FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

最後の最後に風邪引いたのか喉が痛くて仕方ない。

今年は1月に967km走ったのを最後に膝の痛みで自転車はほとんど乗れなくなった。

2月147km
3月52km
4月100km

とほとんど乗れない状態が続いたところにショッピングセンターで買い物中に車が突っ込んで来る
という信じられない事故に会い鞭打ちに。

5月44km
6月93km

とダブルパンチで乗れない状態が続く。
ここでHIさんに教えてもらいスポーツ整形に行くと、なんと急激に回復、それはもう信じられない、
目の前が急に明るくなった。その後は首の痛みは残るもののぼちぼち走る。

7月916km
8月1161km
9月646km
10月564km
11月259km

と、ここでなんと何度目か忘れたがバイクにリターン、KLX125が相棒に。
ロードバイクのほうは朝だけに。

12月401km

で今年は終了、なんとレースは棄権だけで出走はゼロ!
来年は富士ヒルクライムを初めしっかりレースにも出走したいし、FRETTAのポタリングも楽しみたい。

そして今年は登山もリターンで谷川、八方、燕岳、上高地、編笠岳、陣馬、景信、竜ヶ岳、三ツ峠、
最後に三頭山と子供と一緒に登ったりも出来た。

また正月は山で迎えられるように体力、装備、経験値をアップさせていこう。

あ、そうそう、これもみんな健康な体があってこそ。
3年連続脂肪肝の診断結果が出てしまったので来年こそはこれを改善したい。


スポンサーサイト

三浦海岸めぐり(KLX125)

20101230_04.jpg

材木座海岸にはカラスのようにサーファーがいっぱい浮かんでいる。
今日も三浦へトコトコ散歩。

7,000回転まで回せるようになったので、街中では十分だ。出掛けに16号でネズミ捕りに遭遇。
ちょうど準備中で間一髪セーフだった。止まれの旗を振られて注意されてしまった。

5,000回転縛りの慣らし運転中は速度制限のことは気にしなくても済んでいたが、これからは前も後
ろも気をつけないとなぁ。

20101230_01.jpg

OREGON450TCの地図をTOPOに切り替えると、等高線はもちろん車では通れないような細い道も表示
される。施設も町内会館とか普通に表示されるようになって意味無く面白い。

葉山を過ぎると久留和漁港、秋谷漁港、佐島マリーナ、長井漁港とベタに海岸線を走って漁港ハント。
道端で魚や貝を売っているので面白い。最近は近所のスーパーも安いのでサザエの値段なんか特に
安くは無いけど生きてるタコとか魚は近所のスーパーでは買えないので眺めているだけで面白い。

20101230_05.jpg

20101230_07.jpg

今日は荒崎まで。何故か静かな漁港や海岸線を眺めていると和む。冬なので水も綺麗だ。
砂浜は埋もれそうで怖いけど洗濯岩の上に砂が乗っているところがあったので入ってみた。パチリ。

KLX125、まるで自転車のように気楽に乗れるので海岸線の探検にはもってこいだ。
細くても坂道でも行き止まりでも簡単にUターンできるので怖がらずに進んで行ける。

巻き直したグリップヒーターも絶好調で辛いはずの手をしっかり温めてくれる。これでハンドガード
で風も遮ってやれば更に無敵になるだろう。

今度は三崎まで行けるかな。

20101230_02.jpg 20101230_03.jpg

走行距離:154km

忘年会

今日は仕事納め。
職場の大掃除を終えて電車で千駄ヶ谷忘年会。
10年近く前になるイプサムで知り合った3人で、今年唯一の忘年会だったがこじんまり楽しい時間
だった。

子供の風邪が良くならない。嫁の体調もイマイチ、自分は喉の痛みも取れて快調だが、毎年恒例の
八ヶ岳の祖母宅へは今年は見送り。年寄りに風邪を移したら命に係わる。

明日は、こちらも恒例の福山雅治の年末コンサートだ。
昼過ぎまで時間があるのでちょこっとKLX125で散歩しよう。

休息

子供の風邪をもらったようで風邪の引き始め症状。
年末年始に体調を崩したくないので念のために朝タマはお休み。

その時間は年賀状に使おう。

三浦へ(KLX125)

