FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOOK 695 Alchemy Pack

20130430_02.jpg

日課のLOOK695関連ページサーフィンで見つけた。

There is no doubt that LOOK makes one of the most beautiful bikes on the road. Knowing that there will only be 250 special editions made makes it even more of just a fantasy. The limited edition LOOK 695 Alchemy pack will include LOOK’s flagship White/Red 695 frame, the EDH carbon handlebar, matching Kéo 2 Max pedals, and the highly touted ZED 2 crankset. Available in May, 2013.

ふむふむ、なるほどね。
と言うほど英語力が無いのが寂しい所だが、なんとなく250台限定の完成車が5月に出るんじゃないか
という雰囲気な文章。

ノーマルカラーの白赤フレーム。かなりの有力候補だったが、上から見ると黒ばかりで少し渋すぎ
るかと敬遠したカラー。

でもこうやって見ると地味じゃないかなあ、と思えてくる。
なにせ基本カラーなので飽きは来ないはずだ。

20130430_01.jpg
20130430_03.jpg

トップチューブは本来一番下の写真のように黒字に白文字でLOOKなのだが、上3枚の完成状態では
何故か赤縁取りの黒文字でLOOKになっている。

どちらが本当なのだろうか。
まぁ、今更関係ないんだけど、あんまりカッチョイイカラーリングを後から出さないでよねLOOKさん。
スポンサーサイト

ワイズ、なるしまポタ(FP2)

20130429_01.jpg


仕事を終えてくるっとお散歩。

ワイズへ、
なんと品切ればかりだったマビックのエアロシューズカバーがあったので、ゲット。

汗対策でキャップを物色。夏用といえどキャップはヘルメットからの風邪を遮るだろうから、ヘッド
バンド形状のものが良さそうだった。

あとアイウェア、今のRUDYは良いのだが、レンズの交換はいささか面倒。
朝練はクリアで、これからの時期昼間はスモークが欲しい。

毎回付け替えるのが面倒なので安いのを買おうと思ったがOGKがめっちゃ安いので普段使いには
これで十分かなと。RUDYのレンズ代だけで本体にレンズまで付いてくる。

なるしまにも寄ったが、スースーメッシュなキャップは無かった。

あそだ、あと先日買ったパールインナーのLサイズは腕がゆるゆるでとても着られるレベルでは
なかった。勿体ないから冬のインナーとして使おう。

走行距離:23.5km

風張峠、青梅側からノブさんとサイクリング(FP2)

20130428_03.jpg

今日はノブさんと奥多摩サイクリング。
青梅側から、新緑の奥多摩湖畔を気持ち良く走る。これは五日市側にはない解放感でなんとも気持
ちが良い。風がとても爽やかだ。


最近ずっと都民の森TTばかりだったので、おしゃべりしながら走るのが新鮮。
ラスト数キロは一応追い込んで2本。

月夜見駐車場の風がまた心地よかった。

20130428_02.jpg

だらだらっと上ると都道最高地点。初めて写真撮った。

20130428_04.jpg

都民の森に下りるとなんと黒バイが!
こいつは関西だったか九州だったかで暴走族対策に導入されているのは知っていたが関東に入ってい
るのは知らなかった、夜走るのだろうか。

車もバイクも自転車も大賑わいの都民の森。
4輪は上の駐車場も全部満車だった。

20130428_05.jpg

味噌の塩分が美味かった。

20130428_06.jpg

脚をピクピクさせながら下って、本日のメインイベント大勝軒!
塩分補給に最適、美味かったなぁ。

満腹でゆるゆると帰路へ。
ノブさんと二人で楽しい奥多摩サイクリングだった。TTも良いけどやっぱりサイクリングも楽しいなぁ。

今日も重いギアを踏んだので帰宅直後に既に筋肉痛だ。

走行距離:137km
獲得標高:1,750m

フォローフィットとローミン。

20130428_01.jpg
コンセプトストアへフォローフィットへ。
先ずはサドル。
ローミン、トゥーペ、それにフィッターさんご提案のMTBでこれはちょうど前者の中間的な形状。

