FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューズ最終選考

来月初めのBG-FITまでにシューズを決めて出来る事なら馴染むまで走り込んでおきたい。
がしかし、優柔不断の本領発揮で決まらない。

20130211_02.jpg

↑スペシャライズドの型落ちのハイエンドモデルは価格が魅力。色や仕上げもこちらの方が好み。
と言うのも実は仕上げが良い分重いのだ。

20130211_03.jpg

↑今年モデルのセカンドグレードは去年のハイエンドモデルと同じ重量。
ハイエンドという拘りを別にすれば実物を試着して選べる今年モデルは魅力ではあるが、デザイン
トキメキ度は低い。

スペシャの良い(と思っている)点はカントだ。
最初から他社製品よりカントが付いているので、BG-FITの時に使うインナーを使って調整する際に
1枚分多く角度を付ける事が出来るのだ。

スポーツ整形で土踏まずが崩れやすいという指摘を受けていたので、もしかすると最大限に修正が
必要になる可能性があるので、スペシャのアドバンテージは捨てがたい。


20130211_04.jpg

↑SIDI WIREのスピードプレイ専用モデル。今のところ専用モデルを選ぶほどスピードプレイの
良さを理解してはいない。

20130211_01.jpg

↑となると、SIDIを選ぶならまるでボーリングシューズのように蒸れそうなスタンダードモデルよ
りも見た目は落ちるがこちらのエアモデルを選びたい。自分は発汗量が多いので尚更だ。

足先が薄い自分にとっては足先がベルクロのスペシャよりも足先がワイヤー締めのSIDIのほうが
フィット感は上だった。
ま、比べればの話でフィット感はどちらも上々だったが。

という事で、現行スペシャハイエンドが欠品で選べない以上、この4種から選ばねばならない。

今のところ自分にとっての中身優先で軽量でポジション修正幅の大きい現行スペシャのエキスパー
トロード。
見た目の好みと快適性(通気性)でSIDI ワイヤーのエアモデルの2択か。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/2933-da6219c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。