FC2ブログ

FISHブログ

ピナレロFP2、LOOK695、BROMTON、CRF1000L、SEROW250と登山ライフ。

奥多摩クライム(FP2)


富士山ヒルクライムに向けての練習が始まった。
今週末は2連荘クライム、今日は初日の奥多摩だ。


しばらく坂道から逃げていたのでちょっと不安。
8時半にmasaさんとピナレロ師匠と待ち合わせ。武蔵五日市駅の先のセブン。
鮭おにぎりひとつ補給。

少し走ると檜原村役場(標高268m)。
ここから奥多摩の最高地点風張峠(1,155m)までが23.4kmで富士ヒルクライムと同じ距離なのだ。
標高差は887mなので300mも足りないが、ベンチマークとしても使えるし練習にはちょうど良さそうだ。

メーターをリセットしてスタート!

ピナレロ師匠を先頭にmasaさんが続き、それを追いかける。
緩めの勾配と平坦路の組み合わせでだらだらと高度を上げる。

funrideの富士特集に載っていたケイデンスを意識して80くらいで回す。
中盤10km地点で師匠とmasaさんは視界から消えた。

奥多摩は後半から徐々に斜度が増すコース。斜度がまし始める頃に視界にmasaさん
が入ってきた。みるみるうちに近づいてくる、なんだ、そんなに速度差があるのか、
と不思議に思っていたら、チェーンが落ちて止まっていた。

容赦なく抜く。
しばらく行くと師匠が視界に入る。後ろについて1kmほど走ったところで、何故か師匠
が失速。明日がレース本番なので、前日のこんなところで脚を使う気は無いのだろう。

抜いた直後は無理してダンシングを続けた。
ほどなく料金所が見えてくる。近い、だいぶ近い。前回よりだいぶ近く感じた。

ギアは一番軽い状態でケイデンス70から80でシッティングのまま走る。
前回はこのへんはずっとダンシングだったが、何故か今回はシッティングで上る。

都民の森を越えたらもう一息だ。
ここからがきついが、ここでも息があがっていない、12km/hくらいでシャカシャカ・・・

風張峠到着。
役場からのタイム
走行時間:1時間15分51秒
平均時速:18km/h
走行距離:22km



ほどなく師匠が到着して休んでいると、masaさんが都民の森からギブアップメール。
ウィンドブレーカーを着て都民の森まで下る。


前日、深夜まで500人の飲み会というイミフメイな行動をとっていたmasaさん、リタイヤ。
次回はベストコンディションでお願いします、不甲斐ないライバルはいらないじぇ(-_-)
と、今日は大きく出ておこう。

結果としては上々の出だしだった。
今まで上ったときはヘロヘロだったが、今回は確実に楽になっている。
こういう変化を感じる瞬間は嬉しいものだ。
この結果が、キシリウムエキップの恩恵だったなんてオチはやめて欲しい。

こうなると富士クライムの目標タイム1時間30分は努力目標として狙うには挑戦
し甲斐のあるタイムだと思えてきた。頑張ってクライム練習に励もう。

下っているときは何台ものロードバイクと擦れ違った。
自分が自転車に乗るようになったからではないと思うが、とても多い感じがする。

オートバイの5倍くらいの自転車が走っていたのではないだろうか。
ロードバイクブームなのかな。

すっかり脚を使いきって復路は着いて行くのに必死だった。

走行距離:118km
平均速度:23.5km/h
最高速度:51.7km/h
乗車時間:5時間1分


今日はtakaさんも奥多摩を走っていたようで、さすがはオートバイ、柳沢峠で富士山
バッチリ拝めたようだ。


関連記事

コメント

こちらも帰宅後くしゃみが止まりません(T_T)

成長といっても先月は500km走っただけだから、自分では信じられ
ないですね、なぜか膝も膝も痛くならなかったし、なんかへん。

あと気になるのが、平坦と坂の強さが逆転してるってことです。
わかったと思うけど、役場までと、役場からの前半10kmの比較的に
平坦なところでは2人についていけなかった。

それを坂で詰めるという逆パターン。
これってやっぱりキシリウム効果じゃないだろうな、、、なんかヘンなん
だよな感触が(・o・)

