FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山靴新調

20141206_01.jpg
20年近く前になるだろうか、革の重登山靴を履いてアルプスを登っていたが、さすがにボロボロ、、、
転職して山仲間と再会してしまったので装備も少しずつ揃え直し。

今日は一番大切な靴を。
言わずと知れたイタリアのスポルティバ。

改めて足型を測定してもらったが、A・B・C・D・E・EE・EEE・EEEEの「B」という事で相変わらずの狭さ。
こうなるとやはりヨーロッパメーカーしか受け付けず、あれだけ多くのメーカーの靴が並んでいても
あんたはコレな、コレコレ、と差し出されたのがスポルティバ。

559 トランゴ アルプ GTX

履いてみると幅狭、甲低の足にぴったりとフィットする。ここまでピッタリも珍しい。
店員さんも絶対の自信を持って勧めているようで迷いが無い。
冬用インソールを仕込んで決まり。

アイゼンはsimondの10本、初めてのセミワンタッチ。

赤岳の今日の最低気温は既にマイナス20度近い。
問題は機材ではなくこのダレきった身体だ。
関連記事

コメント

私は真逆で幅広・甲高。
スキーブーツは悩みの種です。
しかしお金なくて買えないので暫く悩めていません。
いい加減代替しなければと思うのですが・・・。

  • ようじ
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2014/12/06(土)

ようじさん、
正しい日本人足ですね(^^)
ヨーロッパめーかも日本人向けに専用木型起こしてるモデルが
多くて、日本人足のほうが選択肢があって良い面もありますよね!

少し前はスキーのようなプラスチックブーツ全盛だったのですが、
今は全く店頭に並んでいません。スキー界は何かブーツの変化は
ありますか?

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2014/12/06(土)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/3228-3e1ad3f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。