20101226_02.jpg

年末の日曜日、大掃除も年賀状も手を付けていない身で1日ツーリングに出る勇気が無くお昼に戻り
の縛りで出発。

目指すは大観山!
グリップヒーターの精神的な効果は絶大で冬のバイクの敷居が低くなる。

時間は5時間なので片道2時間半で走れるところまで走る。
今日はこのくそ寒いなかをHIさんや信ちゃんがロードバイクで箱根の山を上るというので冷やかし
に行こうと思っていたのだが、茅ケ崎に出た時点でどうも時間が合わない。

諦めて江の島方面へ向かった。
海岸線はいつ走っても気持ちが良いが、今日はまた風が強くロードバイクはかなり苦労してペダル
を回している。こちらは同じ自転車とは言え原動機付きだ、申し訳ないがすいすい進む。

江の島を過ぎたあたりで後ろのZがクラクションを鳴らして煽ってくるので道を譲ると「バッグ落ち
たよ!」とドライバーが教えてくれた。

ぐわ、さっきへんな音がしたのは自分のバッグが落ちた音か!!!
300mほど戻ると別の親切な人が車道にあったバッグを車に轢かれないよう拾って持っていてくれた。

ありがたい。お礼を言ってバッグを受け取る。
中身は一眼レフと財布。グレゴリーのウエストバッグをデイトナキャリアに1本の自転車荷台用のゴ
ムで括り付けていたのが外れたのだ。ゴムはどこにも落ちていなかった。

しっかり着けていたつもりだが甘かった。1本なので1ヶ所外れたらアウト。
やっぱり箱が欲しいなぁ。それに括り付けるにもいい加減な自分にはやっぱりネットタイプじゃない
とダメだな。

20101226_01.jpg

気を取り直して強風の海岸線を。交通量が少ないので慣らし運転は迷惑で車に道を譲りながら走る。
長者ヶ崎でタイムアップ、OREGON450TCを頼りに海岸線へ下りてパチリ。

20101226_03.jpg

20101226_05.jpg

どうにもオフロードセンスが無いのでこの程度の砂浜でスタッグ寸前、汗かきながら手押しでUター
ンして脱出できた。強風の潮風たっぷり浴びてバイクに悪そう。

帰りに待ちに待った瞬間が!!!800km達成!!!
慣らし運転の第1ステージが終了したのだ、これで55㎞/h程度だった最高速が一気に80km/h弱に!

この差は大きい。これでもう後続車が気にならなくなった。
まあこれからは今までのバイク同様、別の意味でバックミラーを注意しなくてはならないが、
一般の4輪を気にしなくて良くなったのは大きな進歩だ。

しかし、良いことばかりではない。さすが単気筒125cc、5,000回転を超えると振動が格段に増えて
きて容赦なくハンドルに伝わってくる。んー、これはちょっと気になるレベル。

でもそんな事より速度がアップしたのは大きな変化、自転車ながら気分はぐぐっとバイクに近く
なってきた。これからが楽しみだ。

20101226_04.jpg

帰宅後に車体をみると砂まみれ、、、。
大掃除をほっといて洗車に専念した。

走行距離:146㎞

冬支度モンベルダウンジャケット

20101225_02.jpg

トムラウシ遭難事故でも記憶に新しい低体温症。
体の小さな子供は大人よりも注意が必要だそうだ。一番は汗をかいても濡れない化繊の下着類だが、
アウターももちろん重要。

大人のダウンはお預けで子供用のダウン(モンベル:ネージュダウンジェケットJr.去年モデル7,120円)
を購入。次男にも使えるよう長男用に。

次男用はすぐに着れなくなるので勿体無い。ってことで普段着用のユニクロダウンで我慢してもらう。

ついでに先日の三頭山でもクマが出たというのでびびってベアーベルを。
ついでについでに自転車用のサイクルヘッドバンド(1,800円)を。モンベルの同一形状のバンドを
使っているがフリース素材で厚みがあり、ヘルメットを被るのに邪魔なのと保温機能がありすぎて
暑いのだ。今回見つけたのはペラペラの素材なのでヘルメットの邪魔にもならず耳を風から守るには
十分な感じ。ちょっと高い気がしたが買ってしまった。


朝尾根幹(PINARELLO FP2)

20101225_01.jpg

今日は土曜日。通勤車も少ないだろうと思い尾根幹線へ向かった。
平和な多摩サイと違って容赦なく現れる坂やローディのお蔭で一気にトレーニングモードになる。

交通量も多くないし、土日の早朝は尾根幹線もいいな。
颯爽と走っているロードバイクを見ると良い刺激になる、多摩サイのおじいちゃんばかり見ていては
ダメか。

走行距離:31.9km
平均速度:24.3km/h
心拍数:154/185bpm

朝タマ(PINARELLO FP2)

