FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-P5試し撮り2(PEN)

20130904_11.jpg
無補正でぱっと撮るとこんな感じなので、



20130904_12.jpg
マイナス補正掛けるとこんな感じで、これよりマイナスにすると暗くなりすぎて、
空の部分と通路の暗い部分のバランスが全然決まらない。
E-PL2と20㎜の時はこんなこと無かったはずなんだけどなぁ。

20130904_16.jpg

20130904_13.jpg

20130904_14.jpg
これもなんだか随分明るく写ってる。

20130904_15.jpg
これもピンとこない、思ったものと違う写真になる。
やっぱり画角に慣れていないのか。

20130904_17.jpg
これも空が飛び過ぎな気がする。
自転車の描写もなんか甘いというか、これはレンズの特性なのかな。
空気感が伝わらない。

20130904_18.jpg

20130904_19.jpg
このどんよりした抜けの悪い空の色はなんだ!?

20130904_20.jpg
んー、、、

20130904_21.jpg
んー、、、やっぱり単に明るい時間い写真撮ってるだけとか?(笑)
なんか締まりのない写真だ。

20130904_22.jpg
白黒がそれなりにハマるのは描写が甘いというかソフトなレンズのせいだろうか、E-P5という
か、こういう描写のレンズなのかな、良く言えば優しい。

20130904_24.jpg

20130904_25.jpg
白い蛍光灯看板をこんなに入れてみても奥の白熱球は良い感じのホワイトバランス。

20130904_28.jpg
んー、何かが違う。色か、描写なのか、、、両方か、、、カスタムのやり甲斐がありそう。

20130904_26.jpg

20130904_27.jpg
これは流石の最先端テクノロジー、5軸手振れ補正だ。
ビール2本飲んだ酔っ払い手持ちでここまで行ける。
これきっとしらふだったらぶれずに撮れるんじゃないだろうか。

と言う事でまだまだ自分のカメラにするには時間が掛かりそうだ。
やっぱりボディとレンズ両方一度に変わってしまうのは何が何だかわからない。

次は使い慣れた20mmf1.7を装着して出掛けよう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/3096-47feb31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。