結果はローミン。色々あったが決め手は先端形状の太さ。
今の骨盤前傾フォームだとローミンのくぼみにすっぽり傾斜にすると前上がりになるので股間がキツイ

ので尿道優先で後部安定感は若干犠牲にしたポジション。
平らならトゥーペが良いんじゃないかと思うが、トゥーペはやはり後部の安定感が希薄。

MTB用は前部が細く、面圧高くなるので却下。他は良かったのでこいつにローミンの先端がドッキング
したらマイベスト。

お次はペダリング。
BGFIT後に踏み踏みペダリングになったせいか、足首が内側に倒れて極稀に膝がフレームにかするよう
になったのではないかと。

更にアーチをきつくしたりシム追加の必要性が無いかと心配だった。
ローラー台で重い負荷で踏み踏みペダリング、、、、

かなり大袈裟に踏んだつもりだったが、フィッターさんの言葉は意外なもので、自分で思ってるのと
違って綺麗に回ってますと。膝の軌道も真直ぐですよと、、、あへ、拍子抜け。

恐らく大臀筋が疲労した結果の事だろうと。
言われてみると練習終盤で出ていたので、納得納得。

という事でめでたしめでたし。

帰りにショップへ寄ってサドルを渡してSRAMのガーミンマウントも注文。
これで全て調達。晴れて納車待ち体制に。

GW明けにはなんとかなりそうだとの事だった。

明日はフォローフィットへ。

明日は仕事を終えてからフォローフィットへ。
膝を痛めてからずっと踏まずに引き脚中心のペダリングだったがBGFITで大幅にカント調整して
もらってからは踏み踏みペダリングに変わってきている。

そのせいか、BGFIT時のペダリングではなくなっているのでたまに膝がフレームに当たるように
なってきたのだ。

サドルを決めるついでにこのあたりも見てもらうのが目的。

ボトルケージ(LOOK695)

20130425_01.jpg

すっかり忘れていたボトルケージ、LOOK純正で行こうと思ったらこれが1個6,820円と高価なうえに
LOOK695への装着率が異様に高くちょっと躊躇する。

同じものを製造元?のエミネンザで買う手もあるが、やっぱり形状が同じなのは寂しいので別口を
探してみる。

20130425_02.jpg

今回のフランスカラーはフレームがトリコロールなのでケージも遊んでみようかと、ブルーで探す
と、ブラックバーンのカーボンが出てくる。ブルーはかなり少ないのだ。

20130106_03.jpg


20130425_03.jpg

こいつも4,725円と決して安くは無いが、デザインで被ることは無い。
ポリカーボで1,000円程度のものもあるので、いっそこっちでも良いかもしれない。

先に注文しておくか、手堅く実車が来てから実車を見ながらしっかり選ぶか、どうすっぺ。

E-POSTのメリットは何だ(LOOK695)


20130423_01.jpg

695はいわゆるインテグラルシートポスト、フレームとシートポストが一体化されている。
LOOKの呼称はE-POSTだ。

こいつはフレームをぶった切るので切ったら最後、サドル高を簡単に、更に細かく変更できない
という恐ろしいシステム。

そんな大きなデメリットと引き換えに得られるものは軽量化なのだと勝手に思っていたが、ふと
目にしたWEBページでその重量が210g程度と記されていて驚いた。

LOOKにはこのE-POST嫌いのためにRSPシートポストってのが用意されていて、こいつを装着すれば
普通の自転車のようにミリ単位で自由にサドル高を変更できるのだが、こいつの重さがなんと210g!
20130423_02.jpg
そう、どちらも重量は変わらないのだ。
どういう事なんだろう、まさか見た目のすっきり感のためにこのデメリットを受け入れなければ
ならないのか!?