20101224_01.jpg

寝坊。ばたばたと着替えをして出発。寝坊した分、強度を上げようと思うが、気持だけ空回り。
多摩サイも上流の国立折り返し方面は人気の狛江スタート地点と違って人影もまばらだ。

走行距離:27.2km
平均速度:25.3km/h
心拍数:141/170bpm

石井スポーツへ(KLX125)

20101223_01.jpg

プラズマイオンイエローで夜の街、立川のICI石井スポーツへ。
懐中電灯からジェントス閃305になった位の変化で、嬉しい。

20101223_02.jpg

20101223_08.jpg

最新の雪山用品が並んでいて目移りするがどれも高価で手が出ない。
薄手のダウンが欲しいが2万円近くする。

テルモス ステンレスボトル FEK-800(5,387円)のバーカンディカラーを。500mlを2本にするか迷っ
たが、800mlを1本にしてみた。持ってみてその軽さに驚いた。

他に冬用燃料(462円)を1本。厳冬期用のエクスペディションは昔の残りが数本、屋根裏に転がって
いるが、しばらくはそこまでの環境に行くことは無いだろう。

20101223_09.jpg

そして子供用の軽アイゼン(2,095円)を。先日の三頭山でも既に凍っていたし、非常用に持ってい
ても良い装備だ。

お店で店員さんに事情を話して子供用の靴に合わせてもらったがいけそうだったので購入。

帰宅してまだ洗っていない汚い長男のシューズに装着するとバッチリ。
確実に装着できることが確認できたので次男用にも買い足さねば。

生意気にプレートまで付いているし問題なく使えそう。
これで夏場の谷川で予想外だった雪渓なんかも対応できる。

自分は8本歯だけでいわゆる軽アイゼンを持っていないので、一緒に買っておくかな。

ヘッドライト交換他(KLX125)

20101223_03.jpg

まるで昔の懐中電灯のような暗いKLX125のヘッドライトを交換。
オフロードバイクはスペースが圧倒的に少ない。KLX250でHIDを装着したときはビキニカウル自体を
ステーで前に出してスペースを確保するという苦肉の策だったが、今回はあまり無理はしたくない。

20101223_04.jpg

と言うことで無難にハロゲンバルブ交換。
ノーマルは35wのだがこちらは60/55wで懐かしのプラズマイオンイエロー、一体今まで何個買った
だろうか、20年来のファン。保安基準の変更で今や新車装着が認められなくなったイエローバルブ
もしっかり売られていてほっとした。ジェームスで4,967円。

20101223_05.jpg

装着して早速点灯させると凄い発熱。樹脂レンズなのでドキドキする。
5分くらい点灯させても樹脂レンズは平気そうなので取り敢えずビキニカウルを元に戻す。

肝心の光量は黄色で暗い分を差し引いても大幅アップだ、いいぞイオンイエロー。ライジングイエ
ローも良いがこちらのほうが好みだ。
しかしHIDに慣れた老眼間近のオヤジの目には暗いライトの中で明るい方ってところ。

20101223_06.jpg

お次はZETAのハンドガード、グリップの端をカッターでグリグリすると、何か手ごたえがおかしい。
あじゃ、なんか付いてる。良く見るとパイプハンドルの中にバランサーが”溶接”されている!
アカン、、、。

ハンドガードの装着はハンドルバーの交換が前提となってしまった。

20101223_07.jpg

さて、気を取り直してホットグリップの本固定。
仮止めだった紐を外して、取説では上向きに装着する事になっている所を指先までの保温を優先して
下無向きに装着、これなら指先までしっかり発熱部分に触れられる。

ハンドルバーの交換をすることになってしまったのでそれまでの仮止めになるが、結束バンドで固定。
取り敢えずポジションに不満は無いのでノーマル同一形状のハンドルバーを探さなければ。

山専用テルモス

20101222_02.jpg
20101222_01.jpg

テルモス、今時はサーモスなんて言うらしいが、オヤジは由緒正しくドイツ語テルモスでいいのだ。
今まで雪山の山行でもこの手の保温ボトルは使っていなかった。

お茶が飲みたきゃ休憩のたびにコンロでお湯を沸かしていたし苦にもならなかった。
が、先日の三頭山で保温ボトルに温かい紅茶を持って行ったところ、美味しいこと美味しいこと。

