FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯谷温泉ツーリング行って来た。

20141026_01.jpg
愛知県の湯谷温泉へ泊ツー、1泊2日791km、無事に終了。
スポンサーサイト

週末は愛知へツーリング

週末は湯谷温泉へお泊りツーリング。
1週間前から充電器を繋いでおいたので準備万端だぜ、と昨夜セルボタンを押すと、
「チチチチチチ」
バッテリーが死んでる。

充電器はオプティメイト3だが、1年前くらいだろうか、初期の診断モードが働かなかったので
おかしいなとは思っていた。それでも充電は出来ていたのでそのまま使っていたが、どうも
充電器がおかしいのではないかと、昨日オプティメイト4をポチッた。

今日中に到着するのでこれで一晩充電するか、昨夜から充電しておいた予備の新品中華
バッテリーで行くか。

まあ最悪の事態は逃れそうだ。

ザック新調

20141021_04.jpg

20年モノのザックを新調した。
今まで使っていたのはモンベルの50リットルで、こいつには北アルプス、南アルプス、正月の八ヶ岳まで
お世話になった。

20141021_02.jpg

夏場のテントの2泊3日では問題ないが、冬場はちょっと厳しくサイドバッグを付けなければならなかった。
アイフォンはplusを買えなかったが、ザックは思い切って大き目、カリマーのクーガー70-95リットルにした。

20141021_03.jpg

20141021_01.jpg

これはデカいだろうと思って、比べてみると、なんとなんとほとんど変わらない。
写真のカリマーは上部を絞っているので広げるとモンベル並みに広がって上にも幾らか伸びる。

それにしても20Lの差は感じられない。
この業界の容量表示は車のトランク容量表示のように規格化されていないのでそれぞれ適当な方法で
容量表示しているのだろう。

ともあれ、大き目を買っておいて良かった。当初の50-75を買っていたら泣いてたな。
恐らく全てのポケットを拡張使用すれば今までより20L近くは容量が増えそうなので、重さが許す限り
余計な物を持って行ける。

それは少し贅沢な食事だったり、ひとつ余分な防寒着だったり、予備の食糧だったり、詰め込めるに越したこ
とは無いのだ。

肝心の背負い心地は実際の重さで2日、3日と歩いてみなければわからない。
今年中にどこか行きたいところだ。楽しみ楽しみ♪

ランタンシェード

モンベルクラッシャブル ランタンシェード
このくしゃくしゃの筒が1,000円ですよ奥さん!

テント内でヘッドライトを使うと指向性が強すぎて非常に不便。
オートキャンプのようにランタンを持って行ける訳じゃないので何とかしたいのだが、こんなもんはコンビニ袋
で良いんじゃないかとか考えているうちにいつも買わずにいたが、ついに買ってしまった。

20141020_01.jpg

露出の都合で実際にはこの二枚の中間の感じ。
まあなんちゅうか、ヘッドライトも付いておらずこのくしゃくしゃ筒だけが1,000円か!

とも思うが、タイヤもチューブもギアも付いてない自転車のホイールが10万円だったりすることを思うと物凄く
お値打ちに思えてくる。

今度のテント泊がたのしみだ。


バンクデビュー

20141019_04.jpg
全く自転車に乗っていないのに何を思ったのかバンクデビュー。
競輪場へ入ったのは初めてでその角度に驚く。
400mトラック、なんと30度のバンク、近くに寄って見ると更に迫力がある。茂木のオーバルだって10度です。
そう、富士スピードウェイの幻の30度バンクの話を聞いたことがあるくらいでまさか自分がしかも自転車で
走る事になるとは夢にも。

20141019_03.jpg 20141019_05.jpg

もちろん直結ピストバイクも初めて。
レクチャー、先導してもらって、恐る恐る走り、200mと1,000mの計測までしてもらった。死んだ。
バンクはとても最上段まで上がれなかったがあれはちょっと快感になるかもしれない。


GIVIにLEDストップランプ(ZRX1200S)

20140615_01.jpg
20141019_02.png

先日装着したGIVIのV47だが、オプションとしてハイマウントストップランプLEDの設定がある。
ヒカリもの大好きなのでほっとける訳がない。

20141019_01.jpg
で、入れてみた。
明るさは明る過ぎず、暗過ぎず。こんなもんかと言う感じ。
海外製なので半分自作する覚悟でいたがそこまで暗くは無いので良しとしよう。

V字発光なのでなんか子供っぽいのがイマイチ。
水平な発光面もあるので、自作で面発光させても面白いかもしれない。
チンドン屋にならないよう気を付けながらやってみようかな。



ザック

20141014_01.gif
今使っているのはZEROPOINTの50Lのザック。
これで南アルプス、北アルプス、八ヶ岳と何処へでも行ったもんだが、20年の月日の流れは隠せない。

