FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OREGON450TC雑感6

20101022_04.jpg

現在の使い方としては、
まず登山ルートを入力する。登山道は道路のように道として認識されていないので、スタート地点
とゴール地点を入力するとルート検索してくれるようなものではなく、1点1点入力してルートを作っ
ていく必要がある。

正確な距離を出そうと思うとポイントの数も多くなり見た目にごちゃごちゃする。本来の登山道が
見えないくらいだ。

20101022_05.jpg

表示項目としては高度や積算高度、積算下降量、速度、目的地所要時間、方位ポインターなど色々な
情報が表示できるが、使っているのは高度と最終目的距離。

これで子供が念仏のように唱える「あとなん?」「あとなん?」と残りの距離を聞く問いに正確に
答えることが出来る。本質的な使い方とはかけ離れているような気がしないでもないが、子供には
好評だ。

それと、やはり現在地がわかるのは大きい。
わかりにくい頂上からの下山ルートや枝道なども自信を持って進めるところも良い。

今回初めてパソコンと接続してみた。
カシミールとガーミンのソフトBASECAMPを少しずつ使ってみようか。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/2152-ac63cd45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。