コンロを使うまでも無く気軽に飲めるところが良い。
大人だけの山行なら、さあ1本入れようか、と最低1時間2時間毎の休憩になるが子供は15分歩いて
平気で休憩する。そんなときにいちいちコンロを出すわけにもいかないが保温ボトルなら簡単。

ほんとに今更ながら保温ボトルの便利さに気が付いた。
調べてみると最近の製品は山頂でカップラーメンを食べられるほど保温性が高いらしいのだ。

加えて遭難の原因となる低体温症を防ぐのにも温かい飲み物は有効であるらしい。当たり前か。

で、サーモス、いや、テルモスになんと山専用モデルが存在していた!
山”専用”ってのがまたガンダム世代の心をくすぐる。

何が専用かと言うと何より保温性を優先して、熱の逃げ口である開口部を敢えて絞り、凍結防止と
保温性の為に敢えて旧式のスクリュー栓を採用し、手袋でも開けやすいハイグリップな蓋と滑り
止めのゴムバンド、岩に置けるようゴムカバーが装備されている。

そして肝心の保温昨日はヤマケイ誌の実験で外気7度の環境下で95度のお湯が3時間後に90度!6時間
後に85度!と言う素晴らしさ。(FEK800)

http://www.thermos.jp/product/bottle/sports/fek-800.html

販売経路も一般店ルートには乗せず、登山用品ルートでしか流していないそうだ。
実勢価格は5,000円前後。

20101222_03.jpg
あとはそこまでマニアックに追求しなければ6時間後の温度が6度違うFEI-501は定価4,200円が実勢
価格1,700円!

ちょっとした山ならコンロを持たずにこれで済んじゃうじゃないか。
試しに安いほうを買ってみようか。

登り納めは三頭山へ

20101219_011.jpg

20101219_007.jpg 20101219_006.jpg

12月19日(日)
今年の登り納めで子供と3人で三頭山(1,531m)へ。

奥多摩三山(他に大岳山1267m、御前山1405m)の最高峰で自転車乗りとしてはお馴染み都民の森から
登る事が出来るお手軽ハイキング。

ゲートオープンの8時に合わせて7時前の遅めの出発。3日前まで積雪で通行止めだったという檜原街
道の気温はマイナス1度で融雪剤で黒光り、ノーマルタイヤでおっかなびっくり。

さすがにロードバイクもいないがオフロードバイクが3台下って来た。どこから来たのだろうか。
ロードバイクならゼイゼイ苦しい坂道もプリウスならすいすい、8時過ぎに到着、駐車場に車は数台。

物好きなオートバイ、というか原付が3台。凍っているかもしれないワインディングを良くもまぁ、
走ってきたもんだ、凄い。

山頂までの距離も短いので焦る事は無い、ゆっくり準備をして出発。
歩き出して10分でもう休憩する子供。その後も20分おきに休んでは紅茶をすすり、チョコを食べ、、、。

20101219_012.jpg

20101219_004.jpg 20101219_005.jpg

40分以上掛けて鞘口峠へ。ここからは眼下に奥多摩湖を眺めながらの尾根歩きで山頂へ。
都民の森には登山地図に無いたくさんの遊歩道があって過剰なほど道案内がある。

氷を見たり、雪を見たり、すぐに足が止まるのでなかなか進まないが、今年最後の山登りだし、
ゆっくりのんびり、子供に付き合いながら歩く。

山に登っている時は家にいる時より色々と話が出来て子供との距離が近くなる。
家にいる時と違って、鳥の話、木の話、山の話をしながら自然を感じて歩いて行く、、、はずが、

話は家にいる時と全く変わらずゲームの話ばかり。
クマ避けの鈴なんか必要無いほど騒がしく、一切ムードもなくカードゲームの話をしながら歩く親
子3人。

ほどなく最初のピーク(東峰)が現れる。

20101219_016.jpg

するとなんとそこに今まで話していたカードゲームのカードが1枚落ちているではないか!
子供たちは大喜び、すると今度は100円玉を拾って、更に大喜びの次男。今日は次男の誕生日なので、
誕生日プレゼントだ、この山スゲーと一人で騒ぐ。拾ったものは届けるなんて基本的な道徳、倫理観
のかけらも持ち合わせていないサイテーなカエルの子。

