FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形リハビリ6回目

もう6回目になるリハビリ、内容メモ。

今回は先生の予約が一杯で、既に半月空いてしまっているので仕方なく別の先生に。

行ってみるとなんと若い女性。リハビリ以外ならカムカムウェルカムなのだが、ちょっと不安。
だが、始まって見るとさすがは療法士、どこにそんな力があるのかと思えるほどグリグリ、、、
あまりの悶絶振りに「緩めましょうか?」と言われたが、思い切りお願いしますと強がったので
本当に涙が出た。

こういう時は女性のほうが容赦無いな。
終わって見れば当初の不安は吹っ飛び、きちんと引き継いでいなかったことが逆に先入観が無く
診断してくれて、セカンドオピニオン的な良さがあった。

同じ症状でも治療の仕方、方向性は幾つかあって勉強になった。
またいくつか違う事も言われたが、共通して言われる事もあり、重ねて言われる所は重要なのだと
判断できる。

結局、今回の一連の元凶は足首にあった。

踵が内側に倒れているのでアーチがつぶれて偏平足気味になる。
片足スクワッドをすると、足首が内側に倒れてしまうので膝が内側に入ってしまう。
なので、土踏まずにタオルなどを挟むと膝は内側に入らなくなる。
ここで更に足首の硬さが悪さをして、前に曲がらないので、余計に内側に逃げてしまう。

その場しのぎ的には土踏まずの盛り上がった靴などで修正する方法もあるがこれは根本解決には
ならない。

内側に傾いているので、そちら側の筋肉が常に硬い状態になっているので、それをほぐす。
同時に足首の柔軟性を高めるストレッチングを。筋トレよりストレッチングで大きく改善するはず、
これが今回の先生の方針。

筋肉のほぐしと同時に弱い(使っていなかった)筋肉を鍛えるべく筋トレを多く盛り込んで行く、
というのが今までの先生の方針。

どっちにしてもまじめにやりさえすれば治るそうなので、頑張ろう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/2068-ebcdd464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。