FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

次男ロードバイク断念

20100804_02.jpg
次男のロードバイク選び、赤坂のワイズにルイガノREN20の実車を見に行った。
結果は無念の見送り。身長120cmの息子にはまだ早かった。

店員さんが丁寧に相談に乗ってくれて、親子して熱くなっているところを冷静に的確なアドバイス
をしてなだめてくれた感じ。相談しなかったら買っていただろう。

ぱっと見はなんとか行けちゃうんじゃないかと思ったが、しっかり見ていくとやはりまだサイズ的
に不安が残る。確かに事故でも起こしたら大変だ、ここはぐっと堪えて子供の成長を待とう。

全体的には文句なし、ライバルが出てくれば細かいところは煮詰まって行くのだろうが、現段階で
は20インチのロードバイクを世に出してくれたと言うことだけで拍手、文句なし。

細かいところで気になるのはチェンジレバーの固さ、これは走りながら子供が変速できるようなも
んじゃない。上位グレードに交換しても大差ないとのこと。

ブラケットが大人用。
ということで、これはもう完全なお飾りとなる。大人用コンポで使う小さい手用のスペーサーは使
えないとの事(使えたとしても調整の範囲を遥かに超えている)。

ブレーキは補助ブレーキレバーを使うことが前提になるので、子供の反射神経での握り替え空走距
離を考えれば下ハンやブラケットポジションは危険なので結局フラットバーハンドルと同じか。
ブレーキ位置が中心寄りで幅が狭くなる分、フラットバーよりずっと運転しにくいか。

最後に横にあったGIANTの20インチMTBに跨ってみたが、このスローピングフレームでも股間ぴったり。
何よりこんな太いタイヤ嫌だと、立派なローディー振り。

参考までにこの406サイズの20インチホイールにロード系タイヤを装着してクロスバイクチックにで
きないか調べてもらったが、やはり無理。
どうもドロップハンドルと細タイヤが命なんだと洗脳し過ぎた様だ。
関連記事

コメント

あじゃぱさん、
そうなんです、見た目は行けそうですよね。
でも甘い表記のメーカー推奨の適合身長にさえ5センチ足りな
いんですね、うちの次男は。
店員さんも子持ちのパパで、やはり親として安心して乗せられ
るにはあと5センチでもダメで10センチ欲しいと言われました。
しっかりアドバイスしてくれて良い店員さんでした。

しかしあじゃぱさんは自転車のセンスが良かったんでしょうね、
うちのは補助取れるまで一苦労でしたから(^^)

バーコン、
初体験でした。インデックスがあんなにしっかり綺麗に決まる
とは思っていませんでした。ぐにぐにっと、微調整したりする
のかと思ってましたが、綺麗に決まるもんですね。
言う通りすっとばしも決まるし、自分の中でイメージが非常に
良くなりました、大人が使う分には。

いっそこいつをフラットバーにして20インチクロスにするか。

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2010/08/05(木)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/2046-2eadc4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析