20101219_013.jpg

20101219_009.jpg 20101219_008.jpg

中央峰を踏んで昼食。
木に囲まれてはいるが360度の展望で最高のランチタイム。

コンビニで調達したパック入りのおでんの封を切りコンロで温める。
夏用ボンベの残りを持ってきたが、さすが火力が弱く、手で鍋の熱を伝えながらなんとか気化させて
使った。すっかり山から遠ざかっていたのでこんなことにも現地で気が付く始末。

おでんの選択は大成功、寒い中で食べるおでんは最高。
ここがテント場ならくーっとビールを至福のひとときになるのだが、今日はガマン。

ゆっくり1時間お昼ご飯を食べる。
中央峰、西峰と踏んで下山。

20101219_014.jpg

下山は沢沿いのルートで今シーズン3度降ったと言う雪がまだ溶け切らずに残っている。
場所によっては地面が凍ってい怖かったが、ここは北アルプスの稜線では無いのでその場で消息不明
になることは無い。

ここでも氷を見るたびに立ち止まってなかなか進まないが、楽しそうなので急かさず一緒に遊ぶ。

20101219_015.jpg

20101219_003.jpg 20101219_002.jpg

三頭大滝からはなんとウッドチップの絨毯をふわふわと。
これは快適、膝に優しい。

駐車場に着くと長男が「あれー、ぜんぜん足が痛くない」と。そりゃそうだ、かなりの楽ちんルー
トだったからな。でもこんな感じなら楽しく美味しく適度に自然と触れ合えるので登山のアプロー
チとしては良いのではないだろうか、来年は下山後に膝がガクガクするような山に連れてってやる
ぜ、待ってろよ。

OREGON450TCの積算距離は2.4km。あれ、もう少し長かったような気もするがこんなもんか。
少しだが雪を見るとやっぱり行きたくなる雪山。子供たちと行くのはまだまだ先になりそうだが、
それまでに肝心のガイド役がしっかり技量を上げておかねば。

来年は雪山復帰を目指そうと誓った今年の登り納めだった。

帰える頃には数台のロードバイクがゼイゼイアタックをしていた。
前後の天気が良ければ凍結の心配も無いし、まだまだアタックはできそうだが問題は人間のほうか。

朝タマ(PINARELLO FP2)

20101221_01.jpg

外気温2度、このへんの1度の違いは大きな違いのようで非常に快適。
アップ後にウインドブレーカーを脱いでも寒くない。気持ち良くてつい狛江スタート地点まで走っ
てしまったが、上流と違ってこちらは途端に人が多くなる。やっぱりおとなしく上流側を走ってい
よう。

走行距離:35.7km
平均速度:25.1km/h
心拍数:139/167bpm

登り納め!

20101219_01.jpg

今年最後の山は三頭山!
なんだかとても疲れた、、、もう起きていられない、記録は後で書こう。

防風ジーンズ

20101218_02.jpg

子供の登山用にユニクロのダウンを買いに行ったら売り切れ。
ちゃんとしたメーカーのものを買おうかとも思ったが、すぐに着れなくなり勿体無いので結局何も
買わず、明日は凍えてもらおう。登り納めで奥多摩の三頭山へ。

仕方が無いのでセール中の防風ジーンズ(2,990円)を買ってみた。
下にプロテクターを履くので2サイズ大きめ。
メーカー品は確か2万円くらいしたはずだから、2,990円の性能はどんなもんかな。

TPEAKの空気入れジョーブローが調子悪いので部品を取り替えてみたが症状変わらず、シューシュー
抜けるか、きつく締めると逆に入らない。何が悪いのだろう。

朝タマ(PINARELLO FP2)

20101218_01.jpg

今日はちょっとだけ早起き。
最近は汗をかくまで心拍センサーが仕事をしないのであじゃぱさんに教わった通りクリームを。
手元にあったのが塗る唐辛子だったので、とりあえずそれを電極に塗ると、きっちり鼓動を拾って
くれた。

30分ほどでウインドブレーカーを脱いだが、しばらく走ると冷たくて着直した。
汗を飛ばそうという考えが間違っていたようで、しっかりウインドブレーカーを着て風をシャット
アウト、ファスナーは半分以上開けないと暑くて不快だが、その分しっかり汗もかくが冷たくなら
ないのでこれでこれからはこのスタイルで行こう。
(ファスナー開けて前をばたつかせたせいで心拍計は誤作動)