ま、ホイールが組みあがってくればわかるね。

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/08(土)

そのコース、椿ラインと似た様な感じだね。
私は椿の登りに2時間かけているので、単純に君は凄いよ。
そもそも上りでケイデンス80なんて無理ですから。(+_;)

masaさんは2人のペースに釣られたみたいですね。
一番軽いギアーにして、ケイデンス40位で回せばもの凄く楽なのに。

  • 信ちゃん
  • | URL |
  • #mQop/nM.
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/09(日)

>一番軽いギアーにして、ケイデンス40位で回せばもの凄く楽なのに。
楽じゃない。
どうやっても、1号とか椿を登る気にならない。
みんなインナーローいくつなの?
チネリのギアは、フロント53×39、リヤ13-23でした。

  • HI
  • | URL |
  • #SFo5/nok
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/09(日)

> みんなインナーローいくつなの?
私のは39X27(ギア比1.44)
FISH君のは34X25(同1.36)ですね
私が昔乗っていたのは42X19だったので、HIさんのもその辺り?

  • 信ちゃん
  • | URL |
  • #mQop/nM.
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/09(日)

奥多摩で話していたんですけど、プロですらクライムでずっとシッティング
の人とダンシングの人がいるからどちらでもいいみたいですね、好き好きで。

僕はクライムの記事を読んでいて、たまたまそのひとがシッティング理論
だったので、先日はシッティングで走りましたが、これが今までのダンシング
ばかりの走りより僕には合っているようで楽でした。

ただ、シッティングだともう1枚2枚、軽いのが欲しかったですが、
コンパクトクランクの僕がこんな泣き言を言ってはいけませんね。

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/09(日)

> 先日はシッティングで走りましたが
へえ、意外だね。
実は私はシッティング派なんですが、昨日は結構な度合いでダンシングを使っていました。
と言っても、ケツが痛くて座ってるのが辛かったので、
立ち上がってペダルに体重をかけていただけですけどね。
その時にフロントはアウターに入れていましたので、
ダンシング主体ならば軽いギアーは必要無いかもね。

シッティング主体の場合、フロントをトリプルにして
クロスレシオを生かす方が良いのかもしれませんね。

  • 信ちゃん
  • | URL |
  • #mQop/nM.
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/09(日)

まだまだ乗り方がよくわかっていないので、気分でシッティングだったり
ダンシングだったりですね。ちなみに僕は休むダンシングが多いですね。
シッティングで疲れるとダンシングで休む。

つまり、攻めのダンシングはできない(笑)

重さがどうなるのかわかりませんが、重量増なんて鈍感な僕にはわか
らないからトリプルの効果による恩恵のほうが大きそうですね。

今日は途中からインナー、ローに入らなくて泣きましたね(笑)

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/09(日)

>私のは39X27(ギア比1.44)
>FISH君のは34X25(同1.36)ですね
チネリは39×23(ギア比1.7)
もうこれでは箱根も富士山も登れません。
>私が昔乗っていたのは42X19だったので、HIさんのもその辺り?
当時10速レーサーなら52×42、12or13-21が多かったんじゃない。
リヤ19ということは12、13,15、17、19当たりで組んでいたの?
自分はランドナーで48×36、14-24ぐらいだったと思うけど、これのローギア比1.5だから今と比べるとずいぶんギア比高かったんだな。
よくこれで未舗装の峠走っていたなあ。

  • HI
  • | URL |
  • #SFo5/nok
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/09(日)

ぼくもそのチネリじゃ峠は行く気にならない(^_^;)

  • FISH
  • | URL |
  • #-
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/10(月)

> リヤ19ということは12、13,15、17、19当たりで組んでいたの?
当時7速が出始めた時期で、私は7速用のエンド幅で6速を使っていましたので、12・13・14・15・17・19だったと思います。
ちなみに前は51・42でしたね。
52x12は日本人の足では漕げないと言うのが当時の常識でしたので、そこは無難に51にしました。

  • 信ちゃん
  • | URL |
  • #mQop/nM.
  • [ 編集 ]
  • 2008/03/10(月)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmfish.blog53.fc2.com/tb.php/819-7854d5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析