちは車で温泉とだらけているのに、なんとも胸が痛んだ。

初めてのワインディングだったが、十分に走ってくれた。
往路97kmの燃費は21.0km/Lだった。道の駅までは18km/L台でどうしようかと思ったが、山伏峠からの
下りと湖畔や忍野あたりを流したので回復。

面白いのは下り道の復路で、途中50kmまでは72km/Lという初めて見る数字が表示されていた。
橋本市街を抜けて自宅までのトータル63kmの燃費は55.7km/Lでそれでも凄い。
いくら下り基調と言え、山中湖から1リットルちょっとのガソリンしか使わないなんてハイブリッド車
ならでは、不思議な世界だ。往復のトータル燃費は28km/L。

カーテシランプ到着(プリウス)


カーテシランプ到着、結局2個で2,000円と安かったので手軽なオークションで入手した。

昔はバルブを換えたり裏面にアルミテープを貼って光量アップなんてしていたが、おとなしくそのま
ま装着だ。ただ面倒くさいだけか。

雑記

風の強い1日。
花粉か黄砂か知らないが車のガラスに黄色い粉がいっぱい。

先日買ったウィルソンの曇り止め効果のあるガラスクリーナーはやたらと拭き取り難く白残りが
あって使い難かったので、ジェームスで別のメーカーのものを買ってきた。こちらも曇り止め効果
を謳っている物。で、これがまた駄目。綺麗なタオルで余程入念に乾拭きしないと拭き跡が残る。

こんなもので苦労するとは思わなかった。
曇り止め効果が何か悪さをしているのだろうか、、、。燃費を気にしてACを控え目にしていたら曇
りが出やすかったので曇り止め効果のあるものを買ったのだが、やっぱり普通のタイプにするか。

こんなケチなこと考えるから余計な無駄金を使ってしまった、、、馬鹿だ。

雑記

自転車的には何も無い寂しい日が続く。
膝は痛いがいっそのこともう思い切って乗ってしまおうかと思うくらいだ。
ちょうど良いタイミングでプリウスが来たので気を紛らわしていられるので良かった。

プリウス燃費、
気にしないつもりだったのにやっぱり気になる。あれだけ燃費関連情報をインパネに映し出されると
やはりその数値を上げようとしてしまうのが人情ってもんだ。

通勤燃費は往路外気温1℃で19.9KM/L 復路外気温9℃で23.9km/Lだ。
明日はカーテシランプが届くかな。

SPOKE CLIP(FRETTA)


アムラックスに行ったついでに東急ハンズで買ってきた。
6本入りなのでFRETTAと子供用に使ってみるか。

膝は相変わらず。
ストレッチング、サポーターとホカロンで日々過ごしているがいまだに痛みが取れない。
とても走れる感じではない。

すっかり運動をしなくなったので尻がたるんできた。太ももも明らかに細くなってきた。
なのに腹は出てきた、、、

数日前から食べる量を少しずつ減らしている。併せて何か運動をしなければ、、、。

ポジションランプ交換(プリウス)



小糸(写真右)のオレンジからスタンレー(写真左)のオレンジ球へ交換。
小糸はどうみてもイエローだった。写真で見るよりずっとイエロー。

対してスタンレーは電球の色の通り、見事にオレンジだが、当然光量は落ちる。



アイラインを透過してバンパーに反射するのでライト周りがオレンジオレンジする。
ピュアホワイトよりこの方がオジサンには落ち着く。

プリウスの燃費は外気温に大きく左右されることがわかった。
エンジン稼働率が大きく燃費に影響するプリウス。暖房を入れるとその為だけにエンジンが始動するのだ。

設定温度を1度上げるとブルンとエンジンが掛かる。これじゃアクセルワークの違いで燃費を検証するのは
同じ気温で同じエアコン設定温度にしないと話にならない。

また水温が何度以下になると無条件にエンジン始動するようで、それを避けるために達人たちはこの時期グ
リルを塞ぐそうだ。

アムラックスへ(プリウス)


数年振り、いや10年以上行っていなかったアムラックスへ行ってきた。
昔からここへ来る目的はひとつ、純正流用パーツを自分の目で探しに行く為だ。

久し振りのアムラックス、以前と全く変わっていなかった。
1階から順に車のドアを開けてカーテシランプや純正スイッチ等を見て回った。

すっかりご無沙汰していたので最近の車を見るのは新鮮だった。驚いたのは以前にも増してパーツの
共通化が進んでいて、カーテシなんて9割がた同じものでバリエーションが無く寂しかった。