剛性アップなんてこのレベルじゃ体感出来る訳は無いし、、、むぅ、不思議なシステムだ。

ハンドル、チェーンウォッチャー、バーテープ決めた(LOOK695)

20130421_01.jpg
子供とサマーランドに行った帰りになるしまさんへ。

ハンドルはDedaだったのに白が艶消しだと言うので却下、店頭であれこれ触って結局以前から気に
入っていた3TのERGONOVA PROにした。ホワイトは3万円なので買えず。

バーテープはトリコロールにしようと思ったが、店員さんのアドバイスで煩すぎるでしょってこと
で却下。代わりに青白二色バージョンを紹介してくれたのでそちらに。これは良さそう。

チェーンウォッチャーは9000に必要ないかと思ったがカーボンフレーム気付付けたくないので保険
で装着することにした。未練たらしくSRAMで決まり。

一緒にシャマルを持ち込んだ。
こちらは9000用に11速フリーを組んでもらう。

さあ、残るはサドルのみ!

小山田6周(FP2)

20130420_01.jpg
仕事の都合で早朝まで休めるかわからずにいたが、朝7時ごろ休み決定。
さて、本来なら山中湖に行く予定だったが夜から雨予報。こうなるとビビリとしては昼上がり決定。

迷いながら家を出るもいつでも帰れる近場に。
オヤジ朝練も本日なので一緒に走れたらと思って向かう。1周目は合流を期待してチンタラ走るが

お会いできず。がっかりしてさらにチンタラ走る。
なんとも煮え切らず、STRAVAでも一切記録の残らない低調ライド。

それでも獲得標高だけは1,388mと頑張ったのでペースは許していただきたい。

明日はなるしまに寄ってシャマルに11Sフリーを装着してもらおう。

走行距離:87.2km

自転車諸々。

ハンドル
ワイズで現物ニギニギしてきた結果Deda ZERO100に決めた。

フォローフィット
担当さんと電話で話した。
膝痛が治まったせいか踏むペダリングになってきているせいか、たまに膝がフレームに当たるように
なってきたのでその相談をする。

都内くるっと(ZRX1200S)

今日は車検のハズだったのにネット予約を間違えて昨日予約になっていて無断キャンセルとか、、、。
来週取り直すことにして都内をくるっと。

ノーマルマフラーの静かな加速は良いもので、耳障りな排気音がないのでついつい余計に加速して
しまう。

加速にブレーキ、左右確認、後方確認、路駐車のドア開け、タクシーの急停車、、、バイクの感覚
を取り戻すリハビリにはツーリングより都内をごちゃごちゃ走る方が手っ取り早い。

高速は使わず、忙しく下道をちょこまか走ってどっと疲れた(笑)
レッドバロンで自賠責更新して終了。

書類は揃ったので今度はしっかり予約しなければ。

フレーム入庫!(LOOK695)

20130413_02.jpg

ツールド八ヶ岳を棄権して私用をこなしてから軽く走ろうと思い何の気なしになるしまを覗くと
なんとフレームが入庫しているとの事!言ってよ入ってるなら(笑)

待った、待ったよ、この瞬間を。
発注から3か月と1週間。ついにご対面です。担当さんは納車説明で30分待ちとのことで近所をふらり
周って帰るとまだまだ。結局50分後にようやく。

その間、フィジークアリオネを試したり、都民の森帰りのメンバーさんとお会い出来て色々お話を。
都民の森は54分だって、すげえなあ。

ノーマルアリオネは残念ながら尿道アウト。
チームカラーのブルーがフレームにどんぴしゃだったのに非常に残念。

で、ご対面!ネットでも極度に露出の少ないナショナルフラッグコレクション、フランスカラー。
自ら手に取って眺める。

想像以上でも以下でもない。思った通りと言う感じ。ブルーも綺麗でよい感じだった。
しかし塗装の質は想像以下、プレミアムシリーズは職人が1本1本塗るのでクオリティが高いと聞

いていたが、まあちょっとなんというか、塗り分けの段差とかがっかりするレベル。
塗装を薄くしてまで重量を削るハイエンドバイクに求めるもんじゃないとは言え、もうちょっとね。

