FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

サイクルモーターショーへ

20160327_01.jpg
久し振りに、と言うか初めてかな、モーターサイクルショーに行ってきた。
いいなぁ、と思うバイクは何台かあるが、飛びつくバイクはない。

それもそのはず、欲しいバイクが決まっていないからだ。
オンロードバイクなのか、オフロードバイクなのか、250ccなのか、1200ccなのか、、、

まあそれでも、なんとなく頭に浮かんでいるのは2パターン。

1.アフリカツイン1台
 高速バビューンとはさようなら。
 代わりにビッグオフローダーという未知のバイクライフとあのレジェンドネーム
 アフリカツインに乗ることが出来る歓び。

2.ZRX1200Sと250ccクラスのオフロードで2台体制
 高速バビューンはそのままに、トコトコ林道や旅先の細道探検も可能。
 これはKLX250とZRX1200Rで経験済み。割と無敵のパターン。
 保険代が2重に掛かるのがデメリット。

 250はセローか、まだ見ぬ次期カワサキ250デュアルパーパス、
 20160327_02.jpg
 この辺がもっとデュアルパーパス寄りになってくれたら良いのだが。

 むぅ、、、


近所ふらふら(ZRX1200S)

20160321_01.jpg
夜中に雨が降ったようで、路面が濡れていたので朝ツーは見送り。
近所をふらふら。

20160321_02.jpg
ドリーム店って、カーディーラーのような接客でちょっとびっくりする。
ホンダのバイクって乗ったことないから、色々優等生でK車とは違うなぁ。

20160321_03.jpg
シルバーのMT車。
地味かと思ったが実車を見ると悪くないね、全体の1パーセントくらいの受注しかない
そうだけど、そういうこと聞くと余計に良く見えてくる(笑)

試乗コースが30km/h制限の道路なので、なんとも、試乗にならないのだが、取り敢えず
また乗ってみた。
MTの方はまあ、特に新しい感覚はなく、前回同様に拍子抜けするほど乗り易い車体を
再認識。そしてやっぱり加速はそれなり。

今回の目玉はDCT初試乗。
アフリカツインのDCTは無かったので、同じ第4世代だか第5世代だかのDCTで750ccの
バイク。名前忘れた。

で、乗ってみて感動。
これは面白い。なんだかんだ言ってもただのオートマだろと思ったら裏切られた。

雑誌のレビューが良いのと受注の半分がDCTというのも頷ける。これは面白い。
昔、何かの車で乗ったのと違って、ボタン操作でスパンスパンとシフトダウンもラグ無しで
決まる。これは未知の感覚だ。

車体のほうが余りにも馴染みやすいので、この機構を使いこなす楽しみが購買意欲をそそる。

それにしてもやっぱり舗装路の動力性能はZRX1200Sのようにはいかないので、
カーッと熱くなってハンコ押しちゃうような感じにはならない。

WING店ではお盆とか言われた納期もこちらはMTならメーカー在庫アリで即納との事で、
随分話が違っていた。DCTは5月とのことで、これならどちらにしても焦る必要は無さそうだ。

しかし、DCTってまだホンダだけだけど、ググッと広がる予感。
ただのずぼらなオートマだと思ってましたよ、スミマセン、何事も自分の体で感じないとダメね。

ステンレスサイレンサー(ZRX1200S)

20160313_02.jpg
最近は週1ペースでちょこちょこZRX1200Sに乗っている。
ステルス純正マフラーをヨシムラに戻したので煩くなってしまったが、キッチリ
抜けが戻ったので速い速い、気持ち良いのなんの。

コーナーでバイクが起きなくなっていたのはタイヤのせいじゃなくてふん詰まり
マフラーのせいだった。

1速でヒューンと前が浮くのはやっぱり気持ち良い。
で、以前からやりたかったサイレンサーリメイクを実施。

カーボンサイレンサーは現代チックなので、ステンレスサイレンサーにドレスダウン、
これが思った以上のドレスダウン効果で、一気に昭和臭がプンプン、たまりません。
やっぱり、サイレンサーはステンレスだ。

20160313_01.jpg

で、こちらも気になっていたアフリカツインに乗ってきた。
足つきも良くて、決して軽くはないけど軽く感じる。大柄で見栄えも良くて悪くない。

で、マニュアル車でいざ、スタート。。。
乗り始めて5分で馴染むところは乗り易さを通り越して乗りこなす物足りなさを感じるほど。
それほど乗り易い。

で、気になっていた加速のほうは、これがちょっと残念でZRX1200Sを超えるものでは
無かった。超えなくても良いから同等なら良かったのに、、、

聞けばやっぱり国内仕様は薄くて、、、、との事だった。これはどこも同じだ。
ということで、1台持ちにはこの加速感はちょっと辛いか、、、それでも遅いわけではないから
我慢すれば慣れるかな、、、んー、、、

なんて、煮え切らない人はどうぞ、買わなくても結構ですとばかりに、大好評で、
既に納車はお盆過ぎという人気振り。

絶対にOFFは走らないような作りの外車勢と違ってしっかりOFFを走るために作り込んだ
アフリカツイン、仕上げも良いし、この価格。これは売れる訳だ。

自分の場合は、恐らくZRX1200Sの加速は捨てられないので、残して250のデュアルパー
パスのほうが幸せになれそうな気がした。

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析