FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根の山は天下の険(FP2)

水曜日
自走で箱根大観山に上り、箱根湯本でBBQして輪行で帰ると言う楽しそうなプランにお誘い頂きお邪魔させ
てもらった。

前日からの雨が上がらず、集合時間は1時間半繰り下げて7時半に瀬谷交差点。
走り慣れた境川CRを下って集合場所に着くと誰もいない。間違えたかと焦っていると直ぐに渋博さん登場、
ほっ。TLを見るとなんとyasunariさんが参加見合わせとのこと(寂)

ま、路面もガッツリ濡れていたし、代わりの利かない仕事をしていれば趣味で無理などしていられないので
当然の判断。

そうこうしていると、向かいのコンビニから黄色いローディが数名ぞろぞろと、、、
1人で空気が張り詰める。スキーもそうだが、少しその世界に足を突っ込んでいると走らなくともその佇まい
で大体の強さは見当が付く。明らかにヤバイ雰囲気。「ちわっす、ちわっす」とヘラヘラとひきつり笑い。

走り出してほどなく、自分のローディを見抜く目の確かさに感心すると同時に半泣き巡航のスタート。
平地でしかも付き位置べったりながら何故か背中が離れて行く。

微かに視界の下限に入るマビックサイコンの数字は45だの50。なんすかこれ。
無心で前の背中だけ食いつくように走る。死に物狂い。ドラフティングを僅かでも外れれば一気に車間が開き
何倍も苦しくなる。そんな事わかっちゃいるけど追いつかないんだから仕方ない。

それでも10km近くはしがみ付いていたんじゃないだろうか、数キロかな、とにかく今回は必死過ぎて記憶も曖昧。
一度離れたらもう追いつけるはずも無く、一人旅。

何度か信号に救われながら、地獄のような小田原厚木道路の側道から国道一号へ。
ここは信号がたくさん。こんなに赤信号が頼もしく思えた事は無い。よっしゃ、赤!と心の中で。

それも束の間、小田原市街を過ぎて早川から海岸線に入り信号が無くなると直ぐに視界には誰もいなくなる。
旧道の僅かな勾配が容赦なく弱った脚を痛めつける。
真剣にマリオカートのアイテムを使いたくなった。キラーとは言わない、バナナやミドリこうらでも十分だ。

真鶴駅で待っていてもらい合流。ここから湯河原コンビニまでしばし平和な流れ。
椿ライン入口である湯河原へ到着、コンビニで補給。

この時既に自分の脚は臨終を迎えている訳だが、ここで終ったら今までと同じ、せっかくグループで走らせて
貰っている意味が無くなる。

腹が痛くならない程度に補給してお先に出発。
必死にペダルを回すが、さすがに酷いダメダメ感。力も出ないし、膝(故障部分では無い)も痛くてそっと回す
のがやっと。

温泉街を抜ける前に後発集団に綺麗に抜かれる。凄い速度差。
バイクで通った椿ライン、コーナーは殆ど頭に入っているので、ゴールまでの位置関係はしっかりわかる。

体重を乗せるだけのダンシングをしたり、歩いたり、誤魔化しながら進む。
と、何故か再度抜かれる。後で聞けば道を間違えてオレンジラインを進んで引き返したそうだ。

よっぽどDNF宣言をしようと思ったが、あどうしよう、えっと、あの、、、とモジモジしていると速過ぎてすぐに
姿が見えなくなった。

3回目だったか、辛くて自転車を降りた時に左内腿に激痛。盛大に脚を攣った。
湯河原から10km、獲得標高500m時点で痛恨のDNF。ロードに乗る前にMTBで山伏峠手前で同様にリタイヤ
したことを思い出した。

リタイヤの旨、twitterで報告。
湯河原まで下って電車で帰ろうとすると、返信で「電車で湯本まで来れば」と。
あそっか。ショックでまるで頭が回っていなかった。

そうなると急に元気が出て数年振りのロード輪行で小田原経由で湯本へ。
皆で乾杯すれば少しは気分も晴れるかと、急いで輪行袋を解くと、目の前に意味不明な数字が。

20120614_02.jpg

何の罰ゲームですか。

5.5パーセントの坂を泣きながら途中まで上って、志半ば泣きながら引き返した敗北者に、、、
ささやかな乾杯さえする資格も無いんですか!「乾杯」は「完敗」って言うからさ、お願い飲ませて。