赤は無いかと思ったら1車種だけ発見!
普通のエスティマだった。ハイブリッドのほうは白。ここまで同じ車種は1台しか確認していなかった
のでまた戻って同じ車種でも全て確認し直した。

昔は面白い装備で楽しませてくれたセンチュリー。カーテシランプにメッキ枠が付いていた。
結局カーテシは通常の白とこの2車種の3種類しか無いという寂しいものだった。
いや、寂しいのはこんなことしてるお前だ。


次いで気になったのがドア周りのウェザーストリップ。
こいつはマークXにすら付いていない装備でクラウンからの装備だった。

エーモン等でも売っているが、汎用品だとどうしても端面がスパンと切り落としになってしまうので、
このクラウン用とか流用できたら良さそうだ。ドア下部はスパンと切ったものなので純正にこだわる
必要は無さそう。

ちょいと前のスポーツカー並みのcd値空力のせいか、プリウスはサイドスカートが大きいのだろうか、
ドアを開けるとぼこっと横に広がっているのだ。雨が降るとそこが汚れて目立つ。裾の緩いズボンや
スカートなら間違いなく汚れてしまう。

そこに汚れが入り込まないようにするのが一つ、エンジンが静かな分より静粛性を求めたくなるので、
騒音対策が一つ、このクラウン用ウェザーストリップは是非装着してみたい。

ストライカーカバーやなんかは気にならないし、その他にお手軽に流用できそうなネタは見つからな
かった。

プッシュスイッチってハイブリッドカーだけなのかと思っていたらVITZからPRADOまでみんなプッシュ
スタートスイッチだったのだ、知らなかった。

久し振りのアムラックス、最新車種をべたべた触って楽しかった。

ポジションランプ再購入(プリウス)


先日購入したKOITOのオレンジポジションランプ(619円)は色が薄すぎてとてもオレンジ色には見え
なかったので、本日別の電球を探しにジェームスへ。

明るさは犠牲になりそうだがぐっと濃いオレンジ色のスタンレーにしてみた。
小糸にしてもこのスタンレーのステルスじゃないタイプもその昔一度は買っているはずだが色目まで
覚えていない。

あまりに高価なのでかなり迷ったが、思い切って購入。
RAYBRIG ステルスアンバー(2,294円)高っ!


そして夕方前から降っていた雪がすっかり積もってノーマルタイヤじゃ嫌な感じ、、、
ジェームスの駐車場で試してみたがタイヤが新しいせいか思ったほど滑らなかった。

スタッドレスタイヤは履けないので、以前から気になっていた商品が今日は俄然気になった。
オートソックとかいう名前で、ジェームスの出入り口に置いてあっていつも眺めているのだが、
布製チェーンでタイヤに巻くだけのもの。

プリウスのオプションカタログにも同様の製品が載っていたが、同じものだろうか。
良い所はコンパクトなので積みっぱなしでも邪魔にならなそうなところと、ジャッキアップせず
に簡単に装着できるところか。価格も1万円くらい。

心配なのはこんなもんでほんとに滑らないのか!?ってところだが、今日みたいな時には使わず
とも持っているだけで安心できる。

今シーズンはもう必要ないだろうが積んでおこうか、、、。

魔力(プリウス)

プリウスが納車されて400km走った。
この車に乗ったら燃費なんか気にせずガバガバ踏んで走ることができると思い、しばらくはその
通り走っていた。

が、なんとなくしっくりこない。
気が付くと燃費の事を考えて走っているのだ。燃費運転から解放されると思いきや、どうも更に呪
縛されたような気がしてきた。

この車はアクセル開度に応じてECOランプが点灯したり、消えたり、なんて単純なものではなくて、
エネルギーモニター、ハイブリッドシステムなんちゃらインジケーター、瞬間燃費、過去1分、5分、
トリップ毎燃費計などを駆使してドライバーにエコドライブを訴えかけてくるのだ。

そして、ドライバーの努力が燃費や充電量などの結果としてリアルタイムで反映してくる仕組みで、
これがECOカーに於けるドライビングプレジャーになっている気がする。

単純にゆっくり走れば数字が良くなる上がる訳ではない(むしろ悪くなる)ところが面白い所で、
エンジン、モーターの得意領域を如何に上手く使い分けて効率的に加速、巡航、減速で回収するか。

またマニア達は充電、放電にはロスが付きまとうのでそのロスさえも無くすべく充放電が拮抗した
状態で走る”滑空”などという技術を使ったり、プログラム領域に入り込んで水温何度でなんとか
の時はエンジンが何十秒掛かるからどうとか、電池残量によって変わる充電比率に拘ってみたり、
おそらく完全な理系分野だろう、とても楽しそうな燃費ゲームを楽しんでいる。