20130414_03.jpg

BGFITで変更になったバイクポジションを再度採寸してもらう。
ステムもシートピラーも切ったものは戻せないので、まずは高目から始めましょうという事に。

コンポ:9000
チェーンリング:LOOK純正ZED2・50×34
ペダル:スピードプレイ青
ホイール:持ち込みシャマルのフリー11s化

保留事項:
ハンドル、TNIかZIPPが良さそうだった。
サドル、ノーマルアリオネは尿道アウトだったのでスペシャのローミンかトゥーペ2択。

今日はここまで。

走行距離:26km

ツール・ド・八ヶ岳棄権(FP2)

以前勤めていた会社の上司が電話をくれた。
話振りからすると戻ってこないか的なラブコールと希望的観測。

急遽日曜日に会う事になった。
もしも転勤するとなれば人生の転機なのでちょっとレースどころではない心理状態で残念ながら
ツール・ド・八ヶ岳は棄権する事に。

しかし漠然と待っていたとは言え、独り身お気楽独身ではなくなってしまったので、いざとなると
諸々ハードルは高く簡単ではない。

ま、まずは話を聞く事からだ。

車検準備(ZRX1200S)

20130411_03.jpg
20130411_01.jpg
20130411_02.jpg

気付いたら車検が迫っていた。
例によってユーザー車検だ。納税証明を再発行してもらって、自賠責を延長して、マフラー交換。

立川の車検場を来週の水曜日に予約した。何事も無く終わればよいが。
HIDは面倒なのでそのまま。タイヤも換えたばかりだし、何も不安要素は無いか。

昨日久し振りに1時間ほど近所を流したがやっぱりバイクは気持ち良い。
しばらく乗っていないのでとにかく動体視力が追いつかない、自転車に比べたら超早送りで景色が

流れるので脳の演算スピードが追いつかないのだ。それでも最後は少しだけ慣れてきて楽しかった。
リッターバイクはやっぱり麻薬だ。

サドル迷う。

20130410_01.jpg
20130410_02.jpg

スペシャのローミンかトゥーペで決めていたサドルに伏兵が。
フィジークアリオネのチームエディション。

こいつがセンターにブルーが入っているのだ。

20130410_03.jpg

若しくは今と同じサドル、アリオネバーサスのカーボン。
こいつはサイドに赤が入って色的には良い感じ。

フィジークの問題点はシートレールがやたらに高い事で、スペシャ比1センチも差があるのだ。
つまりフィジークを選ぶとシートポストを1センチ余計に切らねばならないのだ。

むぅ、悩ましい。

多摩サイ、尾根幹線、いろいろ(FP2)

カズさんがSRAMREDを見せてくれると声を掛けてくれたので有難く試乗ポタ。
7:00矢野口ローソン集合、ヤスナリさんとカズさんが先着。

早速SRAMREDオルカに乗らせて頂く。
見た目は文句なしにかっちょいい、このクランクが使えないのは非常に悔しい。

でもレバーもディレーラーもREDが入って良い感じ。
肝心の操作感もバッチリ、ダブルタップは言葉だとイマイチわからなかったが、触ると簡単。

チョイ押し、クリック感がしっかりある。そしてそこからグイッと押し込むと逆シフト。
フロントもスパンと決まる。これは確かにクセになる。

駐車場でクルクル試乗させてもらたが、その間で十分慣れてくる簡単さ。これ良い。
戻ってカズさんと話していると気になる事が、ローで空打ちした時になんと1段戻ってしまうのだ。

これはちょっと気になる。インナーローでひいひい言ってる時に、ついやってしまう操作だが、
シマノは何も起こらない。これが28Tから一気に24Tにガツンと落ちた日にひゃ、貧脚へのダメージ

