FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷宮

20151107_01_201511072141544ac.jpg
セロー250に加えて急に出て来たのがCRF250Lだ。

昨日実車を見てきたが、セローより一回り大きないわゆるフルサイズ。
フルサイズはKLX250で経験済みだが、あの大きな車体を跨ぐどっこいしょ感は
バイクそののへのハードルの高さに繋がるのでセカンドお気軽バイクとしては良い事ばかりじゃない。
でも単純な見た目は大きい方がかっちょいいのだ。

見た目はオフロードバイクだけど中身はセローと同じ、トコトコトレイルバイクなので
ダートをガンガン走るバイクじゃない。実際に購入に当たっては両車で迷う人も少なくない
のではないだろうか。

値段は日本製セローよりも5万円も安くて、生産はタイ。生産拠点に拠るところだけではなく、
部品の品質を落としているので近くで見るとテンションが下がるところもあるが、何よりも
乗り出しで39.9万円であれだけのバイクを世に出した開発陣を尊敬する。

そのままセローの展示車前に行くと、そのぐっと低い車高に安心感を覚える。
部品に目を落とすと、安心の仕上げと品質感は流石の日本製。というか、あと5万円許されれば
CRF250Lだって生産国がタイだろがなんだろうがかなり質感アップできるだろう。
それは必要だと思うユーザーだけが個々に対応すれば良い。という割り切りだろう。

ということで悩めるオヤジの妄想はまだ終着駅は見えず。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/3254-fcc1b028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。