ペースは130から140拍程度だけどこのペースで半月も走ってればそのうち坂に足が向く位に回復す
るかな。しろよ。

走行距離:36.8km
平均速度:24.3km/h
心拍数:133/298bpm

朝タマ(PINARELLO FP2)

20101217_01.jpg

今朝はシューズカバー装着。
多摩川はマイナス2度だ、シャキッと気持ち良いなんて強がりを言っていられない冷たさ。

ウインドブレーカーを脱ぐのに30分掛る。
こう寒いと汗冷えが気になってくる。ヒートテックじゃ無くてサラサラ系のアンダーにしないと
ダメだな。寒いのは我慢できるけど冷たいのはなんとも辛い。

走行距離:28.5km
平均速度:23.9km/h
心拍数:144/158bpm

朝タマ(PINARELLO FP2)



昨日より5度も低いと言う割には寒さを感じなかった。
国立折り返しから是政橋まで。時間が足りない、もっと早起きだ!早起きってのは結局早寝ってこ
と。早寝!早寝!早寝!

ここの所、余りにも強度が低いので少し踏んでみるが3分と続かなかった。

不調のデジカメ。多摩川で写真を撮ったはずが撮れていなかった。
完全に壊れてしまったようだ、、、困ったなぁ。

走行距離:28.1km
平均速度:24.5km/h
心拍数:134/161bpm

伊東へ(KLX125)

20101215_03.jpg

慣らしは続く。今日は昼前から伊豆に向けて発車。
往路は246号から、5,000rpm時々6,000rpm順守。右手に丹沢山塊を眺めながら小田原を目指す。

途中ヤビツアタックで良く聞く「名古木の交差点」が見えた。
これか!あの有名な名古木っていうのは。

早川でひと休み。このへんの休憩ペースも原動機付自転車ならでは。リッターバイクならバビューン
と小田原厚木道路ですっ飛んで行けるところだ。

早川から海岸線に。風が強い、軽い車体は結構煽られるが、ロードバイクよりは全然安定している。
今日はロードバイクはさぞや怖いだろう。

20101215_05.jpg

網代の漁港でまたもや休憩。
風が強くて波が立っている。餌をくれると思ったのか猫が寄って来た。

20101215_04.jpg

20101215_06.jpg

猫に元気をもらってもうひと走り。

20101215_07.jpg

伊東マリンタウン!到着!なんだこの到達感は。ロードバイクほどではないにしろ、達成感が。
伊東の原2仲間、ndさんと合流、ピンキーズ。

嫁からの注文で「お茶コーラ」なるものを購入。
ビン入りで6本も、ザックに詰めると割れそうで怖い。

ここでndさんからゲルザブを貸与、復路で試験運転させてもらった。

20101215_10.jpg

ふしみ食堂に移動して食事。

20101215_08.jpg

20101215_09.jpg

美味い!

20101215_02.jpg

更に嫁のオーダーでみそののあげ饅頭を購入、こいつもオーブンで温め直して食べるとめちゃ美味い。

今日はザックを括り付けたが、やっぱりこれがバイクの基本だな、箱よりかっちょいい。

ゲルザブ、復路100kmでの使用感はネット上の評判通り、1割、2割の改善というところか。
あの外観と引き換えにするには寂しい効果だ。

今日は何かの拍子で後ろのザックが尻に当たったというか乗っかったというか、寄りかかったような
感じになったときに尾てい骨の痛みが消えて、非常に快適に座ることが出来た。

今回のゲルザブの効果からして、ゲルの種類や量を換えたりする延長線上に解は無いように思えた。
自分の場合は何か形状を変えることで解決を目指したほうが良さそう。

帰りは平塚と橋本あたりで雨に降られて泣きそうになりながら帰宅。
グリップヒーターは効果絶大、手の寒さの不安は一気に解消された、凄いな。

走行距離:220km

朝タマ(PINARELLO FP2)

20101215_01.jpg

凄いガス。
おかげで気温は高かったものの、加湿器のミストの中を走っているようでサングラスは使い物に
ならず、自転車も体も直ぐに濡れてしまう。

真暗な多摩川も危ないのでしゃかしゃか度を上げてゆっくりと。
帰宅するとブレーキダストが垂れて自転車が真黒、、、泥や草もいっぱいついて、雨より汚い。

走行距離:29.6km
平均速度:23.9km/h
心拍数:120/152bpm

KLX250の残骸(KLX125)