たるや、場合によっちゃ致命傷。慣れると回避できるらしいがちょっと自信がない。
それ以外はめっちゃ良かった。

その後は尾根幹線スタート、なんと新車セイさんが目の前に!終点まで一緒に走った。ブラック
フレーム、KUOTAハイエンド、かっちょ良かった。

ふくらはぎを痛めているので引き脚ゼロで、踏み踏み。必然的に重いギアでローケイデンス。
これがまた悔しいのが必死にゼイゼイ上った若葉台を軽く上回りセカンドベスト。

やっぱり普段から踏んだ方が良いのだろうか、、、でも長続きしないハズなんだよなぁ踏み踏みは。
その後は楽しくおしゃべりしながら多摩サイ経由でランド坂で締め。

色々おしゃべり楽しかった。

83.3km

昼ポタ、多摩サイ、V坂、尾根幹線(FP2)

長男の入学式を終えて、午後勤務までの空き時間にちょいと。
多摩サイくるくる、V坂くるくる、尾根幹は重めでで踏んで。

先日痛めたふくらはぎの痛みが取れず、引き脚は無しで踏み踏みで走った。
尾根幹で漫画に出てくるような可愛いローディーを見た。信号で追いついて、その後軽く千切られ
たが可愛かったなぁ。

不思議だったのは若葉台がPRの1分30秒だった。しかも信号からゼロスタート。
ちなみにセカンドベストは1分38秒。

これがたまにある不思議な現象で、まったくタイムを狙わず重いギアを練習がてらぐいぐい踏んで
いくと何故か知らないがそのまま踏めちゃって速度が落ちないのだ。

今回もこのパターンで、心拍は低く流している感じ。
もちろん引き足なしで大腿四頭筋使ってぐいぐい踏んでるので長続きはしないのだがそれにしても
ゼイゼイハァハァ頑張って死ぬ思いで上り切ったタイムを8秒も短縮しているとは実感がない。

走行距離:36.6km

朝ポタ(FP2)

昨日の事、寝坊で近所をちょろっとポタリング。
連光寺で攣ったふくらはぎの痛みがなかなか消えず。

走行距離:15㎞

LOOK納期連絡キタ!


先週ショップに電話した返事が来た。
なんと今週中にもフランスを旅立つそうだ!

なんか出来過ぎなタイミングな気がするが、まいっか。
注文から3か月だ。早くて4か月、長いと6ヶ月と言われていたのでまさかの早さで驚いている。

さあ、いよいよコンポを決めなければ。
10速SRAMREDか11速9000DURAか。

クランク抜きで考えるので重量差は百数十グラムで自分としては無視。
となると、ダブルタップか11速か、変速性能か。

11速REDが出ていれば迷わずREDだったが、今買うとなるとすぐに型落ちになるREDはちょっと引っ掛かる。
11速なんて要らないと思っていたけど28Tが必要な貧脚としてはこの1枚はかなり効いてくる。

21-24-28と行くところを21-23-25-28になるのだ。
何がキツイってひいひい言いながらのクライム中にこの24-28の飛び具合が足に来る。

25Tで十分だぜってな脚があれば11速なんか興味なかったが、これなら11-28Tひとつで普段使いから
ヒルクラレースまでカバーできる。数千円で買えるアルテと違って何万もするカセットなど1つで
済めばそれに越したことは無い。

でもSRAMREDのブランドイメージは好きだ。

あとはサドルか、BGFITのフォローフィットを受けてポジションを最終確定してサドルも決めよう。
あとハンドルも。忙しくなりそうだ。

強風の連光寺坂(FP2)

20130407_01.jpg
予想外の好天だったが、雨と見込んで次男の散髪予約を入れてしまい、10時過ぎにようやく出走。
風が強いので尾根幹線などは怖くて連光寺坂へ。

ところがこれが恐ろしい向かい風。体感斜度3パーセントアップで練習効果は高そう。
が、5本目で脚が攣って自販機前で腰を下ろして大休止。が、風がやたらと強くなってきたので退散。

