FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BD-1、ZRX1200Sと登山ライフ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由比桜えびツーリング(ZRX1200S)

20160402_01.jpg

4月の2日、慣らしの終わったハーレーと桜えびを求めて由比へ。
飛ばさなくても楽しいバイク、それがハーレー。過去に隼まで極めたオーナーだが、果たして
ハーレーは生涯の友となり得るのだろうか、楽しみだ。

それと、時代の波は容赦なくハーレーにも襲い掛かってて、びっくりするほどジェントルなマフラーは
言われなければ1,800ccの大排気量とはわからないほどだった。
街中で見るハーレーはみんなアフター品に交換してるんだな。

気温は低め、路面はハーフウエットとイマイチなお天気だったが、箱根を越えて三島から由比、
桜えびを食べて富士の麓をぐるっと回って河口湖、山中湖から道志みち、トータル300kmちょい
と距離の割にはお出掛け感があって良いコースだった。

ZRX1200Sはやっぱり好きだ。
思えば並列四気筒は自分にとってスタンダードそのものなので、エンジンフィールは良いも悪い
もなく、体の深いところで馴染んでいる。

車両重量240kgを感じさせない気持ち良い走りは何の不満もない。
タンクからフロントカウルにかけて、斜め後ろからいつまででも眺めていられるほど惚れている。

が、が、が、、、、
なぜかアイツが気になる。うーん、何故だ。

++++++++++++++++++++++++++++

帰宅途中に吸い込まれるように再試乗。
最初は普段着で借り物、先日は30km/h規制だったので、今回が本当の意味での試乗となった。
ゆっくり納得するまでとお言葉を頂いたのでバイパスから裏道、自宅のバイクバーン開閉可否ま
で、フルチェック。

キャラクターが違い過ぎるので、動力性能を比べること自体がナンセンスなのは承知の上で、
やっぱり比べてしまうと、びっくりするほど良く走る。
特に高速域を中心にした絶対的なオンロード性能は及ばないもののトータルで見たら十分に満足
出来るものだった。未知の機構DCTへの純粋な興味もある。

さて、参考までに我がZRX1200Sは車両40万だかで、4年前に総額50万で購入。
今の下取りは30万円前後。年間5万以下の値落ちって文句なしに安いと思う。

気になるアフリカツインは桁が違うので、軽々とは踏み切れない。
どのみちローン組むようだが、69歳まで住宅ローン抱えて学費のかかる子供抱えてやることじゃないよなぁ。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/3279-dd7670a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。