FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本橋・上野ポタ(BIANCHI FRETTA)


水曜日はお花茶屋も横浜の専門店も定休日なので、銀座と上野の専門店をふらふら。

今までぼけーっと見ていた20インチ車を舐めるように見る。

GIOSを始めとしたクロモリ系ミニベロ、これはもうロードバイクをそのまま小径車にした
外観。ロードバイクのタイヤの大きさに慣れているのでちょっとコミカルなところが可愛い。

BRUNO VENTURA20Tはフレームは上品で良い感じだが、ホイールがあからさまに安物
が付いている。スマートに街乗りするタイプでガンガン飛ばすのは似合わなそうだ。

対してアルミフレームのタイレルSVはフレームのデザインがかっちょいい。ホイールも良さ
そうな感じでとにかくいかにも走りそうなオーラが出ている。

ロードバイクに乗っているのできっとアルミフレームの硬さは気にならないだろう。

同じ20インチでも大きさの違う451サイズと406サイズ、間近で見ると随分と違うもので、
タイレルSVも大きな451なら良かったのに、、、と思ってしまうが、406でも十分走りそう。

451サイズのタイレルはチタンフレームのPK1だが、価格が55万円ということで論外。

今回は試乗出来なかったが、とにかく一度乗ってみたい。
今日の実車見分ではGIOS系のクロモリフレームか、それ以外ならもうタイレルしか無い
感じになってきた。

アレックスモールトンは金額のレベルが違いすぎてとても手が出ない。
PANASONIC、MAMERLIN、KHSは走りそうだが30万から60万という価格でこちらも論外。

POUCOは地味だが走りそうなのでこれは実車を見てみたい1台。

今日も輪行を織り交ぜてのポタだったが、改めて自分のポタには折り畳み輪行ってのが
外せない要素なんじゃないかと認識。そうなるとGIOSもタイレルもどうにもならない、、、

今日は115PSIで走ったが、固まったスプリングと併せて随分と軽快に走るようになった。
これで数十秒で折り畳み輪行できるんだからBD-1ってのは良く出来た自転車だなあ。

走行距離:47.8km
平均時速:17.1km


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/1522-eb80bbf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。