昨日届いたパールのアンダーは1~2センチほど袖が短く失敗。

心拍表示が低いので心拍計の電池交換しようと思ったがなんとトルクス、しかもT5!こんなん持って
ませんて。アマゾンで200円送料込だったのでポチッた。

どうもプラスからトルクスに仕様変更されたようだ。全く迷惑な仕様変更だ。

走行距離:46km

パールのアンダー。

20130406_01.jpg
半ドン終えてなるしまへ。
担当さんはずっと新車購入者の対応で話せなかった。僕のLOOKちゃんはいつやってくるのだろうか、、、

天井に吊るされた695のモンドリアン、レッド、もう何度眺めただろう。
ハンドルとコンポの相談をしたかったがまたの機会に。

で、パールのアンダーを買ってきた。
袖がUVアームカバーになっている。毎年UVアームカバー単品を使用しているが、こいつの不便なと
ころは次第にずり落ちてくること。胴体がジャージと2重になるが速乾素材だし大丈夫だろう。

これなら良さそうだ。サイズに迷ってショップで何度も現物をフィッティングさせてもらったが、
例によってMとLの中途半端体系、Mにしてみたが乗車姿勢だとちょっと手首が出てしまいそうな
感じ。これでLだと腕がだぶだぶになるんだよなぁ。

朝練(FP2)

20130405_01.jpg
久し振りの朝練。
やまめの学校の動画と教科書を読んでから初めての実走。

遊びでなんちゃってやまめ乗りをしてみたらその区間がPRだった。
先生の言うところの勝手に足が回る「夢の内燃機関」が分かる気がした。

乱暴に言えば前乗りして骨盤と上半身倒して荷重が前ペダルに乗るようにすると自然にペダルを
踏めて後ろ足は引き脚をする必要もなく荷重が抜ける。

とても今の自転車のポジションで出来る乗り方ではないが、短時間の真似事ならできる。
一度やってみると、これならきちんと習ってみたいなぁという感じはする。

これも乱暴に言うと今までもクライムだけでなく平坦のフル出力時にも前乗りになってペダルを踏
んでいたのは、実はやまめ乗りに通じるところがあったんじゃないかと思ったりもする。

とは言え、先生も「つまみ食いは無い」と言っていた通り、どこか一つを今の乗り方に取り入れた
ところでただでさえ破たんしたライディングが更なる破綻をきたすことは目に見えているので、

ここは富士ヒル終わるまではぐっと我慢。今までのスタイルで行かなければ。

走行距離:33km

雨。。。

恒例水曜日の雨で乗れず。
春休みの子供と1日遊んだ。

やまめの教科書を読んで少しローラーを回してみたが、教え通りのポジションはかなりハンドルが
前に出ることになるので今のバイクではとても真似ができなかった。

更に通常6時の下死点が7時。引き足は使わない、なんて考えてるとなんだか頭がごちゃごちゃに
なって今までのペダリングもぎこちなくなってしまう始末。これは難しい。

もう一度ゆっくり動画を見直してみるか。
座学の動画

https://www.youtube.com/watch?v=Gixe96zLMN0

納期確認中。

じっと我慢の子でいようと思ったが聞いてしまった。
注文から3か月経った。代理店に直接聞いてしまったら、販売店経由にしてねと言われたので、
なるしまさんに聞いてしまった。代理店に聞いて連絡してくれることになった。

ちらっとコンポの話をしたが、9000もREDもどちらも良いコンポなので、、、、という事だった。
そりゃそうだよな、うん。

まぜるなキケン。

写真 2013-04-01 20 39 38

BGFIT以降、竹谷さんLOVEだったのが、ひょんな事からやまめさんに浮気。
こちらも動画を見て衝撃を。

ライテクちゃんぽんはご法度。
わかっちゃいるけど、、、

サドル返却。

昨日はレンタルしていたトゥーペを返却した。
なるしまさんとスペシャで色々相談した結果としてはサドルの形状では無くクッションの厚みだろ
うってことで、ひとつ厚みのあるタイプならローミンでも大丈夫ではないかという結論。

形としてはトゥーペが無難だが、ここは決まれば絶妙なフィット感のローミンに挑戦してみたい。

あとはコンポとハンドルだなぁ。
DURA-ACEかSRAMREDか、相変わらずネット徘徊しながらあっちに傾きこっちに傾き。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。