だらしない性格もたまには良い事がある。

KLX250とさよならして随分経つが、バイクバーンの中に遺品を放置したままだった。
RSVのマフラーやハーディのハンドルは使えそうにないが、ZETAのハンドガードは使えそうな予感。

KLX250の時はハンドルが重くなったので、取り付けるか迷うところだが、そのうち取り付けてみよ
うか。

グリップヒーター装着(KLX125)

20101212_11.jpg

いいか、お前ら絶対バイク乗りなんかになるなよ。

20101212_12.jpg

走るのを我慢してグリップヒーターを装着した。
取り敢えずの装着なのでリレーも使わず、取扱説明書通りにフロントブレーキスイッチから電源を
取って、トップブリッジからアースで完了、簡単だ。

20101212_13.jpg

スイッチは配線が一番目立たないメーター脇に。
バッテリーもシュラウドも何も外すことなく、超お気楽配線。

20101212_14.jpg

取説通りに紐を上に向けて仮締め。

20101212_15.jpg

左側は前方向に紐を結んでみた。

早速試乗してみる。バイク人生で初のグリップヒーターだ。

走り出す前から熱を持ったグリップ、グラブを通して直ぐにその熱が伝わってくる。
凄い、こんなに良いものだったのか。近所を走ってみると保温部分が手の平にしっかり広い面積で
触れている左手はとても温かい。

一方、右手のほうは人差し指、中指はレバーに掛けているので効果なし。
手の平のも結び目に当たっているのでほとんど効果なし。
とはいえうっすら温かさは感じる。

こんなに効くならさぞや冬のツーリングも快適に違いない。
これならこんな簡易タイプじゃなくてちゃんとしたグリップヒーター買いたくなるな。

関係ないがデジカメが壊れて電源が入ったり入らなくなったり、、、しばらくまた携帯電話のカメ
ラになりそうだ。

師走ポタ(FRETTA2号)

20101212_03.jpg

師走の街をFRETTA2号でポタポタ。

20101212_01.jpg

今日は乃木坂駅からスタート、初めて走るところだ。風が冷たいがシャキッと気持ちが良い。
迎賓館を抜けてかすかな期待を胸にわかばに向かうが、やっぱり定休日。

20101212_04.jpg

黄葉も終わり掛けだがまだまだ綺麗な銀杏を眺めながら。
なんだか街がのんびりしていると思ったら今日は日曜日だ。日曜日に走るのは久し振りだ。

20101212_05.jpg

皇居ランナーがたくさん。一緒に皇居を何周か走った。

20101212_06.jpg

途中から通行止めでパレスサイクリングに。ロードバイクと追いかけっこで良い汗かいた。

20101212_07.jpg

BD-1のmixiのオフで30台くらいのBD-1が集まっていた。
あじゃぱさんのEDGE800は日本語表示で動きもサクサク、薄型でかっちょよかった、数年後は自転車
もみんなナビ付きになるんだろうか。

20101212_08.jpg

ビル風と戦いながら秋葉原、上野と、あじゃぱさんと。

20101212_09.jpg

アメ横も師走の空気。ここに来ると、あぁ、師走なんだなぁと、なんだか気分が盛り上がる。
お昼時で混んでいるのを覚悟して向かったのは昇龍、今年は何度食べただろうか、今日の主目的
なので小走りに店に急ぐとなんと空いていてそのまま店に入ることが出来た、いつもの豚掛け飯
を、美味い、美味い、めでたく今年の食べ納め。

店を出ると20人も並んでいた、入店のタイミングが良かったようだ。

20101212_10.jpg

不忍池、この枯れた蓮はどうするのだろう、このままじゃヘドロになっちゃいそうだ。
食べ過ぎたので市ヶ谷までゆっくり腹ごなし、電車で帰宅。

しかし、こんなプラスティックのサドルで薄いクッションのズボンしか履いていないのに全くお尻
は痛くならないのに、KLX125の自転車に比べたら物凄く厚いシートで直ぐに痛くなるのだろうか。

20101212_02.jpg

今日もOREGON450TCはしっかり仕事をしてくれる。
知らない街を積極的に走ろうと思えるのはこいつのおかげだ。

走行距離:34km

キャリア装着(KLX125)