自分はそこまでは拘らない(今のところ)。
ガソリンだって自分で入れるのは余程遠くへ私用で使った時くらいなので燃料費を節約するという
意味合いはほとんど無い。にも拘わらず、どうしてもこの車を運転しているとモニターに映し出さ
れる燃費や充電量を見てその結果が悪いと何とも気分が悪く、ダメドライバーと言われているよう
で、その数字を上げるべくあれこれ頭を使っているのだ。

1ヶ月後には立派な燃費マニアになっていないか心配でならない(笑)

リハビリスイム

夕方から子供とプールへ。
きのうは350mでギブアップ。今日は600mでギブアップ。ともに平泳ぎだ。
バタ足は子供と遊んでいる時に。

本来はこの600mもバタ足、クロールで行きたいところだが泳げない。
試しにやってみると10mでゼイゼイ、無理だ。

泳いでいても明らかにバタ足のほうが自転車向きの動きって感じがするが出来ないものは仕方ない。
当面は平泳ぎで行く。それに心肺機能のリハにはどちらでも関係ない。

プリウス、
夜になってポジションランプを見るとオレンジ色とは言い難い、しょぼくれたオレンジというか、
黄色に近い。いっそ黄色ならまだしも非常に中途半端でハロゲン色の延長にあるようななんとも
かっちょ悪い色だ。アイラインは夜になると細かい仕上げまで見えなくなるのでまあまあ良い、
正面から見ると若干ヘッドライトの光を拾ってオレンジ色に見える。

室内ガラスが曇りにくくなるというコーティングタイプのクリーナー、カード入れが無いのでカード
ケース、コンビニ袋を掛けるフックを購入。室内はなるべく余計なものを付けたくないが、これだけ
は外せない。

あとは駐車場で必要になる小銭入れだ。今までの車は灰皿をノンスモーカーズボックスにしてコイン
ケースにしていたが、プリウスは灰皿そのものが無い。灰皿を使う人はドリンクホルダーを1つ潰すの
ようになるのだが、自分はドリンクホルダーは必要。音が出なくて目立たず、暗くても出し易いもの、
なんか良いものを探そう。

ポジション交換、アイライン(プリウス)


恒例オレンジポジションへ。
プリウスのポジションランプはにょきっと真上に向いているタイプ、さすがにステルスタイプだろう
と思ったものの、ジェームスで売っていた製品はなんと2千円以上したので、買えなかった。

2千円も出すならLEDだろうと思ってLEDを見たらその何倍もした!
LEDポジションってこんなに高いのか!驚いた。ましてプリウスの場合は真上に飛ぶ光は無駄になるの
でLEDでも照射方向を良く吟味しないと失敗しそう。まして最近の知識がゼロなのでここは無難にスルー、
っていうかやっぱり高価なのが最大の理由だ。

しかしひどいな、オレンジ色が丸見えだ、しびれる。



そしてシルクブレイズのアイライン、これもちょっとイメージと違った。
フィルムの透明感が無く艶も無いのだ。そのうち剥がすなこれは。

それでもサッパリ顔が少しは色が付いてきた、ウィンカーもオレンジレンズなんかあれば良いが。

カーテシランプ(プリウス)


<イプサムのカーテシランプ>

自転車に乗れないのでプリウスライフが続く。

プリウスのカーテシランプ、標準は白レンズ。時代の流れとしてはこの白レンズのまま中の電球を
綺麗なホワイトLEDに交換。ルームランプなども綺麗なホワイトで統一する。

でもやはりカーテシは昔から赤。そういえばカーテシの無いプラドにはCR-Vだったかなんだったか、
移植していた。イプサムはアルテッツアジータが赤だったのでそのレンズを購入した。

当時は良くアムラックスに行っていたのでほとんどの車種のカーテシは頭に入っていた、なんだそりゃ。
しかし笑えるのは当然輸出仕様部品を扱っているショップで買うより、同じ赤なのだから共販で買うほ
うが安いと思い、比較もしないで買ったものの、そっちの方が高かったということ。

それを9年経った今知った(笑)今回も国内仕様で赤のものを探して買おうと思ったが、値段の件も含めて
アムラックスなんて何年間も行っておらず知識がまるで無いのでショップで買うことにした。

気になるのは、その昔センチュリーのカーテシは横方向には赤で下には白の2色成型のカーテシレンズ
だったのでそんなのがあったら使いたいところではあるが、、、。特にプリウスのカーテシはレクサス
車種で共通の形があるのでそんな工夫がされていないか心配。