愛着ではカバー出来ない事もある。
先日の唐松ではウエストベルトの芯がバキッと折れ、持ち手の付け根はビリビリ音を立てて破れるわ、
ちょっと怖くなってきた。

夏は50Lでギリギリ、冬になると50Lでは足りずにサイドバッグを付けている。
次は少し余裕をもったサイズにしたい。

色々検討したが、カリマーの50-75Lに落ち着いた。
色はやっぱりKブルー、この色で決めたようなもんだ。気持ち良いブルーの空の下を歩きたい。

プロテクター新調

20141013_01.jpg
ホンダのプロテクターを愛用していたが、10年以上使ってくたびれてきたので新調した。
使い勝手を優先した胸部セパレート型が多いが、安全の為に付けるのだからここは引き続き胸部ワンピース型で。
脱ぐの面倒でツーリング先でこのまま海鮮丼とか食べてそうだな。

SK-688 スプリームボディプロテクター
当初Mサイズを買ったが脊椎側が短く前後等長になってしまったのでXLサイズを買い直した。

ズボンとの相性がありそうなのでこれは使ってみないとわからないが、上手く収まってくれることを願う。
しかしホンダの4分の1近い価格が気になる。
レビューにあるほど安っぽいとは思えないけどな。

例によってこんなもんが役に立たない事を願って安全運転に精進します。

唐松岳

20141011_01.jpg
久し振りの北アルプス。唐松岳に行って来た。
ハシモトさんと会社に6時待ち合わせで10時ゴンドラ。黒菱平駐車場は既に満車案内が出ていた。

ログが飛んでしまって時間が適当だが確か小屋には3時着だったろうか。
テントはダンロップを持って行ったがなんとポールを間違えてアライにしてしまい泣きそうになるも、大は小を、、、
で2つ折ってセーフ。前回の八ヶ岳でポールを仕舞う袋を逆にしてしまったのが原因。気を付けなければ。

20141011_02.jpg
30分ほどで唐松岳山頂だ。
振り返ると山荘が夕陽に照らされている。日没前にはどんな色になるだろうかとドキドキしてくる。

20141011_03.jpg
山頂は意外に人が少なく、10人も居なかった。
久し振りに見る北アルプスの夕暮れはそのスケールと神秘的な色彩に言葉を失う。

剣岳に沈む夕陽。
地平線ではなく雲海に沈んでいく不思議な夕陽、こんなの初めて見た。

夕陽に照らされる小屋も綺麗かと思っていたら光線が弱いのか寂しい感じだった。
夏の夕陽をイメージしていたからかな。

20141011_04.jpg
日の出は山頂ではなく小屋側から。
菅平高原あたりからゆっくりと。

20141011_05.jpg
不帰キレット、鑓ヶ岳、杓子、白馬岳が照らされる。

20141011_06.jpg
雄々しく構える剣岳。登りたいなあ。

20141011_07.jpg
8時に下山。さよなら唐松岳。

20141011_08.jpg
八方ケルン。

20141011_09.jpg
八方池。

下山は11時。みみずくの湯で白馬三山を眺めながら汗を流した。

台風前だったがお天気に恵まれて良い登山が出来た。
久し振りの北アルプスだったので1泊のピストンでお気楽登山だったがまた縦走出来るように頑張ろう。

次男坊とポタ(FRETTA2号)

20140824_01.jpg
夏休み、8月24日のこと。
近所の裏山越えて24㎞のお散歩ポタ。
小川を泳いでいる蛇を見つけた。

近場をふらふら(LOOK695)

20140831_01.jpg
夏休みの事。
8月の事を10月になって書いてるブログってのもどうかと思う。

でもまあとにかく乗っていないから仕方ない。
もはや自転車乗りと言ってはいけないレベルに突入している。

オレの元に来てしまったばっかりに飾ってるだけで型落ちになって行くLOOKが可哀そうになり動かしてやろう
とふらふらっと、多摩川を登戸で折り返し尾根幹を。

乗れば乗ったで楽しいんだけど、やっぱり続けて乗っていないと落ちてるのをヒシヒシと感じながら走る訳で、
それはそれでなんとも。

走行距離:50km

相模原公園ポタ(FRETTA2号)

夏休みの事。
次男坊、小学最後のチャレンジに往復約100kmの江の島へ行ってみようと言う話になって練習の一環。
20140817_01.jpg
暑いので無理せずコンビニで補給。
ミルクティーが好きとは言え、500mlパックは飲み過ぎだと思うけど。

20140817_02.jpg
公園到着、お疲れさん!

20140817_04.jpg
暑いのにもつ煮定食とかシブイ選択。

20140817_03.jpg

20140817_06.jpg

20140817_05.jpg
文鳥たちを見て元気復活。

20140817_07.jpg
往復45㎞、江の島の片道だけど随分お疲れのご様子。
また無理して乗ってくれなくなると困るのでゆっくりいこうな。

走行距離45km


FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。