20101211_07.jpg

デイトナ、グラブバーキャリア装着。
装着前の最後の雄姿。

20101211_08.jpg

サイドカバーを外して装着後、再度カバーを5mm弱だったかステーの干渉を避けるように削る。

20101211_09.jpg

装着!かっちょ悪いが仕方ない、実用車への第一歩だ。
シート部分にも掛かる長いステーなのでGIVI箱を装着してもまだキャリアが残るので、万が一箱が
一杯になってもキャリアを使ってシート上に荷物を固定でいる。

それだけ積む機会はキャンプでも行かない限りは無いかな。
一気にホットグリップまで装着しようと思ったが、サイドカバーを削るのに予想以上に時間が掛かっ
てしまい、これにて終了。

初回点検と試乗(KLX125)

20101211_02.jpg

まだ400km走行だが、ショップに行く都合で初回点検実施。
オイル交換(4CT)2,520円、エレメント交換872円、空気圧、チェーン張り、各部点検、締めて3,392円也。

20101211_04.jpg

オイルは結構汚れていた。
考えてみたらたったの1リットルで全てを受け持つんだから負担は大きいだろうな、普通のバイク以
上に気を使っても良いかもしれない。

特に問題なく終了。



問題あったのはこっち、Ninja1000に「試乗車」の文字が。
見ない振りをしていられたのも10分。



気が付けば、バウンバウンッ、とNinja1000に跨り右手が動いていた。
店長さんのZZR1400とランデブー走行での試乗。

体は忘れていないもんで普通に走り出す。
おわぁ、、、甘美、官能的、悩殺的、、、顔がにやけっぱなし・・・以下省略。

Z系のエンジンはZRX1200Rとはまた別物だ、なんt・・・以下省略。

いやぁ、まったk・・・以下省略。

整備を終えたMy KLX125に跨り夕暮れの街へ。

20101211_06.jpg

うん、いいじゃんKLX125。


朝タマ(PINARELLO FP2)

20101211_01.jpg

10分だけ早く出発。20分も早く布団脱出に成功したものの耳当てと冬グローブを探して10分ロス。
外気温は見ない事にしていたが、今日はMAVICの外気温表示を見てしまった、1℃、、、予想通り
見ただけで体感気温が3度くらい下がった。寒い。

それでもモンベルの耳当てとパールの冬用グラブでぐぐっと快適。
そのせいでシューズカバーの無い足が気になるようになった。次はシューズカバーもしないとダメ
かな。

いつもより暗い道路を四谷橋へ向かう。
ペダルを踏むようにすると足裏の血流が阻害されるのかしびれたように寒くなるので、足裏に力を
感じないよう回す、回す、これで随分と足の冷たさが変わる。

運動して発熱しているので、その温かい血液を毛細血管まで送ってやれば良いのか。
30分ほど走ると耳当てもグラブも暑くなってくるが、止まると汗が冷たくなるのでそのまま走る。

ウインドブレーカーを脱ぐようにグラブも途中で夏用に替えるようにしよう。

20kmあたりでガス欠のようにペースダウン。就寝前に食べる夕飯の消化のつもりで固形物は何も食
べずに走っているが、何か口に入れて来た方が良いのかもしれない。

走行距離:33.8km
平均速度:24.9km/h
心拍数:133/163bpm

保証書到着(KLX125)

20101210_02.jpg

明石の株式会社カワサキモータスジャパンから保証書が届いた。

20101210_03.jpg

グッズカタログを見ていたらローソンヨーヨーとか竹とんぼ、けん玉まであって驚いた。
こんなもん需要があるのだろうか、、、買っちゃおうかな。

朝タマ(PINARELLO FP2)


寒い寒い寒い。
出走1分後に心拍ゼロ表示、10分後に復活。寒いから猫も拗ねているのか。

ほぼ貸し切り状態の多摩サイ、この朝焼けは何度見ても飽きない、これで寒い辛さも報われる。
あとは距離だ、いくらなんでも短すぎて自己満サイクリングに終わってしまう。
あと1時間、あと1時間早く家を出なければ。

走行距離:22.8km
平均速度:24.4km/h
心拍数:143/167bpm

キャリアが来た(KLX125)


来たのはTRIUMPHのタイガー800XCではなく、DAYTONAのグラブバーキャリア8,078円だ。
ホットグリップもキャリアも取り付けている時間が無いな、こんなの取り付けている時間があれば
その分走りたい。

乗れず

今朝は明け方だけ雨と言う嫌がらせのような天気で乗れず。
今週末はBD-1の集まりがあるようで、登録はしていないのでゲスト参加予定、FRETTAは久し振りだな。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。