後続車への注意喚起と言う意味では昔のようにLED埋め込みだが、今は内装を剥がす気力は無い。

フロントカメラ(プリウス)


フロントカメラ取付位置。ナンバーステーに固定しているのだろうか、車の前に立って見ると
ナンバープレートの下にボコッとカメラが飛び出ている。ここじゃないでしょ、、、。

現時点で横方向のバンパーの映りこみは無いので視野的にも後ろに下げる余裕はある。
恐らくバンパー側に取り付けても大丈夫だろうが、このままでもステーを足して適当にもう少
し後ろに移設したいところだ。

プールでリハビリ

整形の先生に言われていたバタ足をしに子供と一緒にプールへ。
普段は平泳ぎしかしないが、今日はビート板を持ってバタ足だ。ほんの10メートル進むだけでもの
凄く疲れる。なるほどやってみると膝を深くは曲げなくて済むのにふくらはぎから太もも全体の筋
肉を使っていて、どこという訳ではなく疲労して良い感じだ。

しかしすっかり怠けた体はすぐにゼイゼイ。休み休み子供と遊びながら。それでも心拍数は久し振り
に150とか160になっていたのではないだろうか。

途中で子供と流れるプールで歩行浴をしながら追いかけっこ。最後は50メートルプールで300mを泳い
だが、連光寺坂並みに疲れた。特定の筋肉に偏らず全体が使われている感じでこれは良いぞ。

何度も行けないのが難点だがこれからなるべく行くようにしよう。

プリウス帰還

昨夜遅く、販売店から戻ってきた。

バックカメラ、
調整は時間を掛けて試行錯誤してくれて、視野に関しては大幅改善された。
進路予測線にについても車種別データーを入力したうえで、実際の白線へのアプローチを
繰り返して調整画面で微調整をするという実際にやってみると非常に面倒な作業を繰り返してもらい、
かなり改善された。残念ながらイプサム、ラウムのジャスト感にはまるで及ばないが、もう満足だ、
汎用品の限界だろう。これ以上は自分で調整しようと思う。

フロントカメラ、
イプサムでは純正OPで装着していたフロントビューカメラ。
会社の駐車場から通りに出るのに車1台分幅の通路で両側がブロック塀という最悪な見通しのため、
鼻先を出すだけで左右180度の視界を得られるこのブラインドコーナーモニターは非常に重宝するのだ。
更にエンジン音で避けてくれた自転車や歩行者がプリウスでは完全無視されるのだ、そりゃそうだ、
見えないところで無音でいる車がわかったら超能力者だ。
ここだけでしか使わないが毎日の事なので3万円の価値を見込んで装着、早速試すがイプサム同様効
果は絶大。

フィルム、
プリウスはプライバシーガラスではなく全て開放感のある明るいガラス。
ここは気分を変えて明るくおしゃれに素ガラスも良いもんだと思って乗ってはみたが、濃い目のス
モークフィルムに慣れてしまっているので大柄なミニバンなどのヘッドライトが目にイタイ。
特にトランク部に垂直にある小窓から容赦なく突き刺さるビームに一晩で嫌になり、気乗りはしなかっ
たがフィルム装着。

純正OPは透明とスモークの2種類あるが、何故かスモークにするとIRカット率がとても下がってしまう
ので、アフター品のシルフィードを選択。こいつはスモークでもIRカット率が高く、IRカットの天敵
のギラギラ感も出ない高性能フィルム。後ろ2面はプライバシーガラスより濃い目、サイドはプライバ
シー並みで仕上げてもらった。21,000円也。
見た目はフツーになってしまい残念だが仕方ない。

ホーン、
取り付け費用はサービスしてくれた。
肝心の音質は高くも低くも無いが、なんかイマイチ。音量も低いが、これはファンネル開口部が前向き
になってより前方に音を飛ばす形状なので運転席で小さく聞こえているだけの可能性もある。

ICLIC到着(FP2)



初wiggleポチしてから約1週間、遥か彼方英国から。
あまりに激しい長旅だったようで箱もボロボロ、中身もガチャポコ、いやぁ大変だったろう。



ホワイトベースみたいだ、ガンダム世代にしか許せないデザインだ。



確かに踏面は広そうな感じだ。



クリートもどこかガンダムチック、なんか凄い湾曲しているけどこんなのちゃんと装着できるのだろうか。
膝に優しいタイムのペダル、早くこいつで走りたい!

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。