FC2ブログ

FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

FP2 プチカスタム



昨日久しぶりにFP2をぼけーっと眺めていたらボトルケージの色はブラックのほうがフレームカラーの
レッドが引き立つんじゃないかと思えてきた。

2ヶ月も放置プレイをしてしまったので、ささやかながらプレゼントをしようと思う。
ちなみに現状は10年以上前に買ったスタンプジャンパーで使っていたミノウラのお古と、納車時にショップで買ったスペシャライズドのプラスティック製と、なんだか随分と投げやりな仕様。

ブラックと言えばカーボン、カーボンと言えばエリートだろうといつもの短絡思考。
そういえばどうしてピナレロにはエリートのカーボンボトルケージが多いのだろう、プロに供給しているのだろうか。

しかし流通価格で1万円のカーボンケージ、買うのに少しばかりの勇気が必要だ。
納車時にはどれだけの勇気を持ってしてもたかがドリンクホルダーに1万円というのは頭がおかしいと思っていた。20万円以上のロードバイクを買いながらも、ボトルケージに関しては少なくともそう思っていた。

しかし今はすっかり頭がおかしくなっているので大丈夫なのだ。
そもそも樹脂製でも十分に軽いボトルケージで、カーボン製を選ぶのは重量ではなく見た目、いわゆるビジュアルチューンなのだ。

逆にビジュアルチューンだと思ったほうが価格に納得ができる。たった数グラムだか10グラムだかの軽量化のために1万円というほうが納得できない。

理屈はどうでもいいか、ただ単に欲しいのだ。

しかし、エリートカーボンを2個というとあと数千円でアルテグラのクランクなんかも見えてきてしまい、いくら頭がおかしくてもちょっと考えてしまう。

他社の半額以下の製品でも十分じゃないかという気もするが、ここは妥協せず1個買ってしばらくして買い足すか。

 






OGKなどからも出ているが、3千円程度とリーズナブルだ、素晴らしい価格だ。
エリートってなんであんなに高いのだろう。
関連記事

コメント

FISHさん

ずばり、プロに供給しているからです。
プロ用が安くては、話になりません(笑)

毎年出るバイクラのツールドフランス特集号のプロが使っている
バイクを見れば、半分以上はエリートカーボンです。
(ただし、プロ用はマーク等も違いますが。。。)

ここは、一発エリートカーボンでボトルはケスデパーニュで決まり!!

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/elite/patao-carbon.html

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/elite/image/hydra-04.jpg

期待してますよ!!

ちなみに私が使っているのは、古いエリートです。
(ヤフオクのこのタイプです。パタオ66)
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b93471362

今度は、FP2でゆるポタしましょう!

PECOでした。

  • PECO
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2009/02/19(木)

PECOさん、
そう。PECOさんはもちろんELITEでしたね。
ELITEカーボン装着の暁には自慢しに行きますのでゆるポタしてください!!!

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2009/02/19(木)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/1267-2725077d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析