何を思ったか、自転車に跨りビンディングに力を込めます。
「カチッ!」気合と共にペダルを回すが、これぞ気合の空回り、数メートルで激痛と共に撃沈。

泣きながら自転車を押してBBQ会場を目指します。
直ぐに会場に到着、ヘコヘコ歩きながらウッドデッキのテラスを見上げると皆さんお揃いで、幸運にもこれから
始まるところだった。後発のyasunariさんの姿も!2名の方は先にお帰りになったそう。

完敗!ビールは敗者にも優しい。五臓六腑に沁み渡るこの美味さ、言葉にならない。
鬼走りの皆さんも自転車を降りると優しい面々、楽しく自転車トーク♪
サラダ、鶏肉、豚肉、焼肉、エビ、イカ、ホタテ、焼きそばと頂いて、電車でGO。

20120614_01.jpg

電車は爆睡。S井さんに起こしてもらってさようなら。
誘っていただいたyasunariさん、仕切っていただいた渋博さん、そして牽きずり回してくれたNチームの
皆様、本当にありがとうございました。やっぱり甘ったれはひとりで走ってちゃいかんすな。

写真の少なさが余裕の無さを如実に物語っている。少なさっていうか、ゼロだ(笑)

20120614_03.jpg

走行距離:115km
心拍数:144/192bpm
時 速:25.9/55.8km
獲得標高:883m
関連記事

コメント

こんばんは!楽しいトレーニングをしてきたみたいですね(笑)
疲れきった状態で21%の勾配はさぞ辛かったと思います。
速い方と走るとすごく刺激を受けますよね~。
ところで、先日あるサイトで富士HCの写真を見ていると
FISHさんと一緒に写っている?のを発見しましたよ!゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。
(違っていたら残念ですが)

  • 赤ピナ
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/14(木)

赤ピナさん、
ほんとに、一人で走っていてはだめだなぁと痛感しました。

写真発見!なんとツーショットではないですか!
びっくりです!いやあ、ご縁がありますねー、今気が付きました、
教えて頂いてありがとうございます(^^)

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/14(木)

21%って登ったことない斜度です!
最後にその斜度はキツいですね!!
お疲れ様でした!

  • セイORBEA
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/15(金)

セイさん、
ありがとうございます(^^)
21パーセント、しびれますよ。もちろん押して上りました(笑)

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/15(金)

何というか、身の程知らずめ(笑
そもそも毎週そんな走り方をしている連中と、何もしていない人が一緒に走られるわけがないだろ。
もし同じようなペースで走られたら、毎週頑張っている彼らの努力は何なんだと思いませんか?
あんまり背伸びをしないで、身分相応の走りをしましょう。
だからこっちへおいで^^
こっちは美味しい物を食べて、温泉に入るもよし、景色も楽しめるし、そんな楽しい時間が延々と続くサイクリングをしようぜ。

  • 信ちゃん
  • | URL |
  • #mQop/nM.
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/15(金)

>少しその世界に足を突っ込んでいると走らなくとも
>その佇まいで大体の強さは見当が付く。

 ハイ、スキーの世界でも、滑らなくても
 その佇まいで大体の強さは見当付きますね。

 年々、ヘタレ街道を突き進んでいるので
 上手な方と一緒に滑ったら、同じ目に遭うこと間違いないです。
 受け入れたくないのですが、受け入れざるを得ない現実…
 はぁ。。。(涙)

  • ようじ
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/15(金)

信ちゃん、
確かにそうだ(笑)
でもあれなのね、背伸びしたいお年頃なのです。
もうちょっと背伸びして頑張ってみます(^^)
骨は拾って。

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/15(金)

ようじさん、
いやいや、ようじさんは筋金入りですから、次元が違うと思いますが、
やはりどの世界もどっぷりな方々には、、、ね(^^)

ぼちぼちいきましょう♪

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2012/06/15(金)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